 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
健康

眼マッサージ方法とは?また目は温めるかべきか?冷やすべきか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目のマッサージの方法とは何なのか。その目を温めるべきなのか?または目を冷やすべきなのか?

目の疲れは、まさに眼精疲労となります。

この記事では、眼の疲れの名称である「眼精疲労」を主なテーマとします。その上において今回の対象者とそのお伝えする目的も兼ねてお伝え致します。

と言う様に、最低限これ等の方って正直目が疲れているのは事実です。そぅなると「眼精疲労」になりがちとなりますね。

故にこれ等の方々を対象とさせて頂きます。

予めご了承下さい。

眼鏡を使用せず裸眼に。

この下のイラストの通り、現在は完全とまでは回復してませんが、私自身現在は裸眼です。

勿論コンタクトレンズも使用してません。ただ日常生活上眼を酷使する事は、多いので気を付けてます

小学生の頃そぅ言った眼の病気を患い(正直眼が治らないとまで言われました)。勿論当時は、眼鏡も着用してました

ファミコンのやり過ぎによる事で目を酷使する。

今思えば正直小学校当時眼鏡の着用はしたくありませんでした。けどそぅせざえませんでした。理由はファミコンのやり過ぎです(;つД`)。

だからゲームボーイも出来ませんでした( o´ェ`o)。かなり近い距離で眼を使いますからね。

と言う様に幸い現在は、裸眼でも大丈夫です。

しかし!今のこのご時世「目の酷使」は、避けて通れない時代です。

故に視力の低下は、とても著しい時代です。

従って治ったからと言って視力の低下の油断は、出来ません。

最先端のテクノロジーにより眼の酷使が増えている。

とまぁ私の事は前置きにして、テレビが本格的に家庭に一台の頃からですかね?多くの方が眼を使う機会が増えました。

それに伴いファミコンやパソコンが復旧し、やがて携帯ゲーム機の開発、ゲーム機の多様化、更にパソコンや携帯電話の急速な進化の早さ、テレビの高画質やそれに伴う演出。

確かに文明の進化は本当に早く凄いです。この革新は真面目に人々が求めた事だと思います。

ただその一方で、かつて第二次世界対戦後の日本の高度経済成長期における文明の改革時によって自然災害における病気があった様に、このテレビやパソコン等の映像面の進化も「眼の酷使」も避けられなくなりました。

実際4Kテレビやパソコンの液晶ディスプレイがそれを示してますからね。

更に車やバイク等の乗り物の運転や操縦時における眼の疲労もあります。

ただそれに伴う眼の医学の進化も著しく、日帰り白内障治療の眼科も存在します。

やはり時代と共に医学の進化の早さも著しいですね。

さてそろそろ本題と行きます。

眼の疲れによる眼精疲労とは何なのか?

このイラストの説明の通り、現代社会では避けて通れない眼の疲れそれに伴う視力の低下。更に「遠視、乱視、近視」などと言った眼の病気。やがて眼鏡使用

その言葉の通り眼の作業(視作業)の酷使による眼の疲労の名称です。

これが悪化し更に酷使すると視力の低下は勿論(眼痛、眼のかすみ、まぶしさ、充血)などの症状は勿論の事、(頭痛、肩凝り、吐き気、視力の低下、めまい、胃の不快感、遠視、乱視、白内障、緑内障)等に繋がります。必要以上に眼の休養しても最悪眼鏡着用しても(回復すら困難)になります

ましてや現代社会環境においては、尚更です。

目の酷使が主な原因?

原因はやはりイラストの説明の通り(眼の酷使時における無理な眼作業)です。勿論これだけではありません。

眼鏡やコンタクトを着用しても決して予防や回復したとは言い切れません

その眼鏡やコンタクトレンズが、合わない場合でも起きます。私自身も過去に定期的に通院してましたし、回復に伴ってレンズの交換もしてました

回復してくればそれに合うレンズにしなければ、結局また眼の疲労に繋がります。その他にもストレスが大きく取り上げられてます。

今の社会このストレスも避けて通れない物です。このストレスが原因で、体の疲れに伴い自律神経の低下における(体の機能の低下)が起きます

ストレスも眼精疲労の原因?

そぅ考えられます。ストレスによる眼の機能の低下も例外ではありません。この時において眼作業の酷使をしたら尚更眼精疲労に繋がります。

そろそろ対策法と記事のテーマにおける眼のマッサージ法と眼を温めるか?冷やすか?ですね。

つまり眼は冷やすべきか?暖めるべきか?

まず上げる事は、この眼精疲労時に(読書、ゲーム、テレビ、パソコン、携帯電話、運転)を避け眼の回復を徹底的に行う事です。

実際イチロー元選手が、選手時代グラウンドを離れると眼の回復を心掛けてましたからね。恐らく引退した今でも心掛けていると思います?

次に栄養のバランスを取り、ストレスを溜めない事や十分な入浴、ストレッチや休養です。

更に眼のツボを押さえそれによるマッサージも必要です。また夜更かしも避けるべきです。

あと眼は温めるべきか?冷やすべきか?と言われたら?ですよね。

これは意見が分かれます。温める方が良いと言う方もいれば、冷ました方が良いと言う方もおります。

答えはどちらも正解です。その時の眼の疲れや状況においてどちらが適切か?によります。

結論で言えば、ドライアイから来るショボショボ、疲れ眼から来る頭痛や肩凝りは、温める方が効果的です。

一方眼の充血や疲れ眼の場合は、冷やす方が効果的です。

いかに自分の眼の状態を把握した上で、正しい方法で眼のケアを心掛けるかで、眼のマッサージ方に繋がります。

まとめ。

ここまで目を冷やすべきなのか?目を温めるべきなのか?をお伝えして来ました。

答えはどちらも正解と言う事に、なります。

結局冷やし過ぎず温め過ぎずと言う事に、なります。

私からお伝え出来る事は、やはり風呂上がりに体全体のストレッチを行う事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。