 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
イノベーション

今後のネット銀行のあるべき姿とは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット銀行。この言葉を聞いたら真っ先に思う浮かぶ事?それはインターネット上に存在するの銀行!と言う事になります。

確かに仰る通り本当に、「インターネットバンキング」となります。

ただ世代によっては、何の事?って思う方もいらっしゃる可能性が、あります

特に後期高齢者世代の方々は、間違いなく何のなの?このネット銀行って?

今じゃネット銀行は、普通の店舗型銀行よりも利便性が高く、何処かのネット銀行の口座を所有している方が、大勢いる事は、お間違い御座いません。

現に私も所有しております。

ただ・・・・・・・(–;)私の場合は、ある諸事情で作らされた事になります。今思えば、所有して正解だと実感しております。

因みに何処のネット銀行かは、申し訳御座いませんが、お応え出来ません。やはり個人情報が、大きく関わって来ますので・・・・・(–;)。

今回何故この記事を作成する事にしたのか?それは、SBIホールディングスが、福島銀行に出資による資本業務提携のニュースで、興味を持ったからです

元々SBIホールディングスには、興味関心を持ってましたし、住信SBIネット銀行とSBI証券は、好きですからね。

それが理由で、何故か「SBIホールディングスが福島銀行に出資したニュース」を見て敏感に反応しました。

あぁ。これ本当に興味深い記事だなって。そぅ思いました。

お話を進める前に、今回のターゲット層をお伝え致します。

予めご了承下さい。

今後のネット銀行のあるべき姿とは。

彼等SBIホールディングスの今回の福島銀行と島根銀行両銀行に、資本した理由は、地方創生による地域活性化と、地方銀行との業務提携により共同店舗の運営の検討を進める為と聞いてます。

今回のSBIホールディングスの資本によって、地方銀行との業務提携による事業こそ今後のネット銀行の姿となります。

お伝えしたいのは、ネット銀行の特徴は、インターネット上の取引となります

店舗型の様に、何かの手続きで、何時間も待たされるのでなく、わずかな時間による「Web取引パスワードと認証番号カード」の二つで簡単にかつ簡潔に取引が出来ます。

このネット銀行の詳しい特徴をこの後の各項目で、お伝えして参ります。

そもそもネット銀行のメリットとは。

 先程もお伝えした通り、インターネット上の銀行ですので、基本はインターネットのサイトが、店舗となります。

その上において、ログイン画面が、私達顧客の取引サイトとなります。

店舗型銀行と違って、Web取引パスワードと認証番号カードによる簡潔な取引が、基本となり店舗型の様に、待ち時間がなく僅かな時間で、手続きが出来ます

これは店舗型の銀行でも取り組んでいる事でもあります。

銀行ですので、基本的にお金の預けと引き出しも出来ます

ただ基本的にインターネットバンキングですので、実店舗は存在しません

どぅやってお金の預けと引き出しが、出来るの?

住信SBIネット銀行と楽天銀行の例で、例えますと、両銀行の場合他社様のATMから利用となります。

両銀行の共通ですと、「ゆうちょ銀行、セブン銀行、イオン銀行、ローソン銀行、イーネット、VIEW ALTTE」の6つで、利用可能となります。

これに加え楽天銀行ですと、「三菱UFJ、みずほ銀行、PatSat」で利用出来ます。

つまりATMの場合、他社との提携によるATMとなっており、利用時間も各ATMと同じ時間となります

コンビニ系だと24時間365日利用出来ると言う事です

更に引き出しと振り込み手数料も一定回数なら無料となります。これはネット銀行によって、回数は疎らとなります。

基本的に振り込みは、Web上となりますので、当然スマホでも出来ます。

取引はスマホやパソコン等のデバイスでの対応となります。

更にATMは、24時間365日対応となります。まさに便利です。

ネット銀行のデメリットとは。

一方のデメリットは、住信SBIネット銀行の例で例えますと、まず小銭の預けと引き出しが、出来ない事です

引き出しならともかく預けとなると、これはもぅメガバンク等の店舗型を利用する手しか方法はありません。実際私もそれに困ってますので。

基本的にネット銀行の場合は、Web上の取引となりますので、店舗での取引じゃありませんので、当然やり方を知らないといけませんので、慣れない内は、意味不明となります。

