 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
健康

トラウマを解消、克服する為には。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この例えのイラストを示している通り、「心の傷」と言う事になります。

見出しの写真を例えで示せば、「何かの一言が原因で、心の傷が一生涯残り、何事にも心を閉ざし、故に助けを求める」。

言ってしまえば、一種のパワハラと言う事になります。

パワハラによる深い傷心が、やがて悪夢となって睡眠を妨げる事だって有り得ます。

その深い傷心によるトラウマが、この記事のキーワードであり、テーマでもあります。

故にどぅ言う方を対象にした理由で、記事を作成した理由と目的を兼ねてお伝えして参ります。

予めご了承下さい。

トラウマを解消、克服する為には。

そのトラウマからどぅ立ち直り、克服する為にはどぅすれば良いのか?ですよね。

これ等対象の方の様に、この世の中必ずと言っていいくらい(トラウマ)は、付き物です。

生きている以上もぅ避けて通れない出来事の一つです。言い方を変えれば「生きる事の宿命」でもあります。

特に幼少期と思春期の頃のトラウマは、一生と言って言い位心の底に残ります。

属に言うアダルトチルドレンと呼びます。

簡単に言えば(自分の生きづらさが親との関係に起因する)を指す。

ではどの様な事がこのアダルトチルドレンに該当するのか?それをお伝えします。故にアダルトチルドレンの事も兼ねてお伝え出来ればと思います。

アダルトチルドレンとは?

そのアダルトチルドレンとは具体的にどぅ言う事を意味するのか?ですよね。

幼少期の頃の教育と養育環境による虐待、不適切、いじめ等の環境的な出来事が原因で、成人になってもその心の傷がトラウマとして残り、自分自身に対して、ネガティブで閉塞感を強く持つ様になる大人の事を意味する

故に大人になっても愛情を知らないまま育っている為、自分の子供にも同じ様な傾向を示す様になる。

アダルトチルドレンの主な特徴は?

主なアダルトチルドレンとして目立つ特徴をピックアップ致しました。

つまり最終的には、自分自身の自動思考により自分自身を追い詰めている事になります。

様々な経験を積み重ねて行く過程において、その時の環境のストレスがそれを招く事になります

正直私もそぅ言う方々を沢山見て来ましたし、今現在でも見る事もあります。

そぅ言う心の傷によるトラウマが原因で、精神的に甘えが生じ「自分の事を大切にし、親切に理解してくれる人に甘える様になります」。

そぅ言う人に限って「愚痴や不満をぶちまけ(窮地に立たされた時に、自分の弱さを受け入れられない位の決断が出来ない)上に、人生棒に降る事が多い人」だと思います。

こぅ言う言い方は、正直おこがましく思われますが、人生成功し、大成出世出来る人ってこの出来事を克服出来る人だなって常々感じております。

ではトラウマを克服するに必要な事は?

あくまで例えです。まぁトラウマを克服すると言う事は、いわば心の中の自分との決闘です。その弱い自分との決闘に打ち勝つと言う事になります。

言いたい事は、確かに誰か親切に手を差し伸べてくれる方は、間違いなくいる事は事実です。特に同じ経験境遇を体験した方なら間違いなくしてくれるでしょう

本当に親身になってくれる方はごくわずか。

けど本当に心底から本当にその人の事を親身にしてくれる方って、正直ごく少数だと思います。

本当に思っている方こそ時に、厳しく本心から言う方です。

ほとんどの方が、上部だけで、その人の心につけこみ、ただ適当な事を言うだけだと思います

これは私自身も経験あるからこそ言えます。結局私利私欲の為だけでしか見てないと思います。

トラウマ克服の為に取り組むべき事は?

まずは早期に精神科に言って診察を受ける事です。それもより専門的に行うべきです。その過程において自分自身と向き合い本質を知るべきです。

恐らく精神治療による精神安定剤を投与する事になる事は、あり得る事です?

精神的に安定は、すると思いますが、ただし精神安定剤も一歩間違えば麻薬に等しいです。

他にも自分自身を受け入れ認め、常に成長を追い求める事です。

自分が本気で成長をして行けば、それに伴い常に前向きな方と出会える可能性があります。そぅ言う方は、それだけ成長する可能性を秘めてます。

トラウマを克服してこそ成長出来る証し。

まさにその通りになります。

よくゲームで、自分の闇と戦うと言うシーンが、ありますが、あの例えが、丁度分かりやすいです。

確かに人は、一人では生きていけません。必ず自分にない何かを持っている方に、力添えをお借りする事になります。

けどそれはあくまで、他力に頼るだけで、本当に己の弱さの源である心の闇に、打ち勝ちたいならやはり自分で、その弱さと言う邪念を断ち切るきっかけが、必要になります。

精神科医、悩み相談所に相談する方法だけでなく、このやり方でトラウマ克服を目指す事が、とても大切です。

まとめ。

ここまでトラウマの事をお伝えして参りました。

私自身も他人事では、ありませんので、人の事とやかく言える立場じゃありません。

私の経験から言える事は、やはりトラウマの源である邪念の正体を知る事から始める事です。

あるしオーソドックスな解決策となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。