 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
イノベーション

プライベートでの趣味でお金の使い方で差が決まる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワードである「プライベート」「趣味」の二つをテーマとした事で、私はよく考える事があります。

仕事上においてもさる事ですが、(あらゆる面において結果が左右される)事や、格差と言う意味とはと言う記事で、この現実における「残酷なまでに差が開いた」と言う理由であり、原因もこのプライベートでの過ごし方で、決まる事が多いと

プライベートでの過ごし方だけで、一概に言えませんし、育った環境や積み重ねて来た実績もありますし、生まれ持った才能や体質等も絡んで来ますが、私は最終的にプライベートでの過ごし方で、決まると常々考える事や、感じる事が、多いです。

この「プライベート」と言うキーワードが、分岐点となります。

言葉を変えれば、プライベートでの趣味でお金の使い方で差が、決まると言っても過言じゃありません。

この記事でお伝えしたいのは、この記事のターゲット層は、プライベートでのお金の使い方をどぅ考えるか?その様な方をターゲットにしております。

予めご了承下さい。

鍵はプライベートの時間の過ごし方にある。

職場での与えられた仕事は、もぅ組織にいる以上定められた事であり、ましてや(自営業、フリーランス、会社経営、投資)などにおいては、自分自身の意志でやらなくてはならない事です。

仕事をする事は、生きている以上定められた義務です。当然給料や報酬を貰わなくては、なりませんからね。

大切なのはここからです。先程から何度も何度も何度もお伝えしています通り(プライベート)での過ごし方で、どれだけ結果が問われ出せるか!が問われる事となります

その理由を今からお伝えします。また今回の投稿の目的でもあります。

仕事で成果が上げられる方と上げられない方との違い。

まず真っ先に上がって来るのは、職場における(二日酔い)などによる前夜の酒の飲み過ぎによる当日欠勤です

この事は(愛酒家等による酒好き)の方にとっては、正直侮辱的発言として受け取られる可能性が極めて高いですし、彼等に対する批判的な発言として捉えられる可能性が高いです。

私は正直申し上げますと、飲むのは本当に良いと思いますし、その酒の席から人間関係や仕事等の発展によるイノベーションが、生まれる事も当然あります。

また恋愛等のきっかけも生まれます。勿論仲間内で飲み食いしながら日頃のストレス発散も大切です。

ただ私自身は体質アレルギーの為酒は飲めない上に、受け付ける事が出来ない体質ですのでそぅ言った方の気持ちは分かりませんが(–;)だからと言ってそぅ言った自分の事を棚に上げる訳ではありません。そこのところをご了承下さい。

好きな事はある程度自制すべき。

お伝えしたい事は、楽しい上に自分が酒に強いからと言って過信して適量を越えて飲み続けて、頭痛や吐き気、二日酔いになって明くる日に仕事を休む。

またはそぅ言った事が、理由による体調不良による仕事が、おろそかになる事。

これは個人的にあってはならない事です。

そのせいで職場全体に多大な迷惑をかける事に繋がります。

次にあげるのは(無理な豪遊による借金)です。または(金欠であり貯蓄ゼロ)です。

先程上げた酒もそぅですが、男性ならソープランド等の風俗通いやクラブでの遊び女性ならホスト遊び出会い系等での金の注ぎ込み。ファッション、アニメ等のBlu-Rayなどによる事で多く金銭を使う事があります

あと今の時代はなくなりつつありますが、長電話による通話料の高騰または仕事の経費による通話料の高騰しかし近年では逆にスマホの普及によりGooglePlay等の課金などの携帯代の高騰

使う事は良い事です。事実仕事等で結果を出せれば良い話です。その為に趣味を楽しみストレスを発散してリラックスしてますから。

お伝えしたいのは趣味によるお金の使い方で身を滅ぼさない事。

ただ自分の身の丈にあった生活スタイルを越えた中で、しかも金融機関でブラックになるまで使う事も聞きます。

やはりそれだけ楽しさにハマリ自分の理性が、保てなくなっている可能性が、あります。それだけの事をしなければ、リフレッシュが、出来ないと言う事になります。

最後にですが(見栄張った)ライフスタイル。

いわゆるブランディング。

これはある程度の社会的地位になれば、誰しもが(高級車に乗りたい)、(高級タワーマンションに住みたい)、(豪邸が欲しい)、(豪遊したい)、(高級ブランド品が欲しい)、(芸能人みたいな人と遊びたい)など色々と溜め込んだ欲が出て来ます。人間誰しもがそぅ言う願望は潜在的に秘めてます。

