イノベーション

国力が強い国。それは政治による政策がしっかりしている国。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




国力が強い国。その言葉を聞くと何となくですが、「強国」国家と言う印象を持つかと思います。

念の為にその「強国」と言う意味をお伝えしておきます。

軍事的と経済的が、双方共に強い勢力を持つ国の事を意味します。

世界中から見てその印象が、強く見受けるのは、やはりアメリカと中国が、最も強い印象を持ちます

あと個人的に「ロシア」も上げさせて頂きます。

ただ歴史上において「ナチス」時代の「ドイツ」も誰しもが認める「強国」国家の象徴的な存在として、今日まで歴史上において語り継がれております。

こぅして見ていると、いずれの国家も共通しているのは、政治の面において強くてしっかりしたリーダーが、いる事が共通しております

強国」と聞いただけで、強い力を要する国としての印象が、持たれますので、あるし「強権国家」として見られる事も有り得ます。

だからこそ「政治と経済」と言う言葉の関連性が、強く語り継がれその意味を代々伝えられております。

その政治による政策が、どれだけしっかりとしないと、国としての存在意義が、締められないのか!?その事を私自身の考えとして、この記事でお伝えして参ります。

予めご了承下さい。




国力が強い国。それは政治による政策がしっかりしている国。

この記事を作成した2020年の11月において、丁度その頃に一つ「国際政治」と「国際社会」を大きく揺るがし、その行く末を左右する(ビッグイベント)が、ありました。

もぅご存じかと思われますが、「アメリカ大統領選挙」です。

世界の「政治と経済」は、「アメリカ」が、中心と言ってもおかしくありません。

事実国連の本部の所在地もアメリカに、あります

何かこぅして見ていると、世界の中心の全ては、「アメリカ」によって委ねられている印象が、強く伝わって来ますね。

もぅアメリカの大統領の行動と判断の一つで、世界の運命その物が、決まってしまうと言う位に

その背景にあるのが、ある経済指数の発表です。

それは雇用統計とGDPの発表です。

よは何を伝えたいのか?と仰いますと(労働者の人口)が、どれだけ多く、それに伴う経済の力と成長力が、どれだけ明確に示し伝わっているか?です

それにはやはり「政治」による政策が、絶対的な鍵として必要不可欠となります。

その一つのモデルとして上げるなら「北欧」です。

元々高緯度地域に位置する国だけあって、冬場は非常に寒く、日照時間も短いです。

ただその一方で、夏場の日照時間は、逆に長いです。夜でも昼間同様の明るさです。

そんな「北欧」地域ですが、何故ここで政策が、しっかりしているのか!?何故ここでその話しを持って来たのか!?その理由ですよね?

北欧の政策がしっかりしている理由とは。

まずとにかく(税金)は、高く取ります。聞いた話しですと大体30%位は、取られると聞きます

おいおいちょっと待てよ✋何でそこまでしてそんなに(税金)を高く取るんだよ(`Δ´)って思いますよね?

それはゆとり教育の背景に自立心を育てる目的があるからです。

そぅ。ゆとり教育その言葉の裏には、自立心を育てると言う真の目的が、存在しております

更にその意味を推し進めるなら国際社会で、活躍出来る人材の育成も兼ねて目的としております

つまりそれだけ(多額の税金)を払う目的は、そぅ言った「自立心」を育てる目的による政策が、あるからだと思います。

言葉を変えれば、教育に絶大な力を入れている。と言う事です。

強国」の意味とは、全くかけ離れますが、「国際社会で、活躍出来る人材の育成の事を考えたら北欧政治による政策も非常に立派で力強い政治の模範と示せると思います




その一方で政治不信とも隣り合わせとなる事も。

これも「アメリカ大統領選挙」の事を例えとして、上げさせて頂きます。

アメリカ」の場合ですと、(民主党と共和党)と言う二大政党で、存在しております。

2020年の「大統領選挙」の報道を見て分かったかと思いますが、二大政党の支持者の様子を見ていると、「政治不信」さがよく伝わって来ます。

何故なら(支持団体)が、どちらの政党に着くか?それによって、「政治不信」さが、伝わって来ると思います。

ただこの事は、正直批判や炎上になりかねませんので、多くは語れませんが、あえて言うなら(経済政策)によって、国民の暮らしが本当に豊かになったのか?それだけをお伝えしておきます。

けれど政治が歴史を大きく動かす事もある。

最も印象的なのが、「第二次世界大戦」ですね。勝利を治めた連合国側においては、勝者として君臨する事となりますが、一方で「米ソ冷戦」状態になる事態に発展する事となったのは、当時誰しもが、予想もしなかった事だと思います。

一方の敗者となった枢軸国側となった国においては、日本の立場して見れば、戦争に負けた敗者となりました。

戦争によって焼け野はらとなった国を立て直す事が、当面の急務でしたが、結果当時の「政治」の政策によって、今の日本がそれを示している通り、焼け野はらの頃とは見違える位の国にまで、発展しました。

私個人的には、何とか神話と言う話しをちょくちょく耳にしますが、その神話こそが、歴史を大きく動かした政治の例えとして上げたいです

政治の政策による決断は、時に歴史を大きく牽引する時もある。

その言葉の意味を記すならこぅ言う事になります

遠く太古の大昔から語り継がれる数多くの歴史。その歴史を作り上げた数多の元号と時代の名。それは一つの時代と歴史が終わり、やがて新たな時代が、誕生する。

そぅ。歴史は常に終わりと始まりの連鎖から生まれる。その一つの象徴とも言えるのが、「政治」と言う多くの歴史と時代を作り上げて来た存在である。

だからこそ国力が、強大であり絶大な大国は、一つの時代と歴史に、区切りをつけて新たなイノベーションによって、成長し続けたのである

国力が強いのは政治力と経済がしっかりしているから。

まさにその通りだと思います。「強国」国家の国は、勿論の事先程の話しに巻き戻しますと、「北欧」の政策も国力が、強い良い見本だと思います。

その理由と根拠ですが、(税金)を多額に取る理由の一つとして、ゆとり教育を上げましたが、その本質の一つとして、「自立心」を養う事になります。

だがその一方で、彼等の本当の目的は、ここにあります!

それは実社会で活躍出来る人材の育成である!

そぅ。ゆとり教育による自立心の本当の目的は、実社会つまり国際社会で、活躍出来る人材の育成こそそのゆとり教育の背景となります

つまり「政治と経済」が、共に強くしっかりとした国力が備えている国の強みは、こぅした「実社会」に通用する為の教育制度が、徹底しているからです。

その証拠に「アメリカ」に至っては、学生の段階で「起業家」が、続々と誕生している事が、何よりの証拠です。

この記事でお伝えしたい「政治」の役割は、「実社会」に通用し、高い能力を発揮する人の教育の必要性と言う事です。

その中で、新たな時代と歴史を作り上げる次世代のイノベーターによるリーダーを生み育てる為に

やがてその者達が、新たな時代と歴史を作り上げる事となる。その重大な役割を担うのが、「政治」なのである。




まとめ。

ここまで本文で、国力が強い国。それは政治による政策がしっかりしている国であると言う事をお伝えして参りました。

世界情勢を見ていれば分かりますが、やはり国力が強くしっかりとしている国は、それだけ政治がしっかりとしているのが、よく分かります。

故に政治が強い国は、経済政策もしっかりとしていると言うのも強く伝わって来ます。

結論をまとめますと、強国と呼ばれる国は、それだけ政治力が、揺るがない位しっかりとしていると言う事です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。