 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
投資金融

お金を貯める方法。高校生の段階からやりやすくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お金を貯める方法」。まぁ一言で言えば、「貯金」をしろ!と言う事です。

別に高校生からやりやすくなるとは、限りません。何故なら子供の頃から「貯金箱」に、500円玉をコツコツ積み立てて「貯金」をする方法もあります。

もしくは100円玉をコツコツ「貯金箱」に、入れるやり方もご経験されている方も中には、いらっしゃいます。

けどタイトルである「お金を貯める方法高校生からやりやすくなります」が、それを示している通り、何故高校生から「貯金」をしやすくなるのか!?

その事を今からお伝えして行きます。

その前に対象となる方をお伝えしないといけませんね\(_ _)。

予めご了承下さい。

お金を貯める方法。高校生の段階からやりやすくなります。

改めましてお金を貯めると言う意味は、「貯金」と言う事に、なります。

別に高校生前の段階からやろうと思えば、可能です。

ただ何故タイトルで、高校生からと言う事に、限る様に、お伝えしたのか?それには理由が、あります。勿論私自身の考えも交えてとなりますが。

の二つとなります。

つまり高校生からは、(アルバイト)が、出来る様になります。勿論高校生だから限られる範囲となります。

特に目立つのは、やっぱり(ゆうメイト)と言う年末年始の期間限定の郵便局のアルバイトとなります。

中学生以下だと限られるから。

先程もお伝えしましたが、中学生までとなると、両親からのお小遣いによる方法でしか「貯金」は、出来ません。

毎月「貯金箱」に、100円か500円玉をコツコツ積み立てるやり方による方法が、この時期でのお金を貯める方法となります。

これじゃお金を貯めろ!って言われてもね(–;)。

限られたやり方でしか出来ませんよ(;´д`)。

ただその代わりお金の貯め方と使い方を学ぶ時期でもあります。

この事を学ぶのに、大事な時期となります。

アルバイト禁止の学校だと難しい。

私が、卒業した高校だと理事の方に、アルバイトをすると言う申請の許可を出してもらう事が、必要条件と言う理由で、始めてアルバイトが、出来ると言う事に、なります。

事実私は、そぅやって高校生の頃アルバイトをしておりました。

ただ世界は広し。と言わんばかり日本国内の数多く数多に存在する高校の中でも「アルバイト禁止」の校則の学校も存在します。

勿論その校則に慕う生徒もおりますが、中には、校則に慕わず学校に隠れてアルバイトをする方もおります。

勿論アルバイトをしたいから!と言う理由もありますが、中には「家庭の事情」で、やらざ得ないと言う方もおります。

ましてやこれだけ格差が、どんどん拡大して行く社会ですからね。

結論を言いますと、アルバイトをしたいなら学校に事情を説明して、許可をもらう事です。

アルバイト禁止の学校なら素直にしないか、同じく事情を説明をすべきです。それも嘘偽りのない事情を。

中学生までの段階はお金を貯める方法を学ぶべし。

今までの説明は、あくまで高校生の段階です。それもアルバイトをする事を前提とした段階です。

ここからは、中学生までの段階を前提にお話しを進めて参ります。

まずはお小遣いとお年玉の貯金からスタート。

まず最初にスタートする事は、見出しでもお伝えしている通り、「お小遣いとお年玉の貯金」からスタートする事です。

確かにお年玉を貰うと欲しい物をつぃ買いたくなりますよね。私もどちらかと言うとそぅ言う考えです。

けど将来先の人生の事を考えると、やはりお金は、必要になって来ます。

そこでこのやり方によるお金の貯め方をお伝え致します。

ん?「親に銀行口座を開設して貰う」が、出て来ましたね。恐らく将来の事を考えて、両親が、銀行口座を開設して、そこにお年玉を口座に入れるやり方で、「貯金」をしている方もいらっしゃると見ております。

そぅすれば、知らず知らずの間に、高校生までの間に、10万円前後は、貯まっている可能性が、あります。

高校生からはアルバイトが出来る様になる。

先程もお伝えしましたが、高校生になれば、アルバイトが、出来る様になります。

アルバイトが、出来る様になれれば、お金が入って来る様になれます。

それと同時に社会勉強も出来ます。ただ悪い社会勉強は、ご遠慮願いたいですが。

または悪い方向を教える方との出会いも当然ご遠慮願いたいです。

そぅなって来ると、せっかく貯めたお金が、変な遊びで使う恐れが、出て来ます。

その危険性を見極める洞察力もこの時期に、身に付ける必要性が、あります。

その上でお金の事を勉強する。

この記事で、一番重要な事であり、お伝えしたい事です。

詳しい事は、この後別の項目で、お伝えする形を取らせて頂きます。

今この場で、お伝えすべき事は、お金の事を勉強する必要性が、あると言う事です。

お金の事は、日本経済新聞辺りで、取り上げている可能性があります。元々経済と金融をメインとした新聞ですからね。

さてそのお金ですが、使い方をよく学ぶ必要が、あります。独り暮らしをすると段々とその意味が、分かって来ます。

それはこぅ言う理由となります。

と言う様に、独り暮らしとなって来ると、この様に、お金の使い方が、出て来ます。

これに比例して、頭が柔らかい時期からお金の使い方と貯め方をよく勉強する必要性が、あります

何をお伝えしたいのか!?と言うと無駄に使わず、稼いだお金を使い分け、何割か「貯金」に回す必要が、あると言う事です。

何故ならお金とは一生涯付き合うから。

先程お伝えした「その上でお金の事を勉強する」必要性が、ある理由ですが、この項目の見出しである「何故ならお金とは一生涯付き合うから」と言う事を示している通り、お金とは、どんな理由が、あっても必ず一生涯お付き合いする事になります

理由は色々とあります。その為説明すると長々となりますので、この場では、差し控えさせて頂きます。

改めてご説明します。生きている以上お金とは、どんな理由が、あっても一生涯付き合って行かなければ、なりません

勿論お金の使い分けの仕方もそぅですが、お金を上手く使う方法をどぅやって学ぶか!

それが重要です。故にあらゆる面からのストレスに、押し潰されず無駄な荒使いに走らない克己心もまた必要になって来ます。

まとめ。

以上の理由で、「貯金」とお金の使い分けの事をお伝えして参りました。

やはりお金との付き合い方を覚えないと、この先の人生を乗り越え過ごすのは、正直難しい事は、お間違い御座いません

それはお金の資産形成を覚える事にも繋がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。