 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
世界情勢、世界的危機

投資を始めたいならまず金融経済の教育を受けてからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投資」を始めたい。そぅ言う方は、この世の中かなりと言って言い位、計り知れないと思います。実際「日本経済新聞」を始めとした(経済に特化)した情報誌をご覧になられると、「投資」関連の書物の宣伝をしております。更にその「日本経済新聞」を始めとした(経済に特化)した情報誌をご覧になってると、必ず「金融、経済」の記事項目が、ご覧になれます。

それだけでなく「株式、外国為替、商品、資源」等と言った関連の記事も同時に見れる事も出来ます。「経営者、東証一部上場企業にお勤めの方、投資家」と言った方は、そぅ言った「日本経済新聞」を始めとした、(経済に特化)した情報誌をご覧になる習慣が、あると思います。やはり金融と経済の大元の情報は、そぅ言った所から収集元となりますからね

その主なサイトは「ロイター」です。私もこのロイターは、大好きです有料サイト扱いとなりますが、色々と便利なサイトです。「金融経済」関連には、うってつけで持って来い!です。何しろ(世界三大経済サイト)の一つですからね。あとは「ブルームバーグと日経Quick」です。

こぅした「金融経済」サイトや情報誌を活用して、情報を収集する事も大事です。ただそれでもにわか仕込みの金融経済の知識を学んだとしても中途半端に、覚える形となりますので、やはりここは、金融経済の基礎を学べるセミナーに、行くのが堅実的だなと思います

また「金融経済」にご興味が、ある方も対象とさせて頂きます。

予めご了承下さい。

投資を始めたいならまず金融経済の教育を受けてからです。

株式投資」、「FXトレード」、「CFDトレード」、「債券投資」、「投資信託」、「商品先物」、「不動産投資」。

これ等だけでも数多くの「投資」が、続々と出て来ます。これ等の仕組みを覚えるだけでも大変な事です。これ等全てに共通する「ある物」が、大きく関わって来ます。

全てに結び付き共通して関わって来るのが、この外国為替市場なのです。何故なら「株式投資」を例えで話しますと、証券取引所に上場されている銘柄の数は、計り知れないです。これ等全て覚える事は、正直不可能ですけど(自動車)を始めとした輸出関連銘柄は、かなり外国為替市場によって左右される銘柄が、特徴的と言えます

何故なら為替レートによって、輸出する時の金額が、大きく関わって来るからです円安か円高によって、会社の収益が決まるからです

こぅした事からやはり「外国為替市場」も「金融経済」と大きな関わり合いが、ある事は事実だと思います。では何故その関連性が、あるのか?その事を簡単に、お伝え致します。

まずは「金融」の事からお話しさせて頂きます。

一言で言うとお金による資金の融通する事をさします。その主な機関は「銀行を始めとした金融機関」となります。

次に「経済」の事をお話しさせて頂きます。

仕組みとしては、「人、物、金、情報」の流れによる活動の一種である。この活動の流れの勢いと強さが、しっかりとしていれば、「景気」も良くなります。逆に何かしらの原因による「トラブル」が、発生したら「景気」後退になります。

お伝えしたい事は、お金の流れの仕組みから始まり、そこから企業活動が開始され、その活動による情報から人に伝わり、やがてその活動による消費が、発生します

この活動が、どれだけの強さがあるのか!?それによって、「経済」の強さが、証明されます。

その事を知る尺度としては、「失業率、消費者物価指数、政策金利」の三つとなります。

更に政治経済のニュースの対応力も必要です。

政治と経済」の関連性は、非常に大きいです。経済の仕組みを改めてご説明させて頂きますと、「金、人、情報、物」の流れから始まり生み出させる物の一種です。その土台となるのが、「政治」です。

そもそも「政治」って何なの?って思いますよね?まぁ今の日本だと正直無関心であり、うんざりし嫌気がさす出来事になります。

しかし!この政治の強さも経済を動かし、支える為のキーパーソンとなる存在です

改めまして「政治」とは何なのか?

国を治め動かす為の機関ですまたは国を支える為に必要不可欠な存在となります。その為に必要なのは、「政治家」です。そこから「政治」を作り上げて行きます。

つまり「政治」が、しっかりし信頼されれば、「金融経済」が、安全性信頼性を抱えた国は、それだけ国の治安情勢も良く、防衛体制も整っております。従って強く強固な政治基盤が、強いとそれだけ「経済」も強いので、結果として「投資」対象として高く評価されます。

日本で言うと「戦国時代」の天下統一を果たした「織田信長」の頃の日本です。あの頃は、確かに戦乱の世でしたが、強い「政治力」が象徴されていました。あと「徳川幕府」の頃の日本です。

一方の海外だと・・・・・・やっぱ「アメリカ」ですね。

最終的に必要なのは、外国為替と世界情勢に対する知識と分析判断力です。

金融経済」の事を本当に、学びたいのであれば、私として最も最適なやり方は、「外国為替市場」に強くなる事です。また「世界情勢」に対する(分析判断力)を同時に、身に付ける事です。

この「外国為替市場」と「世界情勢」二つに対する(分析判断力)に対して、強くなれれば、まず「FXトレード」に対する「ファンダメンタルズ分析」に対する力が、強くなります。

例えば身近な例で例えたら「米国の雇用統計」の発表です。この指数が、世界中で最も注目される指数であり、「外国為替市場」における(最大の最重要)の発表となる指数です。

また相場が、動く指数となると「GDP」ですね。また欧米市場が、オープンの時間帯に関して基本的に、日本時間が夜間の時間帯ですので、相場は寝ている時に動くと言う格言が、御座います。分かりやすい例で言うと「テロ」による事件です。

こぅした事から「外国為替市場」に強くなると、「金融経済」の事が、何となく見えて来ると思います。なので、「金融経済」の仕組みを知ると同時に、「外国為替市場」に対する(知識、対応力、仕組みの本質)を知る事によって、「投資」の仕組みも分かって来ると思います。

その意味合いを詳しく知るべく合わせて「こちらの記事」と一緒にご覧頂くとより「外国為替市場」の事の重大性が、分かって来ると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。