更にWeb取引パスワードを忘れ、認証番号カードをなくしたら当然取引が、出来なくなります。

インターネットバンキングですので、パスワード等が、ハッキング等に会う可能性も御座いますセキュリティ対策も怠らない事です

普通の店舗型と違って基本的に、無休体制のコールセンターを設けてますが、受付時間が、存在します。時間外の対応は、基本しておりません。

つまり大切なのは、Web取引パスワードを忘れず、認証番号カードを大切に保管する事です。

これを分かってたらネット銀行は、非常に便利で有り難みが、ある存在です。

そのネット銀行のデメリット解決策としてこの行動を取ったと思う。

一番印象的なのは、やはり実店舗による案だと思います。いくら便利なネット銀行でも、店舗はインターネット上となります。

メガバンクとかの様に、店舗との連動サービスの展開じゃ御座いませんので、正直言って商品の説明となると、インターネットによるサイトでの説明となります。

いくらネット銀行が、便利でも人によっては、口頭による説明じゃないと、理解出来ない事もあります。恐らくデメリット解決策の一つになります。

私個人的に見ている一番のデメリット対策は、やはり「小銭」の引き出しを実現可能にする為じゃないかなって思います。

住信SBIネット銀行の例だと、小銭の引き出しは、基本的に出来ません。

あと振り込みに関しても、スマホなどデバイスでないと出来ない事も難点と見てます

普通の店舗型だとATMでも出来ますが、ネット銀行だと基本的に、ゆうちょ銀行など既存のATMこそ対応はしておりますが、基本的にコンビニ系のATMが、メインとなりますので、どぅしても振り込み作業だとデバイス環境となります。

ネット銀行が三大メガバンクに対する勝負策となる。

SBIホールディングスの例を上げると、私の個人的な見方であり意見に過ぎませんが、いよいよ本格的に、メガバンクとの勝負に出たと言う事に、なりますね

まだ島根と福島の二つの地銀で資本してませんが、恐らく地銀と提携を結んで、組織力強化を図る事を意図としておりますので、ネット銀行のデメリット改善に繋がり、メリットを更に引き伸ばせば、今後メガバンクに対抗出来るだけの環境に繋がる事は、間違いなく起きるでしょう。

特に小銭の引き出しとATMによる振り込みが、可能となれば。

この先地方銀行との資本提携が、拡大すれば、新たなネット銀行のあり方が確立し、メガバンクに対抗出来るだけの基礎が、完成する事になります。

それは地方銀行活性化にも繋がる。

間違いなくそぅだと思います。これは地方の経済活性化にも繋がる可能性も秘めてます。

分かりやすく言うとパ・リーグの球団が、それに値します。

セ・リーグでも地方の球団は、存在しますが、どちらかと言うとパ・リーグの方が、印象が強く感じます。

ソフトバンクと楽天の両会社が、最も良い例です。共にインターネットビジネスを母体とした企業であり、プロ野球による地方活性化により、ビジネスの拡大を図ってます。

この例を上げれば、今回のSBIホールディングスの地方銀行の資本提携は、まさに彼等による地方活性化運動となります

まとめ。

ここまで本文で、ネット銀行の事とそのネット銀行の今後の存在のしかたにつぃてお伝えして参りました。

改めてお伝えしますと、ネット銀行は、その言葉通りインターネット上における銀行で、その支店に関しては、インターネット上の架空の支店となります。

SBIホールディングスが、地方銀行との資本提携を積極的に実行し、この先のネット銀行の存在感が、ますます増して行く一行となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。