 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
イノベーション

宇宙開発を行っている企業に株式投資をしてこそ新たな人類の誕生!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年11月から12月にかけて、ZOZOTOWNで知られるスタートトゥデイの創業者の前澤友作さんが、国際宇宙ステーションに滞在した事は、この記事を作成した2021年の12月当時は、記憶に新しいです。

またAmazonの創業者として知られるジェフ・ベゾス氏が、ブルーオリジンと言う有人宇宙飛行の事業を推進する会社を設立した事も有名な話しです。

彼等の様に、宇宙開発事業に人生をかけて、新たな人類の到来の夢実現を試みる事は、とても素晴らしい事です。

その宇宙開発事業が、今後更なる推進を進める為には、やはりそれだけの資金が、必要となって来ます

また宇宙開発事業に人生をかけている実業家の育成と誕生が、必要でもあります

この記事では、そぅ言った宇宙開発事業の企業に、投資の必要性を伝える為、一人でも多くの宇宙開発に人生をかけている方に、伝えられればと思い、作成をする事にしました。

そろそろお話しを進めさせて頂きます。

その前にこの記事の作成目的と対象となる方をお伝えさせて頂きます。

続きまして対象となる方をお伝え致します。

予めご了承下さい。

宇宙開発を行っている企業に株式投資をしてこそ新たな人類の誕生!

宇宙開発こそ人類の未来と言われているこの時代

確かに宇宙に進出するとなると、それは本当に新たな人類の到来となり、未開拓地域による新規ビジネスの誕生と拡大となります。

これは宇宙をテーマにした作品をご覧になられれば、その想像による世界観が、自ずと見えて来ます。

確かに宇宙進出が、本格化すれば、新たなフロンティアとなります。

ただその間様々な研究と努力の積み重ねが、用いる事となり、その為には、どぅしても事業開発による多額の資金が、必要となります。

更にそれに伴う人材の育成も必要となります。

その為に宇宙開発事業に、必要な人材、企業、環境整備を整える事も必要となります。

地球温暖化問題の対策にも繋がる。

今やビニール袋も有料化の時代となっております。

またスーパーの賞味期限が、切れた食品の産廃も大問題として取り上げられております。

一番はやはり温室効果ガスの問題となります。

我々人類が、便利さを追い求めて、生活は豊かに進歩しました。

その過程において、宇宙進出の足掛かりとなる夢も実現しました。

ただその一方で、環境汚染の問題も同時に、進行しました。

個人的に代表的としている環境問題を上げます。

この他にも色々と御座います。

この場では、ここいらで押さえさせて頂きます。

また環境問題の対策にも繋がる。

仰る通り宇宙進出が、本当の意味で当たり前の様になれれば、間違いなく宇宙に移住する時代もいずれは、訪れる事は、間違いなく現実化して来ます。

その証拠に火星探査機による火星の調査も行っているのも事実です。

また月面調査も行っているのも事実です。

今はまだ未だ見ぬ土地となっております。

ただ調査がどんどん進行して行き、いずれ人が住める様に判断されれば、地球環境対策の一貫として、宇宙に移住する計画も現実化される事は、今後次第では、有り得る話しです。

その為に今日、この先も宇宙調査を行う事は、お間違い御座いません。

宇宙開発こそ未来の夢実現である。

夢実現かどぅかは、正直人によりますが、少なくとも私は、そぅ見ております。

簡単な入門的な事となりますが、小学校の教科書やら児童向けの本等で、必ず宇宙と太陽系の惑星の話しが、出て来ます。

勿論一般教養であり、一般常識を知ってもらう為に、伝えている事は、間違いありません。

勿論必ず宇宙に興味を持つ方もいらっしゃる事は、間違いなくおります

その中で、宇宙と言う未開拓の場所を開発し、新しい生活環境を整える事は、この先の人類の未来であり、夢でもあります。

今我々が生きている人類で、出来る事は、宇宙と株式投資に、興味を持ち、その宇宙開発事業を行っている企業に、支援を行う事です。

夢実現と言いますが、やはり現実は綺麗事じゃ解決出来ない事だってあります。

時と場合によっては、手を汚す形を取る事もあります。

喜ばしい事ではありませんが、やはり宇宙開発事業を行っている企業に、投資による出資をし、その開発事業に支援を行う事が、今我々に出来る事です。

何故なら未開拓の惑星進出に繋がる。

今ですと、火星と月が、我々人類進出の可能性が、あると聞きます。

確かにハードルは、とてつもないほど高いです。

気候等による環境問題も生じて来ます。

ただ希望を忘れては、なりません。

私自身にとっても未だ見ぬ土地です。

その土地に踏み入れた時に、果たしてどぅ言う始まりと結末が、あるのか!

それが今の課題の一つです。

それは新たなフロンティアである。

そぅなりますね。

もしエンターテイメント作品の様に、宇宙や火星と言った他の惑星に住める様になれれば、それはまたとないフロンティアとなります。

またそこでしか採取資源も出て来ますし、新たなビジネスチャンスも出て来ます。

まぁ。楽しみですね。

まとめ。

ここまで宇宙開発事業を推進する為の一つの提案として、株式投資による企業の支援による方法をお伝えして来ました。

また宇宙開発の未来図もお伝えして来ました。

いつか宇宙進出が、実現出来る事を信じております。

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。