イノベーション

新規事業を立ち上げる時こそ新たなイノベーションが誕生する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




自分独自のビジネスモデルを確立し、そのビジネスモデルが、法人と化した時軸となる事業が、展開されます。

よはその企業の母体となる事業が、確立されてその母体となるビジネスが、会社の事業内容として展開されると言う事です。

その過程において、母体と違って全く真新しい新規事業が、時に設立される時があります。

それは一体どぅ言う事なのか!?

分かりやすく言えば、全く違った事業が、始まると私は考えております

分かりやすく言えば、電子部品の会社が、エンターテイメント事業を始める事やインターネットビジネス企業が、金融事業を始めると言う事です。

この未開拓事業を始める事によって、その企業内におけるイノベーションが、誕生されそのイノベーションが、やがて新たな時代を作るイノベーターになり得る事も時には、有り得ます。

この記事では、新規事業の参入が、新たな時代の改革の可能性を生み出す事が、時にはあり得ると言う事をお伝えして参ります。

お話しを進める前に対象となる方をお伝えしないといけませんね\(_ _)。

予めご了承下さい。




新規事業を立ち上げる事はリスクが伴う。

先程冒頭でもお伝えしましたが、確かに新規事業の立ち上げによる開拓は、イノベーションを生み出す事は、お間違い御座いません。

現に新たなビジネスの立ち上げによって、企業価値が高まる事もあります。

その母体となるビジネスと上手くリンク出来れば、本業の方の事業拡大も可能になる事も時には、あります

ただお伝えしたい事は、いくらイノベーションを生み出す可能性が、あるからと言って必ずしも平坦とは言い切れません

時には、その新規事業の参入と立ち上げが、リスクを伴い場合によっては、企業が大赤字になり、倒産する事もあります

その事を踏まえて何故そぅなるのか!?その原因についてお伝えして参ります。



未開拓の分野に足を踏み入れるから。

この事は、先程冒頭でも簡単にお伝えしましたが、全く異なる事業に、参入する事になります。

私が個人的に印象深い新規事業は、SONYとMicrosoftのゲーム事業参入です

参入当時のSONYとMicrosoftにとって、完全に未開拓事業であり、成功出来る可能性が、かなり低かったと思います。

今となっては事業が成功し、ゲーム業界であり、両社にとってかなり企業価値が高まるイノベーションとなっております。



事業が失敗する恐れがある。

逆に新規事業による参入の失敗するパターンもあります

この事を話すとなると色々と説明が、長くなりそぅですので、事例だけ上げます。

強いて言うのであれば以上の理由として上がって来ます。

参入するタイミングによる。

本業と上手くマッチが出来ない事がある。

事業参入に必要な人材と資金が不足している。

準備が不十分。

何より事業計画がしっかりとしていない。

その事例を上げます。

まずGoogle Glassと言うGoogleのAR業界参入による新規事業参入の失敗したと言う話しは、巷で広がっております。

あとPanasonicのゲーム事業参入も今となっては、失敗した例として上げられます。



何より会社の赤字に繋がる恐れがある。

コングロマリットと呼ばれるグループ企業が、分かりやすい例となります。

私が住む日本の場合ですと、東急、小田急、京王、東武と言った私鉄が、分かりやすいです。

まず新型コロナの関係で、鉄道とバスと言った交通手段の利用が、減ってしまった為交通費による収入が減った事です。

これにより会社の収益が、減少した為に赤字になる恐れが、あります。

あと有名な事例ですと、セブン&アイ・ホールディングスが、そごうを売却した事です。

百貨店事業が、年々需要が落ち込むと言う理由でしょう。




新規事業を立ち上げるのに必要な事は。

さてそろそろ新規事業参入に伴いその新規事業を立ち上げるのに必要な事は、一体何なのか!?

単純に考えるなら事業投資に必要な資金と、その事業に見合った人材の獲得と確保になります。

それ以外に何が必要となるのか!?今からその事をお伝えして参ります。



自社の軸となるビジネスを見つめ直す。

まず自社の軸となるビジネスを再度見つめ直す事から取り組むべきです。

勿論全くの畑違いで、未開拓の分野に参入する事もありです。

何しろマーケティングに正解も不正解もありません。

ただ私の様な者が言うのも何ですが、自社の軸となる事業と上手くマッチが出来るかどぅかを再度見つめ直す必要が、あると言う事です。

何故なら軸となるビジネスの強化を図るとすれば、双方にメリットがないと難しく下手すれば、自社のビジネスモデルの低下に繋がりかねないからです。



事業計画をしっかりと立てる。

私個人的に重視すべき点は、事業計画をしっかりと立てて、ビジネスの土台をしっかりと確率する事です。

理由として自社のビジネスの強化と未開拓分野に参入するとなると、事業展開が世の中のマーケティング対して、確実な需要を見込めないと失敗して、新規事業が足を引っ張りかねないからです。

更に言えば、事業資金と事業に必要な人材の計画も無計画のままじゃ即座に失敗する可能性が、高いです。



M&Aで企業を買収する。

一番手っ取り早い方法は、やはりM&Aを使用して、企業を買収して新規事業による事業拡大となります。

ただいくら魅力的で企業価値が高くても自社のビジネスモデルにメリットが、ないとまず事業拡大が、失敗します。

理由として買収した企業にもそれなりの企業理念が、あります。

その理念が合わないと、傘下に入っても企業間同士で反発し合い経営が、足を引っ張る恐れがあるからです。




まとめ。

ここまで本文で、新規事業を立ち上げる時こそ新たなイノベーションが誕生する可能性が、あると言う事をお伝えして参りました。

ウェルスダイナミクスと言うのをやれば、分かりますが、自分と言う軸があり、その属性が自分にない物と組む事で、ビジネスが推進しやすくなると言う法則が、あります。

これは普通に会社員として仕事をしても同じ事です。

つまり新規事業に参入しても軸となる自社のビジネスと上手く合わないと事業が、失敗する恐れがあると言う事です。

未開拓で畑違いの事業を立ち上げるか、既存の事業を拡大するかによって、事業展開が、違って来ると言う事です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

これこそ経営者の方の最大の味方です。

率直にお伝え致します。人の為に手助けしたい為に立ち上げた法人が、その味方です。


その理由として何故この法人が、最大の味方なのか?


それは「経費削減、新規事業」のあらゆるノウハウが、お持ちの会社です。


さぁ!今すぐクリックすべきです!


これぞ経営者の方にとっての最強のマストアイテムです!

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。