 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
教育

子供または幼児の頃から英語教育が必要。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今の時代社会のグローバル化の進行は、著しく、今後インターネットを駆使したツール。

つまりskypeやZoomなどによるネット通信などによるビジネスツールも台頭しておりますので、グローバル社会が、本当の意味で、身近な存在になりつつあります

となるとやはり世界共通語である「英語」を話せる様にならない時代が、当たり前の時代となりつつあります。

ましてや2019年に「外国人労働者受け入れ拡大法案」も通り、今後徐々に外国人労働者が、増える時代になる事は、間違く到来する時代となるでしょう。

言葉を変えればアメリカやシンガポールの様に。

もっと言えば、企業の完全なグローバル化。これはあくまでも私の個人的な意見であり、考え方に過ぎませんが、例えば中東諸国の方は、物凄い手先が器用であり、日本でよく聞く(廃品回収車)が、何処に流れるか?ですよね?

あれは中東諸国に回り、彼等の持ち味である手先の器用さによって、壊れた物を修復し、リサイクル品として現地に売り出されます。

この事を例にして取ると、製造業において、中東諸国の方の力を借り、より高性能さと頑丈さを重ね備えた品物を作り上げる事が、出来ると言う強みがあります。

こぅ言うシナリオが、現実になると、今後間違いなく(英会話)が、出来ない方は、社会から弾き出される事になります。

例え法律上でそぅ言う決まり事が、なくても自然的にそぅなるケースとなります。

となると学校の義務教育においても、小学校の頃それも小学校一年生の頃からの教育が、必要な時代が、訪れる事もあり得ます

または、幼児向け英会話教室の必要性も出てます

つまり物覚えが早く何でも興味を持つ時期から英会話力を身に付けなければ、ならない時代となりつつあります。と言うよりもぅなってますけどね。

さてそろそろ対象の方をお伝えしないとなりませんね。

これだとメインターゲットは、やはり全てとなりますね。やはり今の時代の事を考えてですね。

予めご了承下さい。

子供または幼児の頃から英語教育が必要。

仰有る通り子供の頃から英語と英会話の教育機会を与える事は、とても大切だと言う世の中に浸透しつつあります。

分かりやすく言うと、町中にあるキッズ向けの英会話スクールが、存在している事が、何よりの証明となります。

言葉は、幼少期の頃に、自然と覚える環境になります。

何故か知りませんが、幼少期の頃に無意識の内に、何かしらの言葉を覚えます。

理由は頭が最も柔らかい頃から覚えるのが、望ましいから。

一番の理由は、見出しの通り一番物覚えが早く、好奇心旺盛な時期から教育させる事です

何しろこの頃が、一番物覚えの吸収力が、早くすぐに身に付く時期だからです。

更に言えば、前頭葉が最も働く時期でもあるからです。

だからECCなどにおいては、キッズ向けのスクールも開講しています。幼い頃から入校させる事は、それだけ意識が高い証拠です。

忘れてはならないのは抑圧的な教育をしない事。

ただ社会に通用する為に、英語力が必要だからと言って頭を押さえ込む様に、英会話を覚えさせるのではなく、楽しくポイントを教えて、好きになってもらう様に、導く事です。

特に幼少期の頃の影響は、後の人生に大きく残る事になります。

今後は国際社会に通用する人材教育が、求められる。

これはもぅ昔から言われている事ですが、今現在もグローバル化のレベルが、社会の発展と共に上がりつつあります。

今後間違いなくグローバル社会に対応した人材教育が、必要な時代となります。

何故なら企業の海外進出を見れば分かる様に、我々日本人も海外転勤する事もあり得ます。

インターネットが当たり前の時代となってますので、当然メールも英文書の時代となってます。

その基礎中の基礎が英会話力と英語の解読力です。

従って英会話力と英語の解読力が、どぅしても必要な時代となって来ます。

現地。つまり海外で仕事をする上において、必要不可欠なスキルの基礎は、やはりコミュニケーション力となります。

いくら仕事が、出来ても大元となるコミュニケーションが、出来ないと仕事が、円滑に出来ないのが、事実です。

それに伴い海外生活における適応力となります。

それは文化や食生活等全ての生活における事です。また現地の人と上手くお付き合いが、出来る為の人間力も伴います。

その基礎中の基礎は、まさに英会話力。

そぅなります。先程もお伝えした通り、まずは英語が、出来る様にならねばなりません。

著名人で、スピードラーニングで覚えた方もおりますが、やはり一番望ましいのは、幼い頃から英語教育を受ける環境を整える必要性が、あると言う事です。

先程もお伝えしましたが、個人で児童子供向けを対象とした英会話スクールの存在が、その事を強く象徴しております。

まとめ。

ここまで英語と英会話の基礎を学ぶのが、子供それも幼少期の頃から必要である事をお伝えして参りました。

必要な事は、当たり前でありますが、ただ頭ごなしに、スパルタで抑圧的なやり方で、進めては駄目です。

肝心なのは、子供に自分から好きになってもらう様導く事が、我々大人の役割となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。