そぅ言う地位にたどり着いた時は、そぅ言う事も必要になって来る可能性も出て来ます。

事実それだけの事をしなければ、逆に稼いでないと思われてなめられる可能性も生じて来ますから。

お金の使い方はその人の心の鏡なり。

ただお伝えしたいのは、そぅ言った地位に上り詰めた時、または身の丈を知らずにそぅ言った事によって見栄を張って金銭感覚の理性を失わない事が大切です

俺は稼いでいるから金はこんだね使えるんだ!と言う理由で、足元をすくわれる事もあります。

稼いでいるからと言って逆にそれだけの危機感が、訪れる事もあります。

その辺をご理解して頂くとこちらとしても幸いです。

と言う事です。この他にも様々な理由が御座いますが、この辺で原因部は終わりにさせて頂きます。

ここからは趣味とプライベートで、結果の差がどぅすれば出るかについてお伝えして行きます。最も今回のメインであり、私が日頃感じている事です。

大切なのは自己投資をし、能力開発による向上。

まず第一に上げるべき点は、健康促進でのお金の使い方です

これは他の記事でもお伝えしている事ですので、内容については省略させて頂きます。何故上げたかと言うと、私自身の持論に過ぎませんが、結果を出すと言う事は、それだけ健康体でなければいけない!と言う事です

心身共に健康でなければ欲が沸かないと言う事です。と言う事は、プライベートでお金をかけるのは、骨格矯正やリフレクソロジー、アロマリンパドレナージュ、酵素等のサプリメント、フットマッサージャー、特殊電子療法、ストレッチ、鍼灸等で体の資本の徹底すべきです

また食生活においても好きな物を食べたいから食べたい。私もそぅですが、肝心なのは健康に適している物や、食べ物の組み合わせや食べる順番です。

次にすべき事は、習い事等による資格習得や能力開発向上です。

学生の頃は時間があり、当然習い事をしている時間もあります。故に将来の事を見据え資格習得をする方も中にはいるでしょう。特に英会話とパソコンは今の時代必要ですからね

ただ肝心なのは、社会に出てからです。やはり仕事の一貫で新たな習い事やセミナー等で、資格習得や能力開発向上を努め自己成長を怠らない事です

正直時間の関係で難しいですが、この限られた時間の中で、いかにこぅ言う自己成長投資をするかによって左右されると言っても過言じゃありません。

資格を習得すれば当然仕事上において(この人ならそれだけの仕事を任せる事が出来る)(この資格があると言う事は、この人はそれだけの仕事を任せるだけの事が証明出来る)と言う印象を与える事が出来ます

やはり望ましいのは、読書とスポーツによる健康促進です。

読書の事を上げた理由につきましては、読書をする事でもたらす恩恵とはの記事で詳しく記してますが、この場でお伝えする事は、読書をするかしないかで、人間力の差が決まる。と言う事です

一方スポーツはと言うと、社会に出てから肉体労働なら職種にもよりますが、営業や事務職、販売店員等になると中々運動する機会が減ります

また仕事の疲れでくたびれ果てますそぅなると運動する気力もなくなります

大切なのは、そぅ言う疲れに甘えず時間を作ってスポーツジムや格闘技ジムに行って運動する事で、より健康体を維持する事です

そぅする事によって若い頃の健康で頑健な体を維持する事が出来、より仕事に対する欲が沸き出て来ます

映画や旅行などで視野を広める。

これはあくまで個人的な持論に過ぎませんが、昔ある人に(映画を観る事で、人生の三分の一が変わる)と言われた事があります。

確かにその通りです。これは映画や旅行だけでなくセミナーやイベント、博覧会等に行く事で新しい刺激や発見による可能性の視野が広がります

更にその中で人との出会いによって新たなイノベーションが生まれる事もあります

肝心なのは甘さや誘惑に負けない克己心。

と言う事です。上手くお伝え出来ない面もありますが、ただ無意味に楽しく生き様とする考えの方もおりますし、その方でも仕事の結果を出せる方もおります。

ただ私としては、楽しく生きるよりも人生の先を見据えた上で、より高みを目指す過ごし方をする事が、大切だと言う事です。

悪い欲や弱さ、誘惑等に打ち勝つだけの克己心を持ち高める事が、大切です。

故に自分の立場を高め、確実な結果と稼ぎを出来るだけの人脈作りすると言うだけでも結果に左右されます。

最後になりますが、恋愛と結婚においてもお互いに成長し、支え合い、高め合い、信頼し合い、尊重出来る方と出会う事も重要です。

まとめ。

ここまでプライベートでのお金の使い方をお伝えして参りました。

人のプライベートに干渉する目的で、この記事を作成した訳では、御座いませんが、趣味や楽しみにお金を使う事も大切です。

お伝えしたい事は、過度に趣味でお金を使わず、己を高める自己投資に使う事も時には、大切だと言う事をお伝えしたかったのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。