世界情勢、世界的危機

環境問題についてできること。それは我々一人一人が取り組む事。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




来る2020年7月1日からレジ袋の有料化が、実施された事は、もぅ皆様にとっては、記憶に新しい事だと思います

ただそれ以前から実施されてた所も存在します。私が知る限りだと「オリジン弁当、マツキヨ、ぱぱす」です。

この3つの店舗に関して言えば、2020年7月1日以前からレジ袋の有料化は、実施しておりました

確かに仰る通り環境問題は、長年の最重要課題の一つとして、取り上げられてます

大気汚染、オゾン層の破壊、地球温暖化、海水の汚れ、酸性雨」等様々な問題が、今現在も深刻な問題として課題となってます。

そのレジ袋の有料化のきっかけは、海にレジ袋が捨てられてて、魚がそれを食べてしまうと、(人体に影響を及ぼす)からだとの事です。

何か昔の水俣病と一緒ですね

魚のプランクトンによって、悪影響を及ぼした事は、歴史上有名な話しですからね。

そぅ言った環境問題を今世界中の一人一人が、協力して、取り組んでおります。

全員が全員そぅとは限りませんが、少なくとも「レジ袋有料化」の取り組みの事を考えると、その意思の現れが、出ております。

予めご了承下さい。




環境問題についてできること。それは我々一人一人が取り組む事。

先程冒頭で申し上げた「レジ袋の有料化」の事だけでなく、日頃から様々な方が、環境問題について取り組んでおります。

例えば自然エネルギーの導入による取り組みです。

中でも最も印象的なのが、太陽光発電です。石炭による火力発電と、原子力による原発が、屋骨台となっている現在の日本のエネルギー政策ですが、その一方で(自然エネルギー)が、次々と台頭しているのも事実です。

日本の気候と言った環境ですと、どぅしても原発でないと、難しいのが実情ですが、それでも自然エネルギー推進が、行っているのも事実です。

太陽光発電が着々と浸透しています。

現に家庭によっては、太陽光パネルを導入している家庭も存在しております。

また家電量販店でも太陽光発電を営業している所も存在しております。現にヤマダ電気が、そぅです。

他には、「電気自動車」の存在も地球環境に対する取り組みの真剣さが、伝わって来ます。

従来のガソリン燃料の車から来る「排気ガス」による大気汚染によって、都会の空が、排気ガスの充満によって、結果「空が汚れて淀んでいる」様に見えます。

一人一人が環境問題に真剣に取り組むべき。

例え個人の力では、難攻不落な問題でも一人一人が、力を合わせ真剣に、取り組んで行けば、先程の例の様に、「レジ袋の不必要」を一人でも多くの方が、取り組めば微力でありますが、やがて大きな力となり、その力が、やがて解決に向かいます。

一端まとめさせて頂きます。

となります。「大気汚染、地球温暖化、干ばつ、砂漠化、水位上昇、ゴミ問題」と言ったこれ等の問題解決は、容易でないと言う事は、確かであり事実です。




そもそも環境問題とは。

その環境問題とは何なのか?ですよね。

簡単に言うと地球上に、おける地球環境に対する解決する為の取り組みです

今の中国の環境が、その事を示す様に、経済が発展したのと同時に、経済活動に伴うエネルギー政策による環境破壊によって、大気汚染による問題が、深刻化しております。

故に時期によっては、黄砂の問題も御座います。

かつての高度成長期の頃の日本を例えにとれば、何を言いたいのか!それが、分かって来ると思います。

石炭等による火力発電によって、大気が排気ガスの排出によって大気が汚れ、故にオゾン層の破壊にも繋がります。

オゾン層の破壊によって、紫外線の強さが増し、その結果「北極南極圏の氷」が、溶け出し年々海水の水位が、上昇傾向にあります。

工場からの排水も一つの環境問題の現れである。

工場の汚水の排出によって生じる「赤潮」。今回のレジ袋有料化の一つのきっかけとなった事です。

先程もお伝えした通り、かつて日本で起きた「水俣病」によって、水質の公害によって、病気になった方々が、おります。

未だ続く工場からの汚水排出による水害。

この他にも様々な問題が、御座いますが、この辺で話しを止めておきます。

この方法で環境問題の対策として取り組むべし。

我々一人一人にとって、避けて通れない問題は、ゴミ問題となります

今はビニールなども燃えるゴミとして扱われる様になり、ダイオキシンと言った問題に、直結します

なので生ゴミを用いたリサイクルマシーンで、取り組む方法が、最も身近な取り組みとなります。

確かに微力となります。けどその微力が、やがて大きな集合体となり、地球環境の悪き膿を退治する事に繋がります。

そぅすれば、かつて存在したギリシャ神話の大地の神「ガイア」の導きが、訪れるでしょう。

神は信じる者。全うに生きる者に対し、その導きによる加護が、訪れます。




まとめ。

ここまで本文で、環境問題に対する考え方と取り組み方についてお伝えして参りました。

この環境問題につきましては、恐らく明治時代の頃の日本辺りから始まった可能性が、あると私は、見ております。

当時の日本は、鉄道、車、兵器と言った工業に力を注ぎ始めた時代でもあります。

その文明の発達による蓄積が、大汚染等の歪みが、生じている可能性が、あります。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。