 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
イノベーション

熱中症予防対策をし灼熱の真夏を乗り切ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年8月現在灼熱地獄の真っ盛り。間もなく暦では(初秋)となり、秋に入る頃です。

しかし・・・・・・( ・◇・)?今年も残暑は、余儀なくされ引き続き灼熱地獄の猛暑は、覚悟すべきです。

ただ東京五輪は、延期となりましたので、幸い人混みによる暑さは、避けられましたがね。

もし五輪期間だったら二十三重の暑さとなりましたね(´-ω-`)

そぅ言う事です。今年2020年の場合、未だ解決不透明の新型コロナウイルスの感染被害によって、未だ外出自粛解除していない地域も存在している可能性が、あります?

従ってエアコンの室外機の熱風によって、例年以上に大気が、暖まり更に暑さが、増している可能性も否定出来ません。

過去の統計を現しても「熱中症」によって、病院に搬送された方もおりますし、中には熱中症が原因で、お亡くなりになる方もおります:-(

これを聞くだけでも恐ろしいです。だって熱中症で、亡くなる訳ですからね。

そりゃ恐ろしいですよ。一番悲しい出来事は、室内による熱中症事故です((( ;゚Д゚)))。

私の(高校の同級生であり当時のクラスメイト)も夜長に熱中症の事故が、原因でお亡くなりになってます。

当時高校生でしたので、夏休みの最後の頃に亡くなりましたので、高校のクラスに集合して、そこから同級生の葬儀場に行きました。

つまり室内による熱中症事故も恐い時代となります。

こぅ言う私の同級生の様に、室内による熱中症事故もまれに聞きますので、正直言って室内でも油断が出来ない社会になってます。

今年もその事を想定し、どぅすれば乗り切れるか?その事を今からお伝えして行きます。

その前に対象の方をお伝えしないといけませんね。

これ等全ての方を対象とさせて頂きます。予めご了承下さい。

熱中症予防対策をし灼熱の真夏を乗り切ろう!

毎年毎年地球温暖化が、進むと言われ続ける現代社会

今年もその真っ盛りの年となってます。温暖化による環境問題も引き続き取り組んでますが、今までの蓄積と歪みの積み重ねにより、現在でもその流れを食い止められないのが、現状であり現実です。

その環境問題の対策として、スーパー等におけるビニール袋の有料化を実施した事は、もぅ有名過ぎる話です。

こぅした小さな取り組みから解決に向かう心掛けが、環境問題解決に向かっている証拠です。

ただこれは大きな見方であり、我々一人一人にとっては、また別問題です。

さてどぅすれば灼熱地獄の猛暑を乗り切れるか?

特に先程お伝えした対象の方にとっては、本当にどぅ乗り切るべきか?それをお伝えせねばなりませんね。

まずは簡潔にお伝えし、そこから具体的にお伝えして行きます。

とこの様な事であり点が、出て来ました。中でも私自身が重点においている点は、「胃腸を冷やさない事と身体のメンテナンスを怠らず」の二つです。その理由をお伝えして行きます。

胃腸を冷やすとマズイ事からお伝えして行きます。

胃腸を冷やすと当然の事ですが、胃腸から来る疲れから始まり、これがきっかけで、下痢などの腹痛に見舞われます。

次第に体調を崩し、骨盤の歪みにも繋がります。最終的に神経などの機関が殺られる事となります

大切なのは身体のメンテナンスの必要性です。

今もお伝えした通り、胃腸の冷えによる身体の不調からのお手入れです

身体が資本なのは、当たり前です。この時期どぅしても「かき氷、冷たい飲み物」等を食べたくなる時期です。

ここに落とし穴があります。今もお伝えした通り、胃腸を冷やす大元となります

その胃腸を冷やすと身体の土台となる骨盤が、歪みやすくなり、様々な不調を起こす原因にも繋がります

身体のメンテナンスの方法とは。

この事を十分理解すべき点です。そしてその対策もお伝え致します。

その上において、規則正しい生活を心掛ける事です

いくら水分と塩分を摂取し、睡眠の休息時間を確保しても、身体のメンテナンスを怠った時点で、取り組んでも意味ありませんので

その事を十分ご理解頂くと幸いです。

やはり恐いのは熱中症の後遺症。

やはりそぅなります。過去に熱中症で、倒れた方とかに関して言えば、かなりの後遺症が、残ります。

正直言ってこの事が、後にトラウマになる可能性もあります。

一度なった方に、関して言えば、やはり対策法の一貫として、先程お伝えした通り、身体の仕組みとメンテナンスの方法を知る事からスタートすべきです。

特に身体の仕組みに関しては、本とインターネットは勿論の事、整体院と鍼灸院に通って、自分の身体の事を知る事からスタートする事が、最も望ましい事です

まとめ。

ここまで本文で、熱中症の予防対策の事についてお伝えして参りました。

この記事でお伝えしている事につきましては、私自身の警備員時代から始まり、当時この記事を作成した2020年当時までの事を通して、独学で学んだ事をお伝えしております。

ただお伝えしている事につきましては、ポイントで要所要所お伝えしておりますので、最低限冷たい物を飲み過ぎないで、胃腸を冷やさない事は、心掛けて下さい。

さぁ!夏バテと熱中症を乗り切って、楽しい夏を過ごしましょう!

まさに夏バテと熱中症からK.O.勝ちすべきです!

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。