 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
健康

正直言って膝痛もかなり激しく痛いですからね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この見出しの二つの写真と解説の様に膝がズキズキする程膝を痛めたご経験されている方は、間違いなく確実にいらっしゃいます。

分かりやすく言うと、膝痛はかなり激しく痛い(>_<)と言う事になります。

このイラストと同様私もかつて成長痛による痛みだけでなく左膝を痛めた過去があります

当時もそぅですが、今振り返ると本当にあの時の膝の痛みであり、あの頃の左膝の激痛は痛くて耐えられなかったですね( ;∀;)。

私の場合、膝を痛めた事の原因は、先程もお伝えした通り成長痛と身体を酷使した事が原因です。

もっと言えば骨盤の歪みも一つの原因と考えてます。何しろ成長痛の時期に関しては、当時一年で身長が12cm伸びましたからね。

一方の身体の酷使に関しては、自分の身体の限界を超えてまでのオーバーワークですね。

今回は過去に一度でも「膝痛を体験した方」の為に、私自身が対策として考えた膝痛のケア方法をお伝え致します

またそれをキーワードとテーマにし、記事の作成目的もお伝えして参ります。

と言う方を主に対象とした理由で、この記事の作成を決めました。

予めご了承下さい。

正直言って膝痛もかなり激しく痛いですからね。

このイラストを例にして解説をすると次の通りになります。

上記のイラストと4つの原因と考えられる項目が、該当するかの様に、膝の痛みの原因を象徴しております。

まず一般的に考えられる原因は、年齢を重なるにつれ、膝の軟骨成分が減る事によって膝の痛みが生じる様になります。

特に40歳以上の女性が多くなりやすいと聞きます。

そぅよく膝の痛みに回復によるサプリメントや薬のCMで、それをあたかの様に伝えてます。

膝の軟骨成分は、加齢と共にすり減やすくなります。やがて軟骨がすり減るにつれて複数の症状が発生しやすい病状が変形性膝関節症」と言う症状です。

膝の痛みの原因とは?

原因として考えられるのは、幼少時からおける日常生活から来る事が、原因にあると私は見てます。

その日常生活において必ずと言っていいくらい避けて通れぬのが、(立つ、座る、歩く、しゃがむ)等と言った基本動作です。

この動作において繰り返して重い負担がかかって来ると次第に「関節軟骨や半月板が次第にすり減って変性が進みますその過程で、すり減った軟骨のかけらが関節液に混じり、関節包の内側にある滑膜を刺激しますすると、滑膜に炎症が起こり、痛みを生じますこれが変形性膝関節症です」。

こぅなって来るとO脚になる可能性もあります。

膝の痛みの原因は、昔からの生活習慣にあり。

恐らく私もこの事が、原因だと自分自身で分析しております。

実際「膝の皿が変形し始めてる」と言われた過去が御座います。

今こぅして記事を作成していて、当時「膝の皿が変形し始めてる」を言われた時の事を振り替えると、ショックでしたね( ̄▽ ̄;)。

辛かったですね(;_;)。

けどそれだけ酷使した訳ですからその代償は、かなり大きいです。

膝の治療法とは。

このイラストだと整体による治療を例えてます。

そぅ。膝の痛みの改善策としては、一番確実な治療方法は早期治療です。膝が痛くなり始めたら即医者に行く事です。

私もかつて膝痛になった時は、藁を掴む思いで、即座に医者に行きました。

今思えば、地獄の苦しみでした。

治療なら整形外科でレントゲン写真を取る事を前提に。

整形外科だと最低こぅ言う治療が、必要になります。

そぅ。整形外科に行く事が個人的に一番お勧めの治療法です。

勿論接骨院、整骨院、整体院、鍼灸院でも可能ですが。

整形外科だとレントゲンを取ってから治療する外科も存在するからです

もし整形外科で治療をするなら必ずレントゲンを取る事をお勧め致します

その上で、治療の経過次第では、ヒアルロン酸の注射を射つ事で軟骨のすり減りを軽減する治療も取り入れる事です。

後にリハビリ訓練による方法も整形外科にはあります。

膝痛の予防として日常生活で運動を取り入れる事。

整形外科、整骨院、接骨院、整体院、鍼灸院による治療だけでなく、日常生活上においても下半身の筋肉トレーニング、優酸素運動を時間を見つけて行う事を心がけて下さい

特に意識して頂きたいのが、風呂上がりにおいて、必ずストレッチをやる習慣をつけて下さい

その上においてストレッチ特に肩甲骨と股関節で血液や酸素の促進を高める事も大事です。同時進行で体重を減らす事です。

やはり最大の要は私生活の改善なり。

まさに仰る通りです。一番最大取り組まなくては、ならない事は、やはり私生活を見直し改善する事が、肝心です。

なぜなら膝痛になる原因の一つとして、日常生活のサイクルに、ある事が、考えられます。

膝痛になりやすい要因として、やはり肥満体型の方特有の体重の重さによる膝への負担が、一つの原因として考えられます。

やはりそぅ考えると日頃の食生活を絡めた私生活の改善です。

結局最後は、食生活から来ると言う事になります。

この記事では変形性膝関節症を主に取り上げました。

まとめ。

ここまで本文で、膝痛の激しい痛みについてお伝えして来ました。

私を含め一度でも膝痛をご経験された方なら分かりますが、膝の治療は、腰等による股関節周りからも関わって来ます。

従いまして、やはり予防として股関節周りのストレッチで、股関節を柔らかくする事が、得策です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。