イノベーション

一度きりの人生において挑戦してこそ道を切り開くきっかけとなる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




人生一度きりだと言う事は、誰しもが知っている事です。

その中で様々な事に出会い経験を積んで行く事は、とても大切な事であり、後の人生において必ず生きて行く事は、お間違い御座いません。

その過程において、一つの出来事に出会い、気持ちが高ぶって挑戦したい!と言う気持ちが、自然と芽生えて来ます

例えば幼少期の頃ですと、補助輪なしで自転車をこげる様になる事が、一つの挑戦となります。

小学生の頃になりますと、鉄棒で懸垂と逆上がりに挑戦すると言う気持ちが、自然と沸き上がって来るはずです。

例え小さな出来事とは言え、一度きりの人生上必ず挑戦すると言う気持ちが、自然と沸き上がって来ます。

この記事では、人生において挑戦してこそその人の道が切り開けると言う事をお伝えして参ります。

お話しを進める前に、対象となる方をお伝え致します\(_ _)。

または挑戦すると言う事が、どれだけ大切な事か!の意味を知りたい方も対象とさせて頂きます。

予めご了承下さい。




失敗と恐怖に恐れては挑戦しても無駄である。

人生上必ずどこかで、転機が訪れるであろぅと言う選択肢が、迫られる時が、あります。

一番分かりやすい例えで言うと、経験した事がない方ならピンと来ないと思いますが、現在勤めている職場に行き詰まりさを感じて、転職を試みる事が、説明しやすいんじゃないかなって思います。

あとは芸能関係で言うなら現在の所属先から事務所の移籍、あるいは個人事務所の設立とかも分かりやすい例えであります。

何をお伝えしたいのか!と言いますと、日々を過ごして行くにつれて、自然と転機が来ているなって言う感覚が、感じて来るはずです。

この時にこの決断をどぅ受け入れる事が、出来るか出来ないか!が、一つの焦点となります。

ただ私が今まで見て来た中では、受け入れられず現状を選んだ方が、多かったのが、事実です。

やはり新天地へ挑戦すると言う不安と恐怖心が、原因となるでしょう。



理由は道を切り開く事が出来ない事である。

人生の挑戦が、出来ない方の特徴の一つが、現状打破を拒み、安定と安らぎを選ぶ傾向にある事が、一つと見ております。

別の角度から見ると、年齢が年齢と言う理由で、転職を拒みその現状の悪い波動を断ち切れない方もいくどなく見て来ました。

何をお伝えしたいのか!と言いますと、この事が全て正しいと言い切れませんが、今お伝えした方の傾向を見ていると、道を切り開けずそのまま目に見えない悪い波動が、どんどん押し寄せて来ると言う事です。



挑戦はあるし成長する一つのきっかけとなる。

この事に関して言えば、少なからず私自身も常々実感しております。

そもそも成長が出来ない人には、試練は訪れないと言うのが、この世の中の法則であり掟でもあります。

それでも人には、必ず試練が訪れます。

その試練を乗り越えてこそ人は、始めて成長が出来ます。

つまり試練を乗り越える事は、その試練に立ち向かう為の挑戦でもあります。

挑戦をして乗り越えてこそ成長出来るきっかけとなります。




危機が訪れる時こそ挑戦のシグナルである。

先程の話しに戻る形になりますが、一つの転機の予感が、していると常々実感している事が、一つの危機と言う事もあります。

この事は、会社経営をしている方なら分かりますが、いくら順風満帆に会社の経営が、順調に進んでもいつしか大きな壁にぶつかる時が、訪れます。

大きなグループ会社を経営している経営者の方なら分かりますが、グループ全体の業績が、良好でもグループ会社の内のどれかが、業績下降、財政悪化と言った事が、あり得ます。

何をお伝えしたいのか!と言いますと、グループ全体を押し上げるには、足を引っ張っている子会社の業績を上げる必要が、あります。

またいくら順風満帆でも世界情勢の動きによって、突然のイレギュラーが、発生する時もあります。

その危機に対して、常日頃から対策をしておかないと、一気に倒産になる事もあります。

その危機こそが、挑戦へのシグナルです。



それは転機の訪れである。

何かを目標に向かって挑戦しようとする強くて揺るぎない気持ちが、自然と新たな道を切り開く鍵を引き寄せると言う環境を呼び寄せる事もあります。

その気持ちこそが、転機が訪れる一つのきっかけとなります

ただその時迫り来る選択肢が、複数あります

その時にどの道の選択肢を見極める事も大切になって来ます。



転機を受け入れるかはその人の決断によります。

最終的には、その人の胸の内の一つになります。

確かに悩みの末に転機と言う選択肢が、迫られる事もあります。

事実私自身もそぅ言う決断を迫られた事もあります。

分かりやすい例で例えたら他社への引き抜きによる誘いです。

現状を話して転職した方が、良いと言うアドバイスをする時が、あります。

この時の決断をどぅ受け入れるか!によって、新たな可能性が、生まれる事もあります。

最後は決断出来るか出来ないか。

そこが焦点となります。




まとめ。

ここまで本文で、一度きりの人生において挑戦してこそ道を切り開くきっかけとなる事をお伝えして参りました。

この記事は、あくまで私自身の持論であり、私自身が見て来た事や経験に基づいて作成した記事となりました

ただ本記事でお伝えしたい事は、決断を迫られた時に、悪い現状から断ち切れない方は、道を切り開けない方と言う事になります

これは私の経験から見て来た事です



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。