 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
ビジネス

掃除を効率化すると言う意味は。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では(清掃用機械)をメインに作成します。

今の時代昔の方と違って、体力勝負の時代じゃありませんし、ましてや箒で階段を掃いている際に(ほこりが舞う)とかのクレームもある時代ですから清掃スタイルも(機械をメインとしたスタイル)にシフトしつつあります

どぅすれば清掃を効率化する事が、出来るのか?またその効率化の意味とは何なのか?

そぅ言った清掃の方向けを対象とした事をお伝えして行きます。

と言う事を基本に、清掃機械を用いた清掃が、現在どれだけ必要なのか!その事を今からお伝えして行きます。

予めご了承下さい。

清掃は機械清掃を主体となりつつある。

機械と言っても様々な種類の清掃用の機械が、存在しますからね。代表的なのは、やはり(ケルヒャー)社ですね。

あと私が知る限り(AMANO、蔵王産業、マキタ、ペンギンワックス、リンレイ)ですね。大体この六社が清掃用の機械を取り扱ってるのは、知っております

とにかく昔の体力勝負の時代じゃありませんし、ましてや時代の流れと共に、清掃機械を使用した事で、業務効率化や確実な清掃が、求められる時代です。

一つの理由としてクレームの対応。

今も言いましたけど、箒等で掃いているとクレームになる時代ですし、施設等も大型化してますから従来の手作業の時代じゃ難しい時代となって来ております。

まぁ私の様に個人的な考え方じゃとやかく言える事じゃありませんが。やはり今の時代機械清掃が一つの焦点です

最も身近なのが携帯掃除機ですね。

まず真っ先に見る機会があるのは、掃除機ですね。今の時代背負い式の携帯掃除機が、普及してる時代ですからね

私が知っているのは、(ペンギンワックス社)の(マイティメイドバックパックⅡ)と(マキタ社)の(充電式背負いクリーナ)と言うリュックサックやランドセルの様に背負うタイプの掃除機です

理由として実際やっているのを見た事があるからです。またマキタ社問わず、近年では(充電式コードレスクリーナ)が、パナソニック社などでも見られます。

詳しくはメーカーのサイトで閲覧するか、ヨドバシカメラやヤマダ電機等の家電量販店で実際見て確かめる事をお勧めします

私が見た時は、階段や狭い通路などで使用している時です。

やっぱ今の時代は掃除機でやる時代なんだなぁって。つくづく思いました。

今は機械清掃でないと対応が不可能?

あっ。そぅ言えばビル清掃している方で、業務用の掃除機を見た事があります。オフィスビルになるとカーペットや床がメインとなりますので、やはり掃除機でやるのが、効率良いと言うべきですかね?

その(カーペットと床面の二つのタイプの清浄機)も存在します。

これはリンレイのルークっ言う機械を見た事があります。

またケルヒャー、AMANO、ペンギンワックス社の3社においては、床面清浄機と言うのも取り扱ってますしね

駅舎清掃じゃよく使用しているのを見かけます。実際に都営地下鉄と東京メトロの駅でその機械で清掃をしているのが見かけた事があります

やはり頑固な汚れに対応する為。

今の時代汚れも科学的な汚れが、目立つ時代ですからやはりこぅした床面とカーペット用の清浄機で、対応しないと頑固な汚れや染みが落ちない時代なのですね。

こぅした一つの事で、より確実な清掃業となりますね。

(シルバー)と言うバッテリー式動力掃除機と言うのも聞いた事があります。これも駅舎清掃で見た事があります。恐らく大型施設でも使用している所もあるかと思います?

これを使用すれば、広い通路やコンコースなどもより効率的にほこりが取れますね。

お勧めはポリッシャー!

個人的にお勧めと言うより、便利なのが「ポリッシャー」です。これはかなりの広範囲で使用が出来る優れ物です。

実は私も素人ながら昔(ある方)から使い方を教わった事があります。

それが理由で一応ポリッシャーは使える事は出来ます。ただ扱い方のレベルは本当に素人レベルですけどね・・・・・・・(-o-;)

私が使用した事があるのは、あくまでごく普通の(コンセント式)のタイプです。このポリッシャーもまた面白いタイプも出てます。

バッテリー式のコードレスタイプです。やはりコンセントタイプですと広範囲で使用するには、コードリールが必要になって来ますので、その欠点であり弱点を克服する為に開発されたと思います。

使いこなすには数多く使う事。

ただ使用するには、かなり慣れる必要があります私もそぅでしたが始めは、広くまっ平らな場所で練習をする事です

慣れない内は、機械に振り回されて持ってかれる事もあります

ましてやコードで足元が引っ掛かってしまって怪我した方もいる事も聞いた事があります。

さらにパットと言うブラシも時には外れる事もあります。

あと超高速振動型ポリッシャーと呼ばれる(ナノエッジ)と言う物も存在します。

通常のポリッシャーよりも小型で、ポリッシャーじゃ届かない狭い所やトイレ周り、ビルの階段清掃も可能です

これも使えればそれだけの利便性がありますね。個人的には使える様になれれば・・・・・・( ・∀・)ノと思いますがね(-o-;)。

と言う事です。やはり効率的で確実な清掃をするには、今の時代機械と手作業の使い分けが重要なんだなぁって思いながらこの記事を書きました。

まとめ。

ここまで清掃機械による業務効率化に関する事をお伝えして来ました。

確かに時代の流れと進歩と共に、より高性能の清掃機械と、新しい清掃用の洗剤が、必要であります。

その一つの現れとしてこの記事で、お伝えしたい事が、機械清掃による効率化の言う事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。