イノベーション

株式投資で行くならリスクを犯しても新興市場で勝負すべきです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




新興市場。英語だとエマージングマーケット(emerging market)。

その新興市場って聞くと一体どの様なイメージが、沸いて来ますか?

まぁ。市場って聞いたら当然売り場であり、ビジネスの場所となりますからね。

分かりやすく言うと、築地市場や豊洲市場が、そぅなります。

その一方で、新興って何なの?って思う方が、いらっしゃる可能性が、あります。

その新興の意味は、「既存の勢力に対し、今までとは全く別の新しい勢力が、生まれる」事を意味します。

つまり新しく誕生し、今後成長する見込みが、ある市場こそが、新興市場となります

その新興市場での株式投資が、リスクを犯しても勝負すべきです!の理由をこの記事で、お伝えする事を理由に、作成する事にしました。

お話しを進める前に、記事の作成する理由と対象となる方をお伝えさせて頂きます。

まずは記事作成の目的からです。

続きまして対象となる方をお伝え致します。

予めご了承下さい。




株式投資で行くならリスクを犯しても新興市場で勝負すべきです!

株式投資だと完全にリスクと隣り合わせする形になります

よく聞く話しになりますが、株で失敗して大損した!と言う話しを

元々経済指標の発表になると、マーケットは、かなり敏感な値動きとなります

特に米雇用統計になると、外国為替市場も大きく関わって来ます。

その為外国為替と連動銘柄は、物凄く過敏に反応しやすくなります

こぅ言う理由から来ている事もあり、新興市場の株式投資になって来ると、成長市場である一方、信頼性が低く不透明な為、マーケットが、過敏に反応すると、値動きが激しくなりやすくなります。

何故ならこぅ言う理由が、あるからです。

最低でもこの四つが、出て来ます。

やはり成長市場での魅力が、あるとは言えその成長に対して、かなり信頼性が、不安視される事もあります。

この記事でお伝えしたい事は、成長市場の動きを予測して、本当に信頼出来る銘柄を見極める眼力を養う必要性を伝える事です

詳しい理由は、後程別の項目でお伝えさせて頂きます。

何故なら新興市場は値動きが激しい。

この事は、東証マザーズと言った新興市場での投資をご経験されている方なら分かる事です。

改めて新興市場の特徴をご説明させて頂きますと、会社の設立年数が、間もないベンチャー企業が、メインとなります。

今では楽天と言った東証一部上場企業として知られる企業もかつては、東証マザーズやジャスダック市場に上場されていた企業のほとんどが、この新興市場となります。

話しは大きくそれましたが、基本的に証券取引所が、成長力が、高いポテンシャルを発揮しているベンチャー企業が、マザーズやジャスダックと言った成長市場に、上場しております。

ただし成長出来るかどぅか不透明さが、際立つ事もありますので、ちょっとした出来事で、値動きが、一気に動きやすいと言うリスクを伴う事になります

この項目での結論は、値動きが激しい理由は、成長企業として不安視されやすいと言うリスクとの隣り合わせだからです。

これは新興国の市場でも同じ事が言える。

一時のBRICsと言われた国々が、分りやすい例えとなります

また第二次世界大戦後に、おける高度成長期の日本にも同じ事が、言えます

お伝えしたい事は、資源豊富が強みであり、その豊富な資源を用いたビジネスで、世界的展開をし、自国の強みを活かしたグローバルビジネスで、急速的に成長を遂げた事が、何よりの証拠です。

一方の第二次世界大戦後の日本においても、戦後焼け野はらとなり、滅び去った文明を一から建て直した事が、特徴とも言えます。

明治時代の頃異国の文化と技術を取り入れた様に、更なる高度な文化と技術を用いて、日本を新たに生まれ変わった姿が、象徴的です。

今となっては、それが現実と化しておりますが、当時リアルタイムの頃を過ごした方の視点と立場を考えたら本当に、成長出来るかどぅか正直不安で極まりないです。

つまり成長過程における国の市場は、成長出来る可能性を秘めていると同時に、疑心暗鬼を持たれる事もあると言う事です。

つまり国が、それだけ不安定な段階と言う事になります。

それが市場にも大きく反映されると言う事です。




新興市場も新興国でもやはり中長期での視野が必要。

これは本当に仰る通りです。

そもそも成長過程にある訳ですから、正直成長力の底力が、何処まで行くのか誰も予想出来ません。

今はそれだけの巨大国家であり市場となってますが、これはかつての先進国であり、BRICsと呼ばれる国々にとっても同じ事が、言えます。

新興国であり新興市場は、必ず成長過程の段階で、新たなイノベーションが、生まれると同時に、新たな経営者と企業が、誕生します。

上手く説明は、出来ませんが、成長市場は、それだけ新たな可能性とビジネスが、生まれる事もあります

どぅしてもリスクと隣り合わせになりますが、それだけ新たな魅力が、生まれると言う事です。

だから中長期の視野で、投資をすべきです。

何故ならそこは成長市場だから。

今もお伝えしましたが、新興市場は、言葉を変えれば成長市場です。

そぅ言った新興市場に上場している企業は、それだけ不安定ではありますが、それと同時に、無限大の可能性を秘めた成長企業と言う事です。

また新興市場の成長と付き合う事も大事。

お話しを戻る形となりますが、今のインターネット社会が、立ち上がって間もない頃は、正直この先どれだけの可能性が、あると予想した事ですか?

投資家によっては、疑心暗鬼の目で見た方が、大勢じゃないかなって私は、見ております。

またiPhone、Androidが、誕生して間もない頃も同じ考えでしょう。

けどそれはピンチは、チャンスになると言わんごとく、逆の発想をすれば、新たな世界の可能性も同時にあると言う事です

また第二次世界大戦後の日本にも同じ事が、言えます。

あとはルネサンスの頃のヨーロッパですね。

BRICsとは。

少なくとも経済や国際社会に詳しい方ならすでに、当たり前の様に分かってらっしゃいますが、知らない方の為に、この場をお借りしてお伝えしておきます。

BRICsとは。それは「ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ」のそれぞれの頭文字を取った名称の事です。

一時期のこの五か国の経済成長は、著しかったですね。

それが今の国際社会を象徴しております。




まとめ。

ここまで新興市場のリスクと投資の事をお伝えして来ました。

仰る通り新興市場は、それだけ爆発的な成長市場でありますが、それと同時に、ハイリスクな市場でもあります。

新興市場の成長を期待する一方ハイリスクといかにどぅ本質を見極め、向き合うか!

その考えと意志の強さが、大事となって来ます。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。