 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
社会

宇宙開発こそ人類の果てしなき未来。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

それがこの記事のキーワードとテーマは「宇宙開発」です。

この記事の投稿するきっかけとなった理由については、ちょっとした世間話で、かつて(IHI)で、勤めてた方がいると言う話しが出で、その(IHI)社のHPを閲覧し、その中で(宇宙事業とロケットシステム)を手掛けている事で、閃いたからです。「ヨシ!今回は宇宙開発で行こう!」と。

昔と言うより、私が子供の頃からニュースで、宇宙飛行士の事を始めとする(宇宙開発)の事は、度々聞きます

実際宇宙ステーション内での映像も取り上げられている時もありますからね。人類の果てしなき未来像を象徴する時を感じますね。

その理由でもあり、意味合いを今からお伝えします。勿論の事この記事の対象の方をお伝えしてから本題に入らせて頂きます。

勿論宇宙開発こそ人類の果てしなき未来の事も。

予めご了承下さい。

夢現実区別。

まずはこの部からです。

私の中では、STAR WARSとガンダムの両シリーズと宇宙戦艦ヤマトのそれぞれの作品が、宇宙と言う印象が、強いです。

他にも(アリータ:バトル・エンジェル)でも宇宙空間での戦闘シーンによる回想が、ありました

(エリジウム)って映画では、スペースコロニーを舞台にしてましたねMARVEL作品でも宇宙空間でのシーンもありますしね

あっ(´□`; 三 ;´□`)(無限のリヴァイアス)もそぅでした(^_^;)こちらも宇宙空間をテーマにしてますね\(_ _)

東映特撮作品ですと。

また宇宙をテーマにした作品と来たら・・・・・・・「仮面ライダーフォーゼ」と「電磁戦隊メガレンジャー」も宇宙をテーマしてますね。

特にフォーゼに関しては、もぅ企画の段階で、宇宙を取り込んでますからね。

余談ですが、福士蒼汰さんと吉沢亮さんの二方が、仮面ライダーに変身し、同時に出演していた作品としても知られます。

この記事を見た事をきっかけに、仮面ライダーフォーゼを見るもの良いと思います。

何と言っても福士蒼汰さんが、演じる如月弦太朗が、本当に面白いです(“⌒∇⌒”)。因みにamazonprimeとかで、仮面ライダーフォーゼは見れます。

この場では、ガンダムシリーズを主を元に、話します。

そぅですね。シリーズよっては、ガンプラバトルがテーマの作品もありますから、全部とは言えませんが、ほとんどのシリーズでは、やはり宇宙が一つのキーワードであり、テーマになってますね

特に象徴してるのが、(宇宙コロニー)ですね。シリーズによっては、(火星、月、起動エレベーター)もありますが。

そぅです。富野総監督を始めファーストガンダムスタッフは、当時どの様な発想で宇宙コロニーが出て来たか分かりませんが、今の地球の環境問題を考えたら、将来確実に温暖化が進行し、特に夏場において確実に平均気温(40℃)を観測する時代が訪れるやもしれません。

いずれ地球に住みにくくなると言う事を予想してた?

そぅなると地球は人が住みにくくなる星になる可能性が、あります。

ファーストガンダムでは、コロニーの開発は「人口の増加対策」として開発されたと言う設定が、あると聞いた事があります。

今の地球の環境問題を考えると、宇宙の移住が、夢でなく現実化する事もあり得ます。

そぅなると今も進行する宇宙開発が、今後もっと進行する事になる可能性もあります。

夢現実区別を見ろ!と言う方もいるでしょうが、この先の未来において本当に、人が宇宙に移住する時代が、訪れます

宇宙問題の解明と真実。

宇宙問題と来たら、真っ先に上がるのが、(重力、無重力、無酸素、ブラックホール)が出て来ます。

こちらも各宇宙をテーマにした作品をご覧になられれば、分かると思いますが、真っ先に思い浮かべるのが、(無重力空間と酸素ボンベが入った宇宙服の着用)です。

報道でご覧になられると分かりますが、宇宙空間って無重力空間だと言う先入観を持ちますよね?確かにその通りだと思います。

事実(地球、月、火星)等と言った惑星から離れるとそぅなるみたいです。一方で、それ等の惑星に近づくと、その重力の引力に引かれます。

無重力空間と言う印象が、強くお持ちでしょうが、実際は重力も存在します。

宇宙確実に伴う問題とは?

こちらも宇宙問題の一つとして上がる(無酸素真空空間)です。

今後宇宙開発が、進行すると確実に避けて通れない問題となります。

宇宙服の酸素が、切れた時の事の対策も検討して行くのは、間違いなく有り得ます。

あとブラックホールも問題となりそぅですね。

各エンターテイメント作品でも出て来ますが、一度吸い込まれると跡形もなく引力に引かれ、取り込まれると言う印象があります。

もしこれが本当なら今後の宇宙問題となる可能性もあり得るでしょう?

火星ニュース。

こちらも様々な媒体によるニュースで、取り上げられています。火星の第一印象であり、真っ先に出て来るのが、やはり「巻き上がる砂塵とカラカラ転がる石」が出て来ます。

また赤茶色い砂も出て来ますね。この火星にNASAの探査機の調査が、入っていると言う事は、将来火星に移住が出来る可能性が、あると言う事だと思います?

今私が知る限りの火星の情報は、(超低音の風の音、二酸化炭素による空気)が出て来ます。

現時点では何とも言えませんが、今後の調査次第では、様々な事が解明されると思います。

AIの発展による宇宙開発の拡大。

恐らくと言っていい事です。今後間違いなく宇宙開発事業計画において、最も貢献発展に繋がる可能性のあるAIの発展です。

小松製作所の自動運転重機の例が、丁度良い例やもしれませんね

その小松製作所の場合この事業に取り組んだ理由は、「人が難しく危険な作業対策の一貫」として取り入れた事で、知られます。

これに伴い、宇宙空間上(無酸素真空空間)と隣り合わせとなります

宇宙服の酸素が、どれだけ持つか正直分かりませんが、時間は限られていると思います。

それに危険な作業も当然出て来ます。そぅなるとやはりAIを搭載したロボットの活躍が、必要となります。

まとめ。

ここまで本文で、宇宙開発の事をお伝えして参りました。

日本のIHI社を始め各国の宇宙開発事業を手掛けている企業も計り知れないです。

今後本当に宇宙に住める時代が、来ると思い、それが本当の意味での人類の未来像の象徴となるでしょう。

これはあくまで、私個人的な憶測ですが、宇宙開発事業って正直本当の意味で、かなりの秘密事項が、含まれており、その上において重要機密を抱えているはずです。

このビジネスの情報が、ハッキングされ外部に漏れたら大問題となりかねます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。