イノベーション

TOBとは何なのか?それは株式投資で絶対覚えるべき用語です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




日頃から新聞を読みNetNewsを閲覧する方なら恐らくこの記事のテーマである「TOB」の事は、何かしらの理由で、名前だけなら聞いた事が、ある可能性が、あります。

最もこの記事の作成をするきっかけは、2021年10月末から11月初旬現在SBIホールディングスの新生銀行の「TOB」が、きっかけです。

因みにこの記事でお伝えする目的をお伝え致します。

と言う目的でこの記事を作成させて頂きます。

まぁ「TOB」は、普段日常会話じゃまず出て来ない言葉ですからね。かなり専門的な用語ですからね。

そんな「TOB」ですが、今からその「TOB」が、どぅ言う事を意味しているのか!と言う事をお伝え致します。

その前に対象となる方をお伝えしないといけませんね\(_ _)。

予めご了承下さい。




TOBとは何なのか?それは株式投資で絶対覚えるべき用語です。

そもそもこの記事のテーマである「TOB」とは一体どぅ言う意味を示し、どぅ言う事なのか?って思いますよね。

日本経済新聞、ロイター、ブルームバーグ、フィスコと言った金融経済に特化した情報媒体を日頃からご覧になられている方にとっては、馴染み深い言葉になります。

何故なら先程のSBIホールディングスの話しに戻しますと、新生銀行の株の数%を購入すると言う話しが、大々的に進められてます。

ただその一方で、株式購入の防衛策も行っております。

そもそもTOBって何?

さてその「TOB」って何なの?って思いますよね。

TOB」。「TACK OVER BID」のそれぞれの頭文字の略式名称であり、日本語に略すと(株式公開買い付け)の事を意味します。

株式を公開して買い付けると言う事になりますね。この「TOB」って。

けどこぅ言うケースだと企業に出資とは、また違いますね。

その「TOB」の目的と内容をお伝え致します。

と言う最低限の目的が、あります。

要するに株価が、安値の時に買い付けた方が、返って企業買収による子会社化をした方が、断然有利に運べると言う事ですね。

TOBは果たしてメリットがあるのか?

これは正直言って何とも言えませんね。

TOB」となって来ると、買う側と買われる側との双方のメリットが、発生しないと無意味に終わる事が、生じて来ますので、メリットが、あるかないかは、微妙な所です。

何故そぅなのか?そもそも「TOB」は、基本的に友好的と敵対的の二種類による二者択一的に、行われるのが、基本的な相場です。

友好的であるなら事は、上手く運べますが、敵対的となって来るとかなり強引なやり方による「TOB」となって来ますので、相手側による「買収防衛策」による手段を取って来る事もあります。

もし「TOB」で、成功したいなら友好的な信頼関係を構築する事から始めるべきです。




株式公開買い付けで買収は決まるのか?

これ正直決まるか決まらないかは、微妙であり難しいです。

確かに企業間によるM&Aも盛んに行われます。

現に、映画会社で知られる20世紀FOXが、現在は、ウォルト・ディズニー傘下になってます。

youtubeもいつの間にかgoogleの子会社となっております。

他にも様々な例が、あります。

強いて言うならNTTが、NTTdocomoを完全子会社化した事です。

ただ「TOB」で、クリーンに決まれば円満的にM&Aによる企業買収が、決まりますが、逆に難航が、続くとかなりややこしくなります。

決まるか決まらないかは、結論としては、やはり双方の信頼関係が、確率された時となるでしょう。

決まればM&Aによる企業買収成立。

これは間違いなく断言出来ます。

ただ(–;)これ正直申し上げますと、デメリットも存在しております。

光ある所に影ありしと言う言葉が、それを示す様に、「TOB」によるM&A成立を果たしても課題は、残ります。

それは会社の経営権が奪われる事です。

まさにこれが、仰る事となります。

子会社であり親会社の傘下に入る。

と言う事は、これまで培って来た経営のノウハウが、親会社によって経営権が、奪われる恐れが、生じて来るからです。

言葉を変えれば、買収前の時よりも事業が、縮小する事も有り得るからです

時と場合によっては、完全吸収合併になる事も出て来ますので、「TOB」によるM&Aが、成立したからと言って、必ずしも良いとは限りません。

逆に上手く行けば事業規模拡大も。

逆に軸となる既存の事業を拡大出来る期待感も生じて来ます。

いや(–;)むしろ新規事業の立ち上げ計画も有り得ます。

それは子会社、合併した企業からのノウハウにより、新たなイノベーションが、生まれる事も有り得るからです

なので「TOB」による株式公開買い付けは、時と場合によっては、新たなイノベーションの誕生の期待感が、生じて来ます。




まとめ。

ここまで「TOB」の事をお伝えして来ました。

確かにこぅして見ると「TOB」が、全てじゃありませんが、ビジネスシーンの一部が、見えて来ます。

企業を育て上げ、やがて巨大企業となる一つの要素が、「TOB」による企業買収と言う事ですね。

やはり株式投資こそ投資の醍醐味と言うのが、改めて伝わって来ます



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。