 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
イノベーション

本を出版する夢を絶対諦めてはいけない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

きっかけは趣味から始まり、やがて自分自身の中の世界観を表現した小説を書きたい!と思い執筆をする事となり、その小説を出版社に行き、自分の作品を「」として、出版する。

今の時代(電子書籍)の時代ですから普通の紙の本が、売れるかどぅか私個人的には、微妙ですね。

それでも従来通り書店に、足を運ぶとちゃんと「」を購入している方もおりますし、外出時においても「」による読書をしている方もおります。

そぅ考えると、小説家を目指す方にとって自分の文学を「」として出版する事って夢実現じゃないですか!文学でなくとも「自己啓発、帝王学」何かもそれに値しますからね。

私個人的には、やはり文学が一番出版する事が、夢実現だと思いますね

何しろ出版後に、芥川賞授賞となるとそりゃ本当の意味での夢実現ですからね( ̄^ ̄)

ただそぅ言った筆者として、成功出来る事は、勿論の事「出版出来る」方もほんのわずか限られた方のみですからね。

厳しく過酷な現実だからこそある事ですが、いくら独創性あっても出版を認めてくれる所は、わずかしかありませんからね。

出版出来る方。それは人生の成功のきっかけを手にする事になる。

それだけ自分の作品を世に出す事は、成功者としての第一歩を踏み出すと言う事です

何しろ自分自身を本として、世に伝えると言う大事は使命が、ありますからね。

そろそろターゲット層をお伝えして、本題に入りたいと思います。

予めご了承下さい。

本を出版する夢を絶対諦めてはいけない!

正直お伝えしますと、自分自身の頭の中で、描いた事を物語にし、その物語をお伝えしたいのであれば、自分の物語出版する夢を絶対に諦めてはいけません!

何故なら人々の脳の底から産み出された創造の世界は、人々に何かを伝える力が、あります。

確かに空想から生み出される世界には、なりますが、その内容によっては、本当に人々に無限の可能性と成長するきっかけとなります。

まさに本の本質は、そこにあります。

本は人を成長する為に存在する。

普段会う事のない方。そぅ言う方の「考え、感性、教え」を本として表現されているのは、それはもぅごくごく普通であり、当たり前の事です。

読書をする事で、自分に足りない事に気づき、それが自分自身の知恵となり、能力となる。故に感性を磨く事となる。

本を出版したい方のきっかけって、やっぱそぅ言う事から始まるんだなって思います。

自分が学んで来た事を「」として表現し、それを人々に伝える。

それが本が存在する本質となります。

自分の本を出版する事で、人々に何かを教え伝える。

これは本だけでなく、「ゲーム、音楽、アニメ、映画、ドラマ、舞台」においても同じ事が、言えます。

共通点は、「自分が学んで来た事を伝えたい!」そぅ言う一心で直向きな気持ちで、作品を作る為の創作活動に励みます。

もぅ一つの共通点。それは製作会社に売り込み、世に出して貰う事!

いくら自分の作品を伝えたいからと言っても、肝心なバックアップしてくれる会社と契約しないと、何も始まりませんからね。

今回は「」だけとなりますので、本の場合ですと、何度も繰り返しお伝えする様ですが、(出版社)に売り込みをかける事となります。

主な出版社は、「小学館、講談社、集英社、角川書店、光文社、徳間書店、秋田書店、双葉社、竹書房」が、上がって来ます。

本は知の宝庫。それは人を成長に導く為に必要な要素なり!

この知の宝庫を世に広める為の役割が、今上げました出版社となります。

それは次世代のイノベーターを生み出す可能性もある。

勿論その可能性も否定出来ません。これは本からだけでなく、様々な分野から(次世代のイノベーター)を生み出す可能性を秘めています。

自分の経験や学んで来た事って、直接面と向かって伝えれるのが、最も理想的ですが、そぅなって来ると正直言ってキリがないので、その一貫として、本として伝えております。

自分の経験と知識を本として伝え、その読者となった方が、その本を読書し、そこから学び、やがて次世代のイノベーターを生み出す事もなきにしもあらずとなります。

最後は本当に自分の執筆を売り込めるか!

まさにその通りとなります。

先程からお伝えしております通り、自分の中に潜む創造と空想の世界を文字としてその世界を表現し、その世界観を文章として、確立させる事が、本の特徴であり、本質となります。

何をテーマにし、その内容を伝えたいのか!

その自分が、作り出した物語を本当に世に伝え、その自分の意志を本当に多くの方に伝えたいのであれば、やはり出版社に売り込む強い意思が、あるか!が、焦点となります。

まとめ。

ここまで本を出版する夢を諦めたら自分の物語を宝の持ち腐れになってしまう恐れが、ある事とその夢を諦めては、ならない!事をお伝えして参りました。

趣味でやりたいのであれば、話しは別ですが、本当に世界中の多くの方に、自分が、描き出した物語を伝えたいので、あるならやはり出版社に売り込む事から行動を起こすべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。