 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
健康

恐ろしいぎっくり腰の原因と対策法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

それが今回お伝えするぎっくり腰の対策法のテーマとキーワードです

一度ぎっくり腰になったらどぅなるのか?最低これ等は、覚悟して下さい。

腰痛の一貫として扱われる。

治療は確実となる。

間違いなく絶対安静。

となります。

そのぎっくり腰をどぅすれば、対処出来るのか?その事をこの記事で、お伝えさせて頂きます。

お話しを進める前に、対象となる方をお伝え致します\(_ _)。

予めご了承下さい。

恐ろしいぎっくり腰の原因と対策法。

そのぎっくり腰が、どれだけ恐ろしい事なのか((( ;゚Д゚)))。

その上においてどぅすれば、対処出来るのか!?その事をお伝え致します。

そのぎっくり腰の正式名称は、急性腰痛症きゅうせいようつうしょう」と言われます。

欧米では「魔女の一撃」と呼ばれており、突然魔女がやって来た!と言われております。

RPG、ロード・オブ・ザ・リングシリーズ、ハリー・ポッターシリーズ、ディズニー作品のファンタジー映画」で、よく魔女が魔法をかけて、かかった相手が苦しむ事が、ありますよね?その例えで知られてます。

その名の通り(急な腰痛)です。

一般的によく聞くのは「重たい物を持った時に仰向けの状態から勢いよく起こしてから急に来る痛み」です。

何で何でしょう?それはこれからお伝えして行きます。

そのぎっくり腰として考えられる原因。

なぜ起こるのかって?人によって理由は様々ですが、例えで言うなら(主に背中の筋肉と筋膜の損傷)から来る事がよく各地のサイトで取り上げられてます。

特に力が入らずへなへな状態の座り方ですと(肉離れ)が起きている可能性が考えられます。

考えるだけで怖いですね((( ;゚Д゚)))

更にこの時に無理をしたり、発症を繰り返したりすると椎間板ヘルニアになる恐れもあります。

いや怖いですよ((((;゜Д゜)))

あとアスリートや肉体労働者の方もそぅですが、この中に属さないデスクワーカーや営業マン等の方々にも起こりうる可能性が考えられます。

何故かって?それは運動や歩行、椅子に座る時の姿勢による(緊張感から来る筋肉疲労)の蓄積と運動不足等から考えられる筋肉の衰えが、原因と考えられます。言葉を改めるなら筋肉の脆弱化

また無理な姿勢やオーバーワークによる蓄積疲労や体調管理等の怠りから来る骨盤の歪みによる蓄積疲労もあり得る事です。言い換えれば骨の歪みの始まり

この様な事が習慣化してしまうと(回復するスピード)が遅くなり、悪い方向に向かいます。

ここで上がったぎっくり腰の主な特徴をまとめます。

ぎっくり腰の処置方は?

発症後は腰に無理な負担をかけないよう(楽な姿勢)をとるようにして下さい。

膝を軽く曲げて横向きに寝る」、「あおむけに寝て、ひざを軽く曲げて、膝の下にクッションを入れる」、「あおむけに寝て、低めの台に両脚を乗せる」等の姿勢でいる事が主な事です。

発症から2、3日の間は?

勿論無理をせず楽な姿勢で安静は、絶対です。けどそのままにしておくと「腰や背筋」が固くなりますので、気を付けなければなりません。

あと最初の2、3日は湯槽に浸からないようにして下さい。

理由として炎症が悪化してしまう恐れがあります。出来るだけシャワーで押さえアイシング等で炎症を押さえて下さい。

2、3日後あるいは自宅安静から回復の兆しが見えた後、通院は当たり前ですが、無理な運動をせずウォーキングで軽い運動をし、入浴して筋肉の緊張を和らげ回復効果を高めるよう心掛けて下さい。

ではぎっくり腰にならない為の対策は?

ここからは、一体どぅすれば、ぎっくり腰をどぅやって対処出来るのか!?

今からお伝えする事は、インターネット等で、調べた上で、私が編み出した方法です。

どぅかご参考して頂ければ、幸いです。

無理な姿勢をせず正しい姿勢を心掛ける。

これは正直言って難しい事ですね。姿勢と言うのは、記憶してしまいますからね。それが癖になる可能性がありますから、ここはやはり整骨院等の先生辺りに姿勢改善策を聞く事が無難ですね。

ストレスを軽減する。

腰に対する負担が大きくなりますので、日頃からストレス軽減を心掛ける事が大切です。

日頃から自分を追い込まず、時と場合によっては、気分転換をするのも必要となって来ます。

運動や風呂上がりのストレッチをする。

これは本当に重要です。体を柔らかくし、怪我予防の体に改善する事により腰の負担を軽減出来ますので。

定期的に整体に通い骨盤、背骨矯正を習慣化する。

私自身が最も重要視している事です。いくらストレッチを繰り返しても、骨が正しい状態でないと効果が現れません。

靴の中にしっかりとした中敷きを入れる。

中敷きを入れる事により、疲労軽減は基骨盤などの歪みの軽減にも繋がります。

無理な自転車のサイクリングをしない事。

この部分に関しても強調します。自転車に関しては、サドルによって骨盤が曲がりやすいと言う事です。現に競輪の選手に多く見受けます。また日頃から自転車に乗る事が多い方、サイクリングが好きな方は、くれぐれも気をつけて下さい

まとめ。

改めてぎっくり腰の対策法をまとめます。

の6つの対処方に基づいて結論をまとめれば、やはり一番は、日頃から体のケアに対する意識が、どれだけ高いか。

最大の焦点は、それですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。