 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
健康

喘息の病状、発作、原因、それに対処すべき治療とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

喘息と聞いたらやはり(ピンと)来るのが、呼吸困難(息苦しさ)が真っ先に思い浮かべます。子供大人関係なくかかってしまう病気です。

私が今までお会いした方の中でも喘息を患い、その喘息の病状、発作に苦しんだ方もおりました。

その方々の喘息の原因は、分かりませんが、とにかく喘息に悩まされた方が、多かったのは、事実です。

その「喘息」が、このテーマでありキーワードです。

この記事の作成した理由と目的を兼ねてお伝えして行きます。

更に対象となる方も同時に、お伝えさせて頂きます。

予めご了承下さい。

喘息の病状、発作、原因、それに対処すべき治療とは?

そもそもどぅして喘息になるのか?一体どんな病気なのか?

私も喘息を患った方の事を振り替えると、喘息の正体を知りたいです。

それが理由で、この記事の作成を試みました。

まず喘息の事からお話しします。

喘息とは?

気管支喘息とは?基本的に、成人タイプと小児タイプと二つ存在しております。

成人の場合は、小児の段階から持った方は、成人になってから再発する方と成人になってから突然患うタイプと二つに分かれます。

なおどちらのタイプも「気道の炎症(空気の通り道)」が、原因です。じゃあ何でそぅなるのか?って。両親等からの遺伝的になる方もいます。

その一方で慢性的な炎症を起こした上でなる場合もあります。

慢性的な炎症が多いパターンは?

よく上がって来るのは、感染症(風邪、インフルエンザ、ほこり、ダニ、ハウスダスト、ペット)気温、温度、湿度、気圧の変化(雨、台風、雪)煙(排気ガス、受動喫煙、花火、先行)と言ったアレルギー等が、出て来ます。

更にランニング後、冷たく乾燥した空気を吸った後も気道の炎症を引き起こす原因にも繋がります。

一方小児の場合は、成人と同じ事であります。よくあるのは(ダニ、ハウスダスト)がありがちですいわゆる(アトピー型喘息)。

因みになりやすい方は、小児では(アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎を患っている方と、ご家族に喘息持ちの方がいる場合)なりやすいと聞きます。

共通点は空気による通り道 。

共通する事は、気管支(空気の通り道)が、炎症により普通の人に比べたら狭くなります

再度お伝えする様ですが、煙や冷気に敏感になりやすくなり、気管支の内側がはれぼったくれ、痰が多くなります

更にアレルゲンの刺激が強く作用してくると(気管支周囲の筋肉が縮み、内側のむくみが生じ、空気の通り道が狭くなり)結果として呼吸が息苦しくなりやすくなります。

喘息の病状、発作、原因、それに対処すべき治療とは?

まさにその通りになります。こぅなって来ると治療が必要になって来ますね。

どぅすれば治療が出来るのか?一度患った方は、一ヶ月、二ヶ月じゃ簡単に治らない病気です

この上において(ほこり、ダニ、アトピー、煙草の煙、アレルゲン等の刺激)やストレス等が絡んだら悪化する恐れがあります。

この方法は恐らく毎日周囲の協力による(病状を悪化させない)治療方法となります。

もぅ一つの方法として考えられるのは、(病状や発作が起きた時)の治療方法です。

もぅ起きたら即医者に通院する事です。これはどの病気、怪我において全て共通します。

吸入ステロイド薬による治療法は?

まず気道の炎症を抑える事を第一に考える事です。この方法として真っ先に考えられるのは、(吸入ステロイド薬)を使用した治療方法です。

この方法は気道の炎症を抑える効果があります。基本的に気道が狭くなり炎症を起こした方が主に使用する事が主となります

この薬は抗炎症作用が強く、喘息治療にかかせない薬です。一度投与してから(じわりじわり、ゆっくりゆっくり)と効果が出て来ます。

だいたい効果が出るまで(3日から一週間)かかると聞きます。一度止めたら効果がなくなりますので、必ず毎日投与して下さい

この吸入ステロイド薬をただ使用するのではなく、日常生活から先程お伝えした通り(完治するまで毎日)使用して下さい。

このステロイドを止めるだけでなく、治療を止めたら喘息が悪化してしまう恐れがあるからです

従って喘息の治療すべき方法はこの(吸入ステロイド薬)を使用した治療法が、一番効果的となります。判明されてる事は(4段階)と聞きます。

吸入ステロイド薬の治療は段階的による。

最初は少量からスタートとなります。これは喘息の症状やそれに伴う治療状況を判断した上で少量から様子を見る事です。

段々と量が多くなるにつれて最終段階事4段階目だと高量のステロイドが、用いられます。

だからと言って吸入ステロイド薬による治療だけじゃ治療じゃありません。

それは日常生活面において周囲の協力による改善も治療に繋がります。

まとめ。

ここまで本文で喘息、発作の病状の事をお伝えして参りました。

こぅして改めて振り替えると、一度喘息にかかったら本当に、大変な事になるのが、伝わって来ます。

この公害問題で苦しむ現代社会で、その問題を解決すべく、現在環境問題に取り組んでいるのも事実です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。