 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
社会

変革が続く中で、教育の目的とは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワードでありお伝えするテーマは、「教育」となります。

この高度情報化社会上、情報のスピードの早さと量の多さは、正直膨大を越えてます

ましてや今やスマホは生活必需品の枠を越えてますからね。

その上においてグローバル化の進歩の速度も尋常じゃありませんからね(*^)/☆(+。+*)

となるとやはり教育が、今後の社会において一つの鍵となりますね

私自身が日本人であり日本在住と言う事もあり、どぅしても日本がメインとなりますので、この場では日本の事を主にお伝えする事となります。

日本では小学校6年間から中学校3年間までの9年間において(義務教育)を受ける事を義務付けられてます

最低この9年間を教育を満了し、小中を卒業しなければ、社会人として失格の烙印を押されますからね

そろそろ教育をすると言う目的のお話しを本格的に進めたい所ですので、この記事の対象となる方をお伝え致します。

予めご了承下さい。

そもそも教育の目的って何だろぅね( ´~`)。

日本の文部科学省のページを元にこぅ記されてます。

第一条「教育の目的」教育は、人格の完成を目指し、平和的な国家及び社会の形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値をたっとび、勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身共に健康な国民の育成を期して行わなければならない。

と言うのが、日本の教育の方針となります。

つまり社会人としての(教養、健康体、知識、常識、自立心、人格)を養い、いかなる場においても社会に、恥じぬない人材を育て上げなくては、ならないと言う事になりますね

まぁあくまで私個人的な解釈ですが。

これは正直どの国においても共通していると思います。ただその国の社会体質、環境方針など様々な部分で異なりますが。

けど今の日本じゃ正直(景気減速、貧困の格差、経済的困難)等の(格差社会)によって難しいのが、現状です。理由は様々ですが。

今の時代は高度学歴社会である。

今の時代は、その延長線で、高校を卒業しなければ、就職活動する事すら困難な時代です。

中学卒業じゃよほどの事じゃないと就職出来ない時代ですからね。

更に大学卒業じゃないと、誰しもが入社したい大手人気企業に就職が、出来ない時代でもあります。

いや( ̄^ ̄)これじゃ本当に教育する目的は、最低限大学卒業する事が前提の時代だと思いますね。何の為に専門学校、短期大学が存在するやらか( ̄~ ̄;)。

教育の場は、学校だけじゃない!

今この記事の場をお借りして言える事は、教育って学校教育だけじゃないです

学生時代なら部活動、習い事は最低必ずどれか一つは、経験したと思います。

武道系ならやはり(礼儀作法)を習う事になります。

更に体力向上だけでなく、精神修養にも繋がりますからね。そぅこぅした経験により人格形成が、作られて行きます。

義務教育が全ての教育じゃない!

お伝えしたい事は、義務教育が全てじゃないと言う事を。地域との触れ合いによって何か学ぶ事もあります。小学校でなら経験あると思いますが、読書感想文です

当時私は好きじゃありませんでしたが、今思えば読書をすると言う意味を伝えたいと言う教育の一環です

そぅ教育は色々な所でされます社会に出ても変わらずです最終的に社会人として活躍出来る事の一環です

その為には、本当の意味で教えると言う本質を伝える事が、大切です。

それも子供の頃から。

今後必要なのは、実社会に適応した教育環境の整備。

この先の日本にとって必要な教育は、フィンランドなど北欧で例えるなら(実社会で通用する人材)の育成による教育です。

北欧の場合日本と違い、ゆとり社会です( ̄□||||!!これ日本じゃ考えられない事ですよね。

けどそのゆとりの中において、ただ余暇をもてあそぶのではなく(自立心)を目的とした教育です

そのゆとりの中で、どぅ活用し、実社会に通用する人材を育て上げるか。

お金の使い方も教育すべき。

あと私がお伝えしたいのは、お金の使い方お金を生み出し、稼ぐ方法を今後の日本社会の教育に必要だと思います

理由として今後の日本に必要なのは、若い起業家であり若い経営者だと言う事です

その為に必要なのは、お金の使い方と稼ぎを生み出す方法を学ぶ必要があります。

本当の意味で教えると言う事を伝えなければならない。

その上において、本当の意味での(教える)事が出来る教育者を育てる事。それも変化する時代の中で対応出来た上で。

つまり義務教育だけじゃなく、一人一人の夢や目標を実現する事を指導教育出来る方が、今後の日本で必要とされて来ます。

一人でも多くの方の夢と理想を実現すべくサポート出来る環境を整える事も教育の目的でもあります。

まとめ。

ここまで教育の事とその意味合いであり、重要性をお伝えして来ました。

改めてこの記事を通して、お伝えしたい事は、本当の意味での自立心を育てる目的の為であり、本当の意味で実社会に通じる人材の育成を目的としていると言う事です。

つまり最終的には、実社会で活躍し、通用出来る人材の育成をする事を理解した上で、教育を行うべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。