 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
教育

施工管理技士の方へ。出世したいなら受験資格を乗り越えるべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

施工管理技士」。この言葉は、正直私の中では、かなりと言っても良い位(専門的)な言葉であり用語としてとらえてます。

何故か?と言ったら「施工」と言ぅ言葉じたいが、この記事を作成するまで意味が、分からなかったからです。

ところが。実はその施工の意味を調べたら、今までそぅ言った事に、関わっていた事が、判明していたからです(–;)?本当です!本当に関わっていました!

何故か?ってその施工の意味が、分かればその意味が、証明されるからです

施工とは。建築等において工事を行う事。

つまり工事の仕事をするぞ!と言う意味を記している言葉だからです。

で?関わっていた理由でしたね\(_ _)。昔警備員だった頃に、建築等の工事現場で警備をしていたからです

そぅ考えると、建築施工って言葉も聞いた事が、ありましたね。土木における施工工事も。あと施工屋さんも。

何だぁ。結局俺知ってるじゃん♪。って思われますね。

まぁ(–;)。そぅ言ぅ事になりますね?。結局(施工)は、工事を行う事と言う事ですよ(-o-;)。

今回の対象となる「施工管理技士」の方。それは工事を行い管理する技術者の事を記しているかと思います。

予めご了承下さい。

施工管理技士の方へ。出世したいなら受験資格を乗り越えるべきです。

施工管理技士の仕事内容は、正直私自身就いた事が、ありませんので、あれこれ詳しい事は、多く語る事は、出来ません。

ただ先程冒頭で、お伝えしたと思いますが、施工と言うのは、工事を行う事です

その施工の管理を行う事となりますので、それだけ責任重大な仕事となります

先程冒頭でもお伝えしましたが、工事現場の仕事は、正直かなり危険業務となります。

その一つ一つの仕事の工程を組み管理する事となります。

勿論管理能力も問われます。それ以上に、その施工管理技士の方の「責任感と人望」も問われる事も事実過言です!

工事現場の仕事は想像以上に過酷です。

古代文明の映画。または(現場のドラマ)等をご覧になられると、その意味が分かって来ると思いますが、あれだけの重労働となります。

その重労働を管理し、無事故無災害で任期を終える事も彼等施工管理技士の仕事でもあります。

ただ施工管理技士の資格を取得し、その立場に立つ事になったとしても基本的な人格的要素が、ないと難しく苦難な業務となります。

また現場との関係も大切になって来ます。

現場仕事の出身者の方ならお分かり頂ける事ですが、工事現場になりますと複数の業者の方が、作業に入ります。

その現場作業員との信頼関係も必要になって来ます。

そもそも施工管理技士とは何か?

簡単にお伝えしますと、建築等と言った現場の仕事を管理する立場の方です。言葉を変えれば「工事現場監督」とも言います。

流石に現場の(主任)とまではね(–;)。この施工管理の仕事は、正直かなり責任業務となります

何しろ建築等における工事現場の仕事は、危険業務となります。

専門的な資格がないと出来ない仕事です。

その為かなり専門的な資格が、ないと業務によっては、任せられない業務も数多く存在します。

言葉を変えれば、一つの操作と判断ミスで、人の命を奪う危険性も時にはあります。現に報道で、取り上がる事もあります。

その施工管理ですが、一つの現場の作業における(施工計画)を基に、その作業を計画通りに施工作業を行う為の管理業務の事です。

施工管理士は複数存在する。

それは「工程管理、品質管理、作業管理、安全管理、原理管理、出来形管理、見積管理」等を行う事になります。言ってしまえば、「監督=管理者」と言う事です。

当然その施工管理技士の仕事を任せられるにあたって、必ず施工管理技士の資格が、必要となります

令和2年まで現在7種類の施工管理技士の資格が、存在すると聞いております

この高度な資格を取得しないと、施工管理技士の仕事には、就けません

目指している方は、間違いなくその辺は理解していると思います。

施工管理技士の方へ。試験を乗り越えるならこの方法です。

令和2年初頭に起きた「新型コロナウイルス」以降zoom等を用いたオンラインが、主流となって来ておりますので、やはりここは通信講座での取得をお勧め致します。

資格取得学校に通う方法が、一番無難で確実ですが、正直コロナの影響もありますし、自分に合わない所で、資格取得を目指すよりも「独学サポート」によるやり方の方が、楽しく出来るの思います。

まとめ。

ここまで本文で、施工管理士の仕事で出世をしたいのであれば、資格試験を乗り越えて、専門的な資格を取得すべきである事をお伝えして参りました。

本文でもお伝えしましたが、専門職となって来ると、それだけの仕事を任せられるだけの事を証明となる資格が、必要となって来ます。

となると資格を取得する事が、最短ルートとなります。

ただいくら資格を取得したからと言って、そこで甘んじていたらそれまでです。

その資格に見合った人望における信頼される仕事が、必要となって来ます。

その事を念頭において、施工管理士の資格を取得し、出世をすべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。