社会

停電が起きる前に日頃から対策をする必要がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2019年9月に起きた台風による千葉県の大規模災害による停電が、きっかけでこの記事を書く事にしました。

台風による大規模停電だけだなく、過去にも様々な例による台風もありました。

過去の例を上げると様々であり、正直きりがないので、この場では省略させて頂きます。

あえて言うなら東日本大震災による計画停電とでも申し上げておきます。今振り替えれば、あの時も停電でしたからね。

その「停電」こそこの記事のキーワードとテーマです。故にこの記事の対象の方をお伝えした後に、お話しを進めさせて頂きます。

予めご了承下さい。

停電が起きる前に日頃から対策をする必要がある。

千葉県の方々を始め災害による停電をご経験されている方には、大変失礼極まりない記事となりますが、今の時代電気が、ないと不便で物事を進められない時代です

特に首都圏に至っては国の最重要機密が、機能している場所ですので、あるし国の心臓でもあります。

もし何かの理由で停電でもしたら「完全にその国その物が麻痺する」に等しいです。

一つ上げるとすれば交通状況です。

それは台風と積雪による交通状況で、一目瞭然です。

同じく2019年9月の東京の交通状況のニュースと各駅のアナウンスで、もぅ分かる事です。

その停電が、正直どの地域でもいつ起きるか分からない時代ですし、ましてや起きてからじゃ遅いですからね。

その時の事を備えて、日頃から対策をする必要が、あります。これは大震災でも同じ事が言えます。最も停電の始まりって、自然大災害ですかね。

まずは非常食などのセット一式のご用意をお願いします。

その通りです。特に南関東は、地震の最大地であり、震源の巣窟とも言われている地域ですからと昔ある人から言われた事です

南関東の人は人生生きている間必ず大震災は経験する

東日本大震災の時も、首都圏地域は東北ほど大災害にまで至りませんでしたが、震度を考えるとそれに等しいです。

実際当時も交通機関の麻痺はありましたし、携帯の電波状況も繋がらなかったですからね

そぅ考えると正直他人事じゃありません。

いつ危機が訪れるか分かりません。その時に備えて、常日頃から準備しなくてはいけません。

特にどの時期とは言えませんが、いずれにしろいつ起きてもおかしくない様、日頃から対策をしておく必要があります。

最低限備える物です。

  • 水。

  • 日持ちの良い食料。

  • ガスコンロとガスボンベ。

  • 懐中電灯。

  • ラジオ。

  • リュックサック。

  • 簡易トイレ。

  • マスク。

  • レインコート。

  • 軍手。

  • 歯磨きセット。

  • ウォータマット。

  • 毛布。

  • 電池。

  • ポータブルウォシュレット。

  • 救急セット一式。

  • 携帯電話。

  • 乾電池。

  • 寝袋。

とまぁ最低限の物を上げさせて頂きました。

携帯電話の充電器も必要品です。

その通りです。先程お伝えした様に、東日本大震災時に、携帯の電波状況が最悪と言う事を触れましたが、万一電波状況が復旧した時に備え、携帯電話は必需品となります

その上において充電器も当然必要になります

この場でお伝えする携帯電話充電器は、主に外出時に使用する「モバイルバッテリー」です。

携帯電話充電器って聞いたら(コンセント差し込み型)って思いますよね?私自身もそぅ言う先入観が御座います。

けどこぅ言うモバイルバッテリーを複数所有しているのいざとなった時の為に必要となります。

ましてや今の時代スマホ主流ですから尚更です。

お伝えしたいのは、モバイルバッテリーを複数持つ事で停電時において携帯の充電が出来る強みがある事です

自家発電機でしかも家庭用も対策の一つです。

これも停電対策には、うってつけです。今の時代自然エネルギー推進の時代ですから、いつ原子力などの電力が、麻痺するか分からない状況ですから、こぅ言った自家発電を備えておく事も自然災害による停電対策にも有利となります。

一番分かりやすいのは、ガソリンによるインバーター発電機です。

工事現場や何処かの市町村の祭りとかで見かけますが、そぅ。あぁ言ったインバーター発電機があるとないとでは、大きな違いが御座います。今回の停電にも大いに役立ちます。

その上において、先程お伝えしたセット一式と一緒に備えておくと「救助など復旧までの間しのげる」と言う事になります。

結論はいつ起きてもおかしくない様対策をする事。

その通りです。いつかは起きる地球崩壊と地球壊滅。我々の身近にも存在するの記事でお伝えした通り、本当にいつどの様な危機が訪れるか正直言って予測不可能です。

ましてや大地震によって、電力供給が、困難になる事もあります。

そぅなって来ると、電車による交通状況が、良好でなくなる事も有り得る話しとなります。

また工場の稼働も制限されます。

その時が、いつ訪れてもおかしくない様日頃から備える必要があります。

まとめ。

ここまで停電とその停電が起きる前の対策とその準備の必要がある事をお伝えして参りました。

いざ停電対策しろ!となると大規模な事に対しては、正直難しいのが、実情です。

蓄電池を備えるとなると、それだけの費用がかかって来ます。

簡単に言いますけど、やはり我々一人一人が、備えるべき対策を施すべきです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。