投資金融

今の時代の証券取引は、オンライントレードの時代ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




時代の流れと言うか何と言うか。昔の証券取引って、店頭型で発券購入型と言った形式でした

しかし今となっては、電子型発行形式となっておりますし、インターネットが、完全に生活必需となってます関係で、証券取引も「インターネット」による手法が、主流となってます。

その時代の流れなのか、インターネット専用の銀行は基、インターネット証券会社も一般化されております。

インターネット証券の筆頭を上げれば、楽天、SBI、マネックス、aUカブコム、GMOクリック、松井、DMM.comが、上がって来ます。

属に言うネット証券となります。こぅした彼等の様に、店頭ではなく完全なオンラインによる取引となります

ただしネット銀行同様「コールセンター」は、設けておりますが。

その影響なのか、店頭型証券会社でも「オンライントレード」サービスも展開しております。

最大手である「野村證券、大和証券、SMBC日興證券」が、主です。

こちらでもオンライントレードの専用コールセンターも存在します。

この辺で今回のターゲット層をお伝え致します

予めご了承下さい。




今の時代の証券取引は、オンライントレードの時代ですね。

先程ターゲット添うの中で、チャート分析が、出て来ましたが、オンライントレードとなって来るとやはり店頭型の様に、担当者が着く訳じゃありませんので、どぅしても「ファンダメンタルズとチャート」両分析とコールセンターでのやり取りになります。

基本はファンダメンタルズとチャート両分析となります。

今冒頭でもそぅですが、見出しの部分でも「ファンダメンタルズとチャート」両分析の事が、出て来ましたね。

その通りです。オンライントレードの基本は、この両分析によるやり取りとなります。

念の為両分析の事を簡単にお伝えしておきます。理由として、今回初めてこの話題に触れる方が、いる可能性がありますので、そぅ言う方の為に、お伝えしておきます。

ファンダメンタルズ分析。

経済活動等の状況を示し、その要因を元に分析する手法。

一番よくあるパターンは、経済指標(失業率、GDP、物価上昇率、住宅指数、貿易統計)の発表。更に株価と為替の動向も一つの判断材料となります。

更に株式投資になって来ると(PER、PBR、ROE)なども大きく関わって来ます。

ただテロや要人の発言等で突発的に動く時もありますので、このファンダメンタルズだけで、相場予測をするのは、正直難しい事です。

チャート分析。

オンライントレードをするにあたってもぅ一つのやり方です。

分かりやすく言うと株価、為替の動きをチャートによるグラフの動きで、示しているやり方です。

オンライントレードは、このファダメンタルズとチャート両分析の本質をどぅ見極めるか?が一つの鍵です。

今もお伝えしましたが、突然のイレギュラーによって、急速に相場が、変動する時があります。ただこの二つの分析だけに頼らず、世の中の動きを日頃からよく見て、その本質を見極める事も一つの方法です。

鍵は、ローソク足の大きさと髭の長さによる。

そぅですね。チャート分析の一つの攻略の糸口は、このローソク足となります

私自身は正直言って大の苦手としている事ですので、大きく語れませんが、この場でお伝え出来るの事は、ローソク足と髭の長さによってその時の相場の動きが、大きく変動すると言う事です

髭の長さも一つの焦点です。上の髭と下の髭の長さによっても動きが変わる事もあります。




やるならMACDと一目均衡表がお勧めとなりますね。

あくまで個人的であり、昔外為オンラインの佐藤正和先生(外為オンラインのシニアアナリスト)からも教わった事も理由の一つです。

オンライントレードだと(分、時間、日足、週足、月足)と言った、いわゆるその時の時間分析も一つの特徴です。

私的には、「30分足、1時間足、日足」をメインに見ますね。まぁ時には「週足、月足」も見ます。

私の場合は、基本日足となりますが、短期だと分足、中期だと週足、長期だと月足で見ます

オンライントレードの基本は異動平均線です。

仰る通りオンライントレードの基本は、移動平均線です。この場では日足の事で、お伝え致します。

移動平均線は、基本的に2か3本で使用します。言い方を変えれば、「短期、中期、長期」の3本の移動平均線で使用するのが、基本です。

日足だと短期なら5日、中期なら25日、長期なら75日の移動平均線で使用します

移動平均線の場合「短期、中期、長期」の3本の線の使用が、基本となります。

人によっては、短期と中期だけでやる方もいますし、逆に超長期の移動平均線も使用する方もおります

因みに日足の場合超長期だと200日が、基本です

週足と月足の移動平均線について。

念の為週足、月足の移動平均線のやり方もお伝えしておきます。

週足は、基本中期で判断し、月足は、長期で判断する事が、基本です。

週足だと「短期が13、中期が26、長期が52」。

月足だと「短期が12、中期が24、長期が60」。

スウィングトレードをメインとしている方、また今後考えている方の為に、お伝えしておこうと思いましてね(^-^)。

まぁ。短期、中期、長期の使用が、望ましいでしょう。

この線の場合ですと、上昇時にクロスした場合は、ゴールドクロス。下降時にクロスした場合は、デットクロスとなります。

ポジションエントリーをする時には、移動平均線の動きによるこの二つのクロスとローソク足の動きが一つの方法です。

MACDの動きも一つの焦点です。この分析手法もゴールドクロスかデットクロスによって、ポジションのエントリーを決める方法です。

一目均衡表の事もお伝えして行きます。

この分析方は、外為オンラインの佐藤先生も絶賛しておりました。更に私が、一時期お世話になってた、杉下勝先生も絶賛しておりました。

一目均衡表は、一目山人事(細田吾一)氏が、作ったチャートで、純国産の手法です。

この一目均衡表の場合、必ず目くじらを立てて見て欲しいのが、御座います。

それは雲の向きと圧です。更に遅効スパンも要チェックです。

ローソク足の動きもそぅですが、ポイントは、雲の向きと圧の大きさです

雲の動きの向きが、上向きならトレンドは、上昇気流です。圧が大きければ、大きいほど上昇気流が、強気と判断されます

逆に雲の向きが、下降気流の場合だと下降となります圧が強いと当然下降気味となります

これが先行スパンと言いまして、この先行スパンの動きで、強気か弱気かが、判断されます。

先行スパンが、何処かでねじ曲がる事も一つの見方です。

先程触れた遅効スパンの事もお伝えしておきます。

当日の終値を26日遅れてのチャートとなります。

これは一目山人氏と外為オンラインの佐藤先生も強く強調してましたが、ローソク足が、どちらの方向で、遅効スパンが、抜けるかでエントリーが、決まると言ってました。

FXで例えるならローソク足よりも上に抜けたら買いのポジション。逆に下に抜けたら売りのポジションとなります。

余は先行スパンと遅効スパンの動きが、大切と言う事です

あとはボリンジャーバンドですね。

これも最も利用価値の高いチャート分析です。

詳しくは、実際に見た方方が分かる事ですが、一番上の線と一番下の線をメインに見る事です。

ここでもFXの事を例に致しますが、上の線が、上向きだと買いです。下の線が、下向きだと売りです

ただ動きが平行線だと難しいですので、ローソク足の線、MACDの動きとどぅ判断するか?ですね。




まとめ。

ここまで本文で、現代の象徴的とも言えるインターネット社会から生まれた証券取引であるオンライントレードの事についてお伝てして参りました。

私個人的には、FXでの印象が、強いのですが、株取引においてもオンライントレードの時代となっております。

やはり証券取引も時代の流れに沿ってとなります。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。