 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
災害

大災害に向けて備える事が肝心である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あい続く自然災害。それは自然の摂理であり、原理であるから正直災害が、起きる事は、何ら不思議ではありませんし、むしろ起きる方が、自然的だと思い考えられます。

例えば私が住む日本だと、小さい島国であると同時に、火山が多く存在する国としても世界中から認知されている国でもあります。

その関係もあってか、「地震大国」とも言われております。

特に東京都周辺「南関東地域」においては、地震のすくつとも言われており、生きている間、必ず一度は「大震災を経験しなければならない」と言う事を聞いた事が、あります。

もし今後首都直下型地震が、起きたらそりゃ世界中大パニックであり、世界的機能が、停止になりかねません

その時の危機に備え、今回この記事を作成する事にしました。

それに伴い対象となる方をお伝えした後に、本題に入らせて頂きます。

やはり全てが対象となります。何しろ新型コロナウイルスの世界中の集団感染によって、世界中の機能が、混乱し停止に陥った事が、良い例です

予めご了承下さい。

大災害に向けて備える事が肝心である。

この事を大災害に置き換えて、世界的機能停止を最小限に、抑える必要が、あります。

地球崩壊に伴う自然災害によって、様々な現象が、起きます。

目立って多いのが、地水火風のいずれかが、原因によって起きる自然災害が、我々人類に気づかされてくれます。

 地震と火山の関連性は高い!

何で火山が存在する国に限り、地震が起きやすいのか?詳しくお伝えすると、専門的な解説を含んだ上で、説明が長くなりますので、簡単にかつ簡潔にお伝えしておきます。

境界線の地面の下に存在するプレートとの関連性が、大きく関連している事が、原因と考えられます。

と言うべきですね。そぅ言えば、昔フィリピンでも大震災が、あった事も聞いた事が、あります。

フィリピンは、列島諸国ですから島によって火山が、存在する島もありますからね。地震が起きるのは、その関連性もありますね。

どぅしても日本の場合、地震と火山の噴火と言う印象が、持たれてますし、東日本大震災の経験をきっかけに、津波に対し神経質になりましたからね

まぁ。島国ですから尚更神経質になりかねませんがね。

まずは非常食など災害セット。

常識的に考えたらまず真っ先に、(災害)と来て思い浮かぶ事は、やはり(災害対策キッド)です。

大震災の事を例にして例えると、大震災後って、指定避難場所に避難する事が、基本的となります

分かりやすく言うと何処かの学校の体育館やコミュニティ施設です

その間どぅしても数日間の間、非常食生活となります。

その他に必要となるのは、「懐中電灯、携帯電話充電器、救急用具」等です。

いつ避難解除になるか不透明な生活になりますので、最低限の避難用具は、必要となります。

そして停電対策による蓄電池を備える。

この記事のメインとしてお伝えしたい事は、首都機能等都心部における重要機能が、災害後でも維持出来る為の対策をすべき!事です。

地震問わず、「火災、水害、突風、落雷、液状化現象」等の災害が、起きたら当然本来の機能が、停止に追い込まれます。

先程もお伝えした通り、いつ起きるか分からない首都直下型地震。現実化したら日本全体の機能が、停止する事は、間違い御座いません。

必要なのは、災害後における喜納停止の最小限の被害にする事。

となります。新型コロナウイルスの時の様に、中国頼みのサプライチェーンで、日本経済の打撃を防ぐ事に比例し、災害後でも機能停止を最小限にし、本来の機能を災害後でも維持する事です。

それは本当に災害に向けての準備万全策となる。

当たり前であり当然の事です。「危機にこそ経営者は戦わなければならない!」の著書のタイトルで、示している通り、本当にいつ起きるか想定出来ない危機に備える事が、重要であります。

何故なら都市部にお住まいの方に止まらず、地方にお住まいの方でも今の時代電気をなくして生活が、成り立たない時代です。

特にどれが絶対的に必要な物は、何なのか?は、一概に言えませんが、私個人的には、やっぱり携帯電話ですかね?

携帯電話の理由について。

あくまで私個人的な理由であり、考えにしか過ぎませんが、連絡手段としては勿論の事、今の時代スマホが、メインの社会ですからインターネットが、情報手段となります。

災害時の通信電波状況が、正常なら通信出来ますが、電波が、悪く最悪な状況時は、いつ復旧するか不透明な状況となります。

それでも何故携帯電話なのか!?と言いますと、電波が、復旧し自衛隊等の電波装置が、届いた時において、情報手段として、出来るからです。

その電話の充電に必要な時に、蓄電池が、必要となるからです。

まとめ。

ここまで本文で、大災害に向けて日頃から災害対策をする事が、大切である事をお伝えして参りました。

仰有る通り災害は、いつ何処で何が起きるか、予測不能に起きます。

本文でもお伝えしましたが、南関東地域においては、地震発生のメインエリアとして知られております。

その南関東地域は、東京都の所在地でもあります。

その東京都の機能が、壊滅したら世界中が、大パニックとなりますので、蓄電池を備えて、首都機能の壊滅を最小限に抑える必要性が、あると言う事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。