社会

自分達の将来の冠婚葬祭に向けてお金を作るべきである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

冠婚葬祭」って聞いたら何かピンと来ないなって感じが、します。少なくとも子供の頃においては。

まぁ(–;)そぅでしょうね。この「冠婚葬祭」と言うのは、正直「俺には関係ねぇ」って思う方もいらっしゃるかと思いますが、実は、この現世にいる以上「避けて通れない宿命」の内の一つであります。

まぁ。この世の中生きる以上本当に、様々な「宿命」を背負う事になります。事を話せば、長くなりそぅなので、ここいらで差し控えます。

そのお話しの理由につきましては、暗く嫌な話題になる事は、お間違い御座いません

お伝えしたいのは、この現世において、「避けて通れない宿命」だと言う事です。その理由と意味をこの後お伝えして行きたいと思います。

ただ(–;)その前に対象となる方をお伝えしないと、行けませんね\(_ _)。

予めご了承下さい。

自分達の将来の冠婚葬祭に向けてお金を作るべきである。

先程もお伝えしましたが、この「冠婚葬祭」も「生きる以上避けて通れない宿命」の一つです。この生きる間新たな生命が、次から次へと生まれ誕生するのですが、それと同時に終わりを告げると言う「宿命」の中の狭間が、この現世の定めなのです。

この人生必ず一度は、「結婚式」と「葬式」は、参加した事が、あるのは、お間違い御座いません。

その光景を目の当たりにしたならお分かりかと思いますが、式場の場所からそれに伴う様々な手続きの事を考えたら相当な費用が、かかって来ると言うのが、目に見えてます

その冠婚葬祭とは。

この「冠婚葬祭」に関して言えば、あるし本当に「絶対的に避けて通れない宿命」と言えます。そしてそれに対するお金に伴う費用もかかって来ます。

何故そぅなのか?まず「冠婚葬祭」の意味をお伝えしないと、話しを進める事は、難しいと思います。

冠婚葬祭」の言葉の内の「婚、葬」と言うのが、出て来てます。この言葉を聞いて、何となく思い浮かべるかと思います。

そぅです。「冠婚葬祭」は、この二つの言葉を含めた略式の意味なのです。

今の時代「結婚」に関して言えば、生涯独身の方も数多くいらっしゃるかと思いますので、この事については、正直どぅかな(*´-ω・)って思う方がいらっしゃいます。

ただ「葬式」になって来ると、確実に避けて通れない出来事です。

その冠婚葬祭の費用は?

仰る通り「冠婚葬祭」の費用は、恐らく何百万単位は、軽く行く事は、確実に創造出来ます。その費用を作る方法は、恐らくこの方法が、一般的じゃないかなって思います。

多くの方は、この二つのやり方で、「冠婚葬祭」に向けての費用を積み立てているかと思います。

中には(親族、友人、知人)の方から負担してもらっている方もいるかと思いますが。

そぅ言う事です。つまり式場の場所から様々な手配をするとなると、それだけの費用もかかると言う事です。

親族だけそれも神社の結婚式でもそれだけの費用が、かかる事も有り得ますつまり最低でも何百万単位の費用を予算とすべきです

その上において、毎月積み立て数年後には、それだけの費用を確保すべきと言う事です

冠婚葬祭のお金の費用はかかります。

間違いなくそぅなります。先程最低でも何百万単位の費用が、必要とお伝えしましたが、漠然とした形でしかお伝えしませんでしたので、具体的にお伝えしておかないと、正直読者の方から敬遠される可能性が、ありますからねm(_ _)m。

日本の全国平均の調査の例で例えますと、大体全国平均上「冠婚葬祭」にかかる費用は、(343.8)万円と聞きます。

その後二次会とかを含めたら最低(700)円。場合によっては、数千万単位も軽く越えて来ます。

それだけの費用となると、毎月積みお金を立てて作るのが、最も現実的であり確実な方法ですね。それも年単位で。

やるなら冠婚葬祭の互助会に頼るべき。

恐らくこの世の中で、展開している全国の互助会と提携している「冠婚葬祭」の互助会が、間違いなくある事は、お間違い御座いません。

そちらの相談窓口にご相談すると、「冠婚葬祭に向けての費用の積み立てプラン等のご相談も受け付けている可能性が、あります

結論は将来に向けての貯蓄と同じです。

そぅ言う事になります。当面は「結婚式」の披露宴に向けての積み立て費用を作ると言う目的による貯蓄だと思うのが、堅実的な考えだと思います。

あるし個人年金を作り積み立てる事に等しいです。

あるいは自己投資する目的でもある。

これも理由の一つの内になるんじゃないでしょうか。「冠婚葬祭」になると将来の自分の事に向けての費用を積み立てる事になります。

そぅなると自分の事に対する投資にもなります。だからと言って株式投資とかをしろ!って訳じゃありません(-o-;)。

あくまで自分に対する費用の積み立てです。

まとめ。

ここまでお伝えしたかった事は、「冠婚葬祭」は、それだけ費用が、莫大にかかると言う事です。

いかに将来に向けての投資をどぅやって「冠婚葬祭」の費用を作りあげ積み立てられるか!?です。

ごじょスケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。