 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
健康

快眠を望むなら首に負担をかけない枕が必要。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

確かに言えるかも知れません。いや(´□`; 三 ;´□`)本当に確実な「快眠」を望むのであれば、やはり枕が、一つキーワードとなります

この記事でお伝えしたいテーマとキーワードは、「快眠の鍵は枕にあり!」つまり快眠と枕と言う事です。

今タイトルと見出しでお伝えした様に、快眠を望むなら首に負担をかけない枕が必要。

確かに睡眠を取る時って()が、必要じゃないですか。勿論布団やベッドもそぅですが

でも何だかんだ言って、寝る時一番必要なのって私個人的に言えば、「」だと思います。

理由は、首の負担が、大きく関連して来ると思います。

睡眠を取る時に必要なのって首に負担をかけない事だと考えております。

その詳細をこの後詳しくお伝え致します。その前にターゲット層をお伝えしないといけませんね\(_ _)。

となります。特に・・・・・・全部ですね(–;)。

予めご了承下さい。

その理由は首の神経に大きく関連する。

今現在お世話になっている鍼灸院の先生から首の神経の重要性を教わりました。

首の神経って身体全体に繋がっている事を教わりました。

お世話になった当初は、「今日は首の矯正をしたから負担をかけない様にして下さい」。

と施術後に注意された事が、あります。理由として今お伝えした通り(首の神経が、身体全体に大きく関連している)と言う事です。

首の神経って今もお伝えした通り(身体全体に繋がっている)事は、事実です。その首からの神経痛になると様々な症状が、出て来ます。

その首の負担を軽減する必要性が、睡眠時における枕が鍵を握ると言う事です。

いかに良質的な睡眠方法は、枕が鍵を握る。

やはりそぅなりますね。寝具屋あるいはネット通販等と言った店舗で、様々な枕が販売されてます

中には子供達向けである仮面ライダーや戦隊シリーズのデザインした枕も売ってますからね。

子供達のヒーローですから子供としては、自分のヒーローと一緒に寝たい!と言う事です。

ただ首に負担をかけない範囲であれば・・・・・です。

好きなデザインよりも身体への負担軽減を心掛ける。

お伝えしたい事は、好きなデザインの枕カバーを理由に枕を購入する事も大切ですが、それ以上に首への負担が、軽くて少ない事を重視すべきです!

好きなデザインよりもむしろ身体への負担を軽減重視する事です!

整体院によっては、枕を販売している所もあると聞きます。

理由としてあげるならやはり首の負担を軽減する目的の明確さをお伝えする為です。

首の神経に負担をかければ、様々な症状が、出る事も骨格の歪みにも繋がるので、当然身体の症状が更に悪化しやすくなります。

それは翌日の寝起きの良さにも繋がる。

左様です。首の負担を軽減すると言う事は、当然(眼と脳)の神経の負担軽減にも繋がって来ますので、ぐっすりと眠れ翌朝(人によっては昼ですが)スッキリと起きれる可能性が、高いと言ぅ事です。

あるし一種の睡魔対策?

良質的で、身体の負担軽減を目的とした枕で、寝ているなら当然首の負担軽減に繋がって来ますので、翌日の睡魔対策にも結び付く事も有り得ます。

今の現代社会上の一つの問題として上がっている事は、やはり(睡眠時間の不足)が、上がって来ます。

少ない睡眠時間ならそりゃ明くる日睡魔が、襲って来る事は事実です

ただ十分な睡眠時間を確保しても首に負担をかけやすい枕で寝ているとこれもこれで、睡魔が突然襲って来る事は間違いなくあります。

睡魔対策。それは身体のメンテナンスその物!

勿論風呂上がりのストレッチかドクターストレッチによるストレッチ、日頃からの整体や鍼灸などによる身体のメンテナンス。

あるいはフットマッサージャーによる足裏のマッサージ等による方法でも睡魔対策の一貫となります。

個人的には、鍼灸の場合だと打鍼による内蔵のケアも必要となります。

理由はこの場で話すと長くなりますので、この場では差し控えます。

その上において日頃から首への負担を軽くする事を心掛ける事が、重要となります。

眼精疲労予防にもなる?

くどい様で恐縮ですが、首の神経は、身体全体に繋がっていますので、当然眼の神経との関連性も高いです

デスクワーク。あるいはパソコンやスマホなどによる仕事がメインの方なら分かると思いますが、長時間集中して作業していると、何か眼の疲労が、じわじわとたまって来て、次第に疲れて来る傾向が、ありますよね?

それってつまり首にも負担をかけている事にもなります。そぅ言った状態で、明くる日また同じ事の繰り返しとなります。

まとめ。

ここまで本文で、首への負担を軽減する事と、それに伴う枕の必要性をお伝えして参りました。

改めてお伝えしたいのは、確実な睡眠を取る為には、首への負担をかけない事です。

それに伴う枕が、必要となる事です。

最後になりますが、かつて中日ドラゴンズに所属していた山本昌投手も50歳まで、現役としてご活躍されプロ野球界に貢献されて来た秘訣の一つとして、首への負担軽減の枕を愛用している事です。

それだけ長く現役を続けこられた方が、良い見本であり手本となっておりますので、首への負担軽減をしてこそ健康の秘訣の一つとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。