 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
世界情勢、世界的危機

世界経済は世界情勢の動きに敏感で神経質なのが特徴的である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この例え話しは、大昔の頃の日本を例題にしてお伝えする形を取らせて頂きます。

個人的に印象深いのは、やはり戦国時代の頃の日本の戦の時代であり、社会となります。

あの頃の日本は、今の国際社会と向き合うのでなく、どちらかと言えば、鎖国的な印象が、強く伝わります。

で?何で戦国時代の頃の日本を例えにしたかって?この頃の日本は、かなり戦乱の世として語り継がれております。

また刀狩りを行った事も有名な話しで、現代的に置き換えると、刀を作っている会社の銘柄が、株価暴落すると言う事に繋がります。

当時の日本を現代として置き換えれば、戦乱が、絶え間なき続く国家が、不安定な社会を招くと言う形となります。

戦国時代の頃の日本がそぅである様に、2022年現在でも終わりなき新型コロナウイルスの世界規模における大感染、東日本大震災等様々な世界情勢の動向が、どれだけ世界経済に敏感なのか!

世界の株式市場、原油価格市場等の値動きを見ていると、よく伝わって来ます。

何でこぅまでして、世界情勢の動向によって、世界経済が、神経質になるのか!?

その事をこの記事で、お伝えして参ります。

お話しを進める前に、この記事の作成した目的と対象となる方をお伝え致します。

続きまして対象となる方をお伝え致します。

予めご了承下さい。

世界経済は世界情勢の動きに敏感で神経質なのが特徴的である。

今までの歴史の動きと歩みをよく辿ると、様々な世界情勢の動きによって、マーケットが、激しく動く理由が、よく見えて来ます。

世界史であり日本史の年号の主な出来事を見ていると

これ正直申し上げますと、世界が変革の時になると、かなり世界経済が、活発に動く傾向が、ありますね。

戦争による破壊と始まりが、その事を象徴しております

まぁ戦争だけに限らず、何かしらの世界情勢の動きが、一つ世界経済に何かしらの刺激を与えるのは、お間違い御座いません。

原材料の輸入が困難が一つ。

現代的な理由として考えられる世界経済の困惑の一つは、原材料の輸入が、困難な事です。

私自身日本在住なので、この場では、日本の事をお伝え致します。

日本の場合は、第一次世界大戦から第二次世界大戦にかけて、物凄い自国の資源を使い果たしました。

その関係で、日本の場合は、他国から資源を輸入しないと経済が、成り立たない状況となっております。

ましてやこの記事を作成した2022年3月頃は、有事のドル買いによって円安が、どんどん進行しましたので、原材料の輸入価格の高騰が、激しくなってます。

その事が、理由であり背景で、様々な業界で値上がりが、進んでおります

このまま円安が、どんどん加速すると輸入ビジネスが、主体の企業にとっては、大打撃となります。

また輸出企業にとっても材料高騰で、逼迫しかねません

石油と言った天然ガスの輸入も原因である。

これも世界情勢の動向による世界経済の停滞する理由の一つとなり得ます。

例えの話しになりますが、資源大国と呼ばれる国が、何かしらの理由で、その資源大国からの資源の輸入を禁止となった場合。

そぅなって来るとその資源が、枯渇すると、エネルギーの問題が発生し、結果製造業等に大打撃となります。

またガソリン価格の高騰も著しくなって来ますので、燃料費の問題も発生しかねます。

その証拠に2022年3月の時点で、WTIの価格高騰が、続いております。

やはり戦争による紛争が大きい。

何か世界の株式市場を見ていると、株価の下がる大きな要因の一つとして、戦争やら紛争と言ったテロの勃発が、上がって来ます。

これはあくまで私の個人的な推測にしか過ぎませんが、軍事侵攻を行っている地域や国が、襲撃によって、尊大な被害が、起きますので、現地法人が、戦争等によって、大打撃となり経済活動が、停滞するからだと私は、推測しております。

もしくは何かしらの理由で、ビジネスの展開に規制が、かかる事も理由の一つだと私は、見ております。

いずれにしろ紛争やらテロが、起きると緊急事態となって、その間は、避難警告の期間となります。

企業の進出がストップとなる。

先程の戦国時代の頃の日本を例えてお伝えしますと、確かに当時は、ポルトガルからの輸入が、ありました。

この頃の日本を現代的に置き換えると、この戦乱の世の日本で、果たして外国企業が、ビジネス展開を続ける事は、限りなく低いと想像が、出来ます。

この事は、第二次世界大戦当時においても、ドイツと言ったナチスに加担した国に対しても、恐らく当時は、枢軸国にビジネス展開の規制が、かかった事は、想像が出来ます。

政治と言った地政学も関わって来る。

地政学の事も大きく関わって来る事は、お間違い御座いません。

何せ戦争と言った紛争は、政治的な事が、発端で始まる事です。

他に上げるとすれば、選挙の結果も一つの要因として上がって来ます。

市場の予想通りの展開に行くならまだしも時には、市場の予想を大きく外れ裏切られる事もあります。

アメリカの大統領選挙の結果も一つの焦点です

世界のリーダー国と言われるアメリカですから、その国の大統領の政策で、世界中に大きな影響を及ぼします。

更に災害と言った事も世界経済に大きな打撃を与える事もあります。

全ては世界情勢の不安定さに左右される。

FXと言った外国為替市場に参加している方ならこの事をよく理解出来るはずです。

特に欧米と言った世界の一位二位の影響力を誇る市場に、参加するとよく分かります。

分かりやすく説明すると、アメリカ発祥の企業の中で、ダウ平均、S&P500、NASDAQ100に上場している銘柄は、世界的規模に展開している企業が、数多く含まれております。

そぅ考えるだけで、欧米の影響力は、計り知れないと言う事になります。

まとめ。

ここまで本文で、世界情勢の動きが、世界経済を揺るがす事に繋がる事をお伝えして参りました。

一つの出来事が、これだけ世界経済を左右する事になる事は、正直難しい所です。

ただ景気が悪く物価の値段だけが上がってインフレ率が、どんどん上昇すると、正直悪いインフレとなります。

その事を避けたい所です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。