 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
世界情勢、世界的危機

投資をするに当たって必ず地政学のリスクは避けて通れない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイトルである「投資をするに当たって必ず地政学のリスクは避けて通れない!」は、正直申し上げますと、私個人的には、特にFXに関わる外国為替になって来ると、この記事のテーマである地政学のリスクは、避けて通れない事です。

これは外国為替に関わる株式投資にも同じ事が、言えます。

何で投資をするに当たって地政学によるリスクが、重要であり関わって来るの?って思いませんか(-ω- ?)?

よくあるパターンであるならこの記事を作成した2021年12月の初旬頃に報じられた(オミクロン株)によるウイルスの感染です。

あれで株価が、暴落したのは、有名な話しです。

詳しいお話しにつきましては、後程お伝え致します。

その前にこの記事を作成した目的と対象となる方をお伝え致します。

まずは記事を作成した目的です。

続きまして対象となる方をお伝え致します。

または投資にご興味が、ある方も兼ねてより対象とさせて頂きます。

予めご了承下さい。

投資をするに当たって必ず地政学のリスクは避けて通れない!

さて。どぅして地政学的リスクが、投資に大きく影響を及ぼしているか!?ですよね。

これまでの世界情勢であり、国際政治的動向を見ていても本当に様々な事件と出来事で、振り回され、その都度株価の暴落、為替の大変動が、起きました

地政学の事につきましては、この後別の項目で、お伝えさせて頂きます。

この長きに渡り作り上げられて来た歴史において、様々な事件が、必ず起きます。

その一つの事件によって、時には、新たな変革も起きました。

分かりづらい例えとなりましたが、これが地政学のリスクとなります

どぅ言う地政学のリスクが、あるのか?その事を簡易的にお伝え致します。

最低でもこれだけ出て来ます。

それだけ地政学のリスクは、かなりマーケットに大きく影響を与えると言う事です。

そもそも地政学って何?

まぁ。そぅですね(–;)。

そもそも地政学の事をお伝えしないと話しの意図であり、内容が、見えて来ませんね(´□`; 三 ;´□`)

地理学と政治学を足してそれぞれの頭文字を合わせた略式名称の事です

その地理学と政治学のリスクが、起きる事を地政学のリスクと言います

政治においては、その国の政治的動向と情勢になりますが、地理的となって来ると、最低でもこれだけは、上がって来ます。

簡単で分かりやすく言うと、この二つとなります。

これは日頃からニュースをご覧になられると、分かって来ます

どぅ言う事が、地理的リスクと言うのが。

何故地政学のリスクは起きるの?

先程地政学のリスクの事で、その地政学の事をお伝えして来ました。

その地政学的な出来事で起きる原因こそが、地政学のリスクが、起きる原因となります

改めてその地政学のリスクの事をお伝えしますと、社会的な地理による出来事で、起きる原因によるリスクと、政治的な動向で、起きるリスクが、この地政学から起こりうるリスクの原因と言われております

地理的な原因で多いのは、ウイルスと言った感染リスクによって経済活動の停滞が、景気の先行きの後退による嫌気となり、株価が売られる要因となります。

政治的なリスクとしては、やはり中東地域でよく報じられているテロと紛争によるリスクとなります。

戦争となって来ると、その国の産業の破壊活動になりますからね。

それじゃ市場も嫌気が、さすでしょ( ´-ω-)

地政学のリスクに対処する方法とは。

これは正直申し上げますと、予期せぬイレギュラー的に起こりますので、日頃から対処しろ!って言われても困難極まりないです。

対処法と言ってもねぇ(´-ω-`)。

それは一つの災害やトラブルを教訓に、その対策法を練り出す事が、地道な対策法と言えます。

ただその中で、新たな出来事によって、それに伴う新たな地政学のリスクが、生まれる事も確実となります

なので、どのやり方で地政学リスクの対策法なのか!?は、正直申し上げますと、予期せぬ事態を想定して日頃から対処する事が、大事です。

地政学の対処は難しい。

一番分かりやすいのは、やはり自然災害によるリスクです

私が個人的に印象的なのは、次の通りになります。

この他にも多数御座いますが、これ正直申し上げますと、日頃から対策しても極めて難しい事です。

東日本大震災の例で言いますと、甚大な津波による被害によって、津波の防止として、強い堤防を作った事で、津波対策を施した事は、有名な話しです。

こぅして一つの教訓によって、地政学リスクの対策が、生まれるのです

その地政学は戦国時代に例えると分かりやすい。

これは戦国時代だけに止まらず、世界大戦と言った戦争全般に例えてもおかしくありません

戦乱の世となると、どぅしても核兵器の投下によって、辺り一面が、焼け野はらとなります。

これによって、長年積み重ね築き上げ来た産業が、一瞬にして崩壊します。

するとどぅなりますか?その滅びた文明によって経済活動が、完全に崩壊となり、結果として景気が完全にどん底に落ちます。

戦国時代の世でも同じです。その武将の国が、敗れると一国が、滅びます。

するとどぅなりますか?世界経済のダメージが、とてつもなく大きくなります。

そぅ言ぅ考えで例えると地政学リスクが、分かりやすくなります。

まとめ。

ここまで地政学のリスクの事をお伝えして来ました。

常に国際社会で何かが、起こる社会情勢。

その社会情勢の中において、必ず起こりうる数多くの出来事こそが、地政学の正体であり核となります

その過程において、予期せぬイレギュラーに備えて常日頃から地政学のリスクの対策法を考える事が、大切だと言う事です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。