 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
ビジネス

コンテンツメディアの鍵はキーワードが全て。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私の様な者が言うのも何ですが、SEOによる検索こそが、コンテンツメディアのアクセスが、左右されます

そもそも私が、SEOと言う用語を知ったのは、この日本白井新聞を立ち上げてからですので、2019頃丁度立ち上げと作成をしていた時期となります

なので、それ以前の頃は、正直キーワードと言う言葉すら意識した事が、なかったんです!!( ; ロ)゚ ゚。

検索エンジンの事については、学生時代の頃から知ってはいました。

SEOの事を知らない方もいるかと思いますので、念の為お伝えしておきます。

SEOとは?googleを始めとする検索エンジンの事です。

その検索エンジンに、探し求めている「言葉=キーワード」を入力した後に、検索のアイコンをクリックします。

もぅ日頃から「googleやyahoo」を使っているなら分かると思いますが、そのキーワードに該当するサイトが、出て来ます。

例えば(世界史)を検索すると、世界史に該当するサイトの一覧が、出て来ます

とこの様に、キーワードを入力し、検索する事によって該当するサイトが出て来ます。

このキーワードが、どれだけ重要なのか!その事をお伝えしたいと思います。

予めご了承下さい。

コンテンツメディアの鍵はキーワードが全て。

コンテンツを作る際に、必ず必要となって来る事が、御座います。誰が何を言おうと私はこの二つこそが、土台として必要となって来ると思います。

となります。これはコンテンツを問わず形在りし物を作る際に、必ず必要になります。そもそもテーマが、ないとまずコンテンツを作れませんからね。

何でキーワードが必要なのか?

ただ何故キーワードが、必要になって来るか?ですよね(–;)

これは私の個人的な意見にしか過ぎませんが、今の時代インターネットが、主流であり、メインストリームの社会です。

SNSやyoutubeと言った動画配信による展開も当たり前の時代となって来ております。

その数多で無数に広がるインターネットの世界で、ありとあらゆるコンテンツを探し出すには、そのテーマに基づいた「キーワード」を設定しなければ、なりません。

キーワードがないとSEOに認証されない!

いくら優れたコンテンツを作り出してもテーマに沿った「キーワード」を設定しておかないと、正直インターネットの海深くに眠ったままの状態である為、コンテンツの存在自体「生き死に」状態となります。

私の場合ですと、この日本白井新聞がその事を示しております通り、ブログメディアとなります。

タイトルと見出しの部分に、キーワード土台として設定した上で、より魅力的で強調的なタイトルと説明を作らなければ、なりませんし、常に心掛けないとならない立場です

そのキーワード検索とは。

コンテンツメディアの場合ですと、どぅしてもキーワード検索が、相当重要視さています。

簡単に言えば、googleやyahooの検索エンジンで、探す事を意味します

具体的に言うと第三者が、どの様な事を探し、皆様一人一人が、探したいや求めている事を「キーワード」にして、検索する事を「キーワード検索」です。

これはyoutube等動画においても適応されております

その理由はユーザーが何を探し求めているのか!?です。

我々第三者が、どぅ言った事を探しだしたいのか!?それを検索欄の項目に、そのキーワードを入力してから検索をします。

するとその内容に該当したサイトの一覧が、出て来ます。

それが上位で検索されると、googleとかに好評価されていると聞きます

上手くは伝えられませんでしたが、何を求め何を探し出したいのか!?それは皆様が求めている事を探しだすと言う事です。

それこそが、キーワード検索だと思います。その探し求めた先に、きっと希望の光が、見えて来ます。

私自身が使用しているキーワードツールです。

この事は、友人から(マナブログ)の事を教えてもらった事が、きっかけで知った事であり、そのマナブ氏が使用しているツールとしても紹介されております

今は「ラッコキーワード」と言う名前として存在しておりますが、かつては「リィレェテッドキーワード」としての命名として知られておりました。

キーワード検索をし、googleサジェストによるそのキーワードが、googleでよく使われているキーワードの一覧が、出て来ます

更にそのサジェストをコピーし、キーワードプランナーに貼り付けた上で、キーワードの検索の事を調べられます。

まとめ。

ここまで本文で、コンテンツメディアの鍵は、キーワード検索こそ全てだと言う事をお伝えして参りました。

今やgoogleと言った検索エンジンによる利用方法が、当たり前の時代となっております。

と言う事は、googleのSEOの仕組みをよく知り、理解する事が、コンテンツメディアでの成功の鍵を握ると言う事になります。

このラッコキーワードとキーワードプランナーを使用し使いこなせれば、きっとコンテンツメディアの道を切り開けます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。