 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
世界情勢、世界的危機

FXトレードならユーロ/米ドルの今後の予想を見るべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私が、住む日本のFXトレーダーなら世界基準ペアだと、やはりドル円のペアが、基本となります。

そもそも世界の基軸通貨は、ドル事米ドルですからね。

元々世界経済の中心地は、アメリカのウォール・ストリートですからね。

そりゃ米ドルが、世界基軸通貨となりますよ。

その米ドルの次の基軸通貨となるのが、ユーロです。

ユーロは、EUヨーロッパ連合の通貨ですからね。ユーロ圏参加国によって経済が、成り立っている体制ですからね。

そりゃ巨大連合共同体となります。

と言う事は、世界で最もメジャーな通貨ペアは、ユーロ/米ドルと言う事になりますね。

何しろ世界一位二位の通貨ですから。そのユーロ/米ドルの予想をどぅやって予測する事が、FXトレードで、勝てる鍵となるでしょう。

そろそろお話しを本格的に進めたい所ですが、この記事の作成した目的と、対象となる方をお伝えしないといけませんね\(_ _)。

続きまして対象となる方をお伝え致します。

またはFXトレードで勝ちたい方も対象とさせて頂きます。

予めご了承下さい。

FXトレードならユーロ/米ドルの今後の予想を見るべきです。

FXトレードで、必ず知って欲しい事は、必ずこの三つの通貨が、世界三大通貨である事を知って下さい。

これはあくまで2016年のデータですが、米ドルが、44%弱。ユーロが、15超。日本円が11%弱とこの三つの通貨で、凡そ7割りを占めております。

特に米ドルに関しては、アメリカの経済力の影響力が、絶大の為アメリカ経済の行方によって、世界経済が、左右されるのも事実です。

それはダウ平均に上場している企業をご覧になられると、一目瞭然です。

ユーロ圏も影響力が高い。

またユーロに至ってもかなり影響力を誇っております。

ユーロ圏参加国の総人口の数は、アメリカ合衆国よりも多い為、ユーロ圏全体国家の経済力を考えると、こちらもかなりの影響力を誇ります

何しろ(ドイツ、フランス、イタリア)と言ったG7先進七か国の参加している三か国が、参加してますからね。

この他に(スペイン、ポルトガル、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、オーストリア、アイルランド、フィンランド、ギリシャ、リトアニア、スロベニア、キプロス、マルタ、スロバキア、エストニア、ラトビア)と言った国々の共同体ですからね。

こちらも一つの国が、がたついたらユーロ圏も危ういと言う事になります

だからこそユーロ/米ドルは、注視すべきです

何故ならユーロ/米ドルペアこそ世界基軸通貨のペアだから。

この二つの通貨の影響力を考えたらやはり世界基軸通貨ペアは、ユーロ/米ドルのペアになるでしょ。

これはかなり専門的な説明が、大きく関わって来ますが、米ドル/円が、円安になったからと言って、ユーロ/円が、ユーロ安になるとは、限りません

逆にユーロ/円で、ユーロ安になったからと言って、米ドル安になるとも限られません

ただユーロ/米ドルのペアになりますと、米ドルが、どちらの動きもかなり注視し、二大巨頭通貨となりますので、動きの変動が、激しいです。

故に情報もかなり多いですし、取引の比率が、最も高いペアです

またユーロ/米ドルの特徴も知るべし。

FXトレーダーならユーロ/米ドルのペアの特徴も知るべきですね。

そもそもFXのトレードは、基本的に外国為替市場外国為替市場が、対象となります。

外国為替市場は、世界情勢その物ですから米ドルならアメリカが、対象となります。

一方のユーロは、EU参加国が、対象となります。

アメリカは、世界経済の中心地ですし、EUは、ヨーロッパ連合共同体ですからEU参加国の世界情勢をチェックする必要が、あります。

更にフランスになりますと、旧フランス領中心にアフリカの複数の国々で用いられている共通通貨のCFAフランは、ユーロと大きく関わっております。

こぅして考えると、アメリカとEU圏の世界情勢を知らないと、ユーロ/米ドルでのFXトレードで勝負するならかなり厳しい事になります。

ユーロ/米ドルのペアで勝負するなら夜間取引になる。

あくまでこれは私が住む日本時間での話しです。

仰る通り、ユーロ圏の場合ですと、一番早い日本時間時間帯ですと、凡そ15時から16時位となります。

アメリカは、時期によりますが、大体21時から22時となります。

外国為替問わずマーケット市場は、基本的に現地時間が、昼間の時に行われます

なので、ユーロ/米ドルのペアで、FXトレードをするなら日本時間だとどぅしても夕方から夜間時間帯で、市場に参加する事になります

嫌なら米ドル/円ペアでも可能。

ユーロ/米ドルのペアが、嫌なら米ドル/日本円のペアでも十分にFXトレードは、可能です。

むしろ我々日本人なら返ってその方が、やり易いんじゃないですかね。

日本円ですと、日本時間の昼間に合わせる事も可能です。

個人的には人民元/日本円のペアも注目しております。

理由として、現在の中国経済の影響力が、計り知れないからです。

ただユーロ/米ドルの見通しを知る事も大切。

何しろ世界基軸通貨ペアが、このユーロ/米ドルですからね。

世界一二位の影響力を誇る通貨ですからこの二つの通貨の見通しを知る事も大切です。

まとめ。

ここまで本文でユーロ/米ドル通貨のペアの事をお伝えさせて来ました。

改めて振り返りますと、世界各国の通貨で、最も影響力が、ある通貨のペアですからね

世界の基軸通貨ペアなのも納得が、出来ます

私も今後こちらのユーロ/米ドルの通貨ペアで、出来る様にならないといけませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。