 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
投資金融

生きている以上お金の使い方を学ぶ事が必要。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この事は、正直言って生きている以上誰しもが、避けて通れない道であり、あるし「人生においての宿命」でもあります。

お金は、本当に一生付きまといます。生きる以上「絶対的なマストアイテム」となりますからね。食費代やら何かやら。

今回この記事を書く事にした理由は、また別にあります。一つの理由として上げるなら2020年初頭に起きた「新型コロナウイルス」の一件です。

このコロナウイルスの件で、世界中の経済活動が停滞した事学級閉鎖による自宅自習企業休業等の在宅勤務更に日本国内問わず各企業の収入の大幅減収

これ等の事が相対的に反映されて、日経平均株価を始めとする世界株式市場の大幅下落と言う事態に陥りました。

その結果上場企業の資金巡りが、機能せず企業の事業資金等が滞り、結果として、本来の企業の機能が上手く回らず、収益減退悪化に繋がりました。

その上において、大規模なイベント中止や、外出の自粛も余儀なくされ、お金の循環が、機能出来ない状態に陥りました。

もっと言ってしまえば、企業倒産や派遣切りも現実に起きており、中小企業においても国からの融資のお願いもする事も現実に起きております

新型コロナウイルス問わず、過去の様々な大きな出来事の時も同じ様な事態が原因で、金融危機が、起きているのも事実です。

日経平均株価を始め世界中の株価が、大幅下落が続くと、国と企業の収益減収となり、結果として国の財政悪化に繋がり、最悪年金がないに等しくなります。

そろそろ対象の方をお伝えしたいと思います。

予めご了承下さい。

生きている以上お金の使い方を学ぶ事が必要。

先程冒頭でもお伝えしましたが、お金と言うのは、生きている間において、どぅしても一生涯付きまとう物です。

それと同時に、お金と上手く付き合って行かなくては、なりません。

お金は人生のマストアイテムなり!

本当にいつ何が起きるか予測出来ないのが、我々が住む現実社会の掟であり、自然の摂理ですからね。国が支援を行っても一時的な絆創膏(ばんそうこう)に過ぎません。

ましてや日雇いアルバイトパート社員等においても、時給や日給月給制度の方で、企業活動停止となると、正直言って不安とストレスが、一行に溜まるだけです。

つまりこぅ言う事態を予測して、日頃から危機に備えて、お金の使い方を学ぶ事が必要となります。

特にと言っては何ですが・・・・・将来の老後ですね。年金があてに出来ない時代になりつつありますからね

VIX指数が投資の判断基準として使える。

詳しくと言うより、経済的心理を知る為に、見るべき指数となる「VIX指数」が、40(危険推移指数)を越えた時の事を考えたら。

この指数が、40を越えたら投資するのに、危険推移となるからです。先程の話しに戻すと、企業の資金巡りが、悪くなり滞るからです。

従いまして今後資産運用をするならこのVIX指数を必ず見る習慣を付けて下さい。

人生はお金と隣り合わせだから。

どの様な状況でも(お金)とは、どぅしても隣り合わせとなります。

先程のコロナウイルスの件を例えると、企業や店舗活動が、休止になってもその間の家賃と光熱費は、どぅしても支払わなければ、なりません

もっと厳密言うと、(休職中あるいは求職中)の身であっても、その間の「生活費」は、支払わなくてはなりません。

こぅ考えると、お金とはどぅしても本当に、腐れ縁と言っていいくらい「隣合わせ」となります。言ってしまえば、お金は最低限必要となるからです。

お金に対する知識が必要。

資本主義国家だと、子供の頃からお金の事を学んでいると思いますが、日本だと今は分かりませんが、私が子供であり学生の頃は、学ぶ機会はなかったです。

むしろ社会に出てから始めて学ぶ機会に、出会えたのかなって感じてます。

鍵は計画的なお金の使い方です。

何でお金の事を学ぶ必要が、あるのかって?言葉を変えれば、見出しの通り「お金の知識が必要」と言う理由です。

一番はやはり(自分自身の為)ですね。結論から言って「自分の生活」をして行く為となります。

限られた収入の中で、どぅやって一ヶ月を過ごして行くのか?その上において、どぅやって自分のライフプランを組んで行くのか?

自分のライフプランの為に。

具体的に言うと、最低限の「家賃、光熱費、食費代」等の生活費による支出は、避けられません。

その余ったお金で、どぅやってこの先年金が、信頼出来なく時代を訪れた時に向けて、自分のライフプランを立案しなければ、ならない時となります。

まとめ。

ここまでお金の使い方についてお伝えして参りました。

改めまして本文でもお伝えしましたが、我々人間が、生きている間であり、生きている以上お金と一生涯上手くお付き合いして行かなくては、なりません。

その理由につきましては、様々な理由が、上がって来ますが、一言で言えば、生きて行くにおいての生活と言う事になります。

つまり自分が、どぅ言うライフプランを描いているか!によって、お金の使い方を学ぶべきと言う事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。