世界情勢、世界的危機

間違いなくまだまだ続くウイルスの空気感染問題の深刻さ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

タイトルがそぅ示している通り、新型コロナウイルス事COVID-19を始めとする多種に渡る様々なウイルスの深刻さは、間違いなくまだまだと永遠に続くと思います

と言うよりも確実に続くと思います。

例えこの先新たなウイルスに対するワクチンが、出来ても

少なくとも2020年の上半期から夏場真っ最中においては「COVID-19」の話題が、絶えませんでしたが、この新型コロナウイルスだけに止まらず、他のウイルスの存在も脅威な存在である事は、事実変わりないと思います

例えば冬場だと(インフルエンザ)が、代表的なウイルスとして知られます。

このウイルスの存在も「COVID-19」に負けない位猛威的な存在だと思います。年によっては、「新型インフルエンザウイルス」も発祥する事もありますからね。

更にインフルエンザにかかってお亡くなりになられる方も現実に起きてます:-(。

一方の夏場で代表的として知られるのは、やはり「O157」でしょう。

過去にO157ウイルスで、どれだけ世間が、ひどい仕打ちを受けたか。

それを考えるだけでも恐ろしいです((( ;゚Д゚)))。それに伴う食中毒も恐ろしいです((( ;゚Д゚)))。

予めご了承下さい。

間違いなくまだまだ続くウイルスの空気感染問題の深刻さ。

今も冒頭でお伝えしましたが、我々人間を始めとする生命だけでなく、今の時代コンピューターにとってもウイルス感染は、かなり脅威的で厄介な存在である事は、事実となっております

現にウイルスによる感染が原因で、機密情報が漏れる事も時には、起きております((((;゜Д゜)))

こちらの方でも新型のウイルスは、次から次へと誕生しております。

ただ感染経路は空気中ではなく、インターネットと言った通信回線による経路での感染ですが。

ただ今回この記事では、コンピューターウイルスではなく、人体等における生物にとってのウイルスの事を目的として伝えております。

ウイルスの感染力はかなり猛威を奮ってます。

現時点で判明している事は、ウイルスの感染力は、かなり猛威を奮うだけの事は、事実です。

2020年に起きた「COVID-19」を例にして例えると、最初は中国の湖北省武漢市から発祥したとメディアでお伝えが、ありましたが、今となっては地球上の空気によって、世界中に感染してしまいました!!( ; ロ)゚ ゚。

どぅもくしゃみ等による飛沫感染から始まったんじゃないかなって思いますが、いずれにしろこのウイルスの空気感染の深刻さは、この先においてもかなり深刻な問題として永遠と続く事に、なる事はお間違い御座いません。

この先間違いなく新たなウイルスの誕生もあり得ます。

それはこの先新たなウイルスが、誕生する事は間違いなくあり得ると思いますので、その事を考えたらタイトルがそぅ示している通り、ウイルスの問題は、山積山積みが増すばかりとなるでしょう。

その時その時の状況で、新たに誕生する新型ウイルスの対策法が、判明するまでの間の期間が、どれだけ深刻なのか。

更に空気感染による事を考えたらどれだけ恐ろしい事なのか。

そもそもウイルスとは何か?

一言で言えば人体を蝕む「病原体」です。一方コンピューターの方で言うなら一種の「不正プログラム」です。

先程もお伝えしましたが、生命でもコンピューターでも一度ウイルスに感染したら本来の正常な機能が、働かなくなり、ウイルス感染によって体内の組織を蝕む事で、活力を低下させる結果に繋がります。

現にウイルス感染によって、長期入院を強いられる事も稀に聞きますし、最悪死に陥る事だってあります。

つまりウイルスの存在は、それだけ我々が考えている以上に、恐ろしい病原体と言う事ですただ蝕むだけだなく、空気によって感染してしまう事も当たり前の様に、起きてますからね

これこそ深刻なウイルスに対する警告です。

これはあくまで一つの案となりますが、現時点において、最も大切なウイルス対策として上げるのは、やはり我々一人一人が、真摯に取り組む事だと思います

報道でも報じられてましたが、アルコール消毒での手荒い、そのアルコール消毒による空気感染予防。

日頃からありとあらゆる手段でウイルス対策をする事で、一人でも多くの方にとって、感染予防に繋がると思います

まとめ。

ここまで本文で、今後も間違いなく続くであろぅウイルスの空気感染の事に、ついてお伝えして参りました。

一つのウイルスの問題が、解決したとしても新たな変異型のウイルスが、誕生します。

つまり変異したウイルスこそ本当の意味で、絶え間なく続く新たなウイルスの正体と言う事になります。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。