健康

風呂の入浴によるリラックスで健康促進。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




この記事のテーマでありキーワードは(入浴)です。

近年と言うより現代社会において(夏場であり独り暮らしの方、自宅の浴室が欧米式トイレ一体型ユニットバスの方)シャワーで済ます方が多いと見ております?特に夏場は

確かに夏場の猛暑において入浴は、したくない!方は、大勢いる事は、お間違い御座いません。

そりゃ風呂を沸かして湯船に浸かると入浴後に汗は、かきますし、体が温まって暑苦しいですからね。

その気持ちはよく分かりますよ。

けどこの夏場にこそ入浴は必要です。例え自宅がユニットバスでも。めんどくさくても。暑いから嫌だ!と言っても。

何故入浴がそこまで必要なのか?それを今からであり、この記事でそれをお伝えする事が目的です。

勿論記事作成の理由であり、その対象の方をお伝えする事も。

予めご了承下さい。




入浴をする事で得られる効果とは?

風呂の入浴をする事で、得られる恩恵は何なのか?また風呂の湯船で、リラックスで健康促進する方法とは何なのか?

体全体を洗って綺麗サッパリとした体で、湯船に浸かると、何か一日の疲れが、取れたなって感じが、しますよね。

何で風呂で入浴すると、リラックスが、出来るのか?

まずはそこからお伝えします。

ストレスを解消したい時。

そぅですね。これはもぅ人の本心でありますからね。私もそぅですが入浴すると何か精神的にほぐれますね。

安眠快眠したい時。

まぁ。今のこの現代社会における疲れ方って正直しんどいじゃないですか。

だからこそ入浴で、血行促進効果を高めて、疲れ等の老廃物の排出を努めるべきです。

足の疲れむくみを取りたい時。

当たり前と言ったら当たり前です。立ち仕事や肉体労働者、歩行仕事の方は基、通勤通学の立ちっぱなしでも疲れますからね。

筋肉の疲れを取りたい時。

これも足の疲れと一緒ですね。

筋肉が、ついて来ると、自然と血流が、よくなって来ます。その血流の良さを活かして、入浴時で、疲れを取りやすくする事です。

肌を美しくしたい時。

私は男性なので、これには何とお応えしたらいいのか(-o-;)。

女性の方にとっては、新陳代謝を高めやすくなりますので、美肌効果には、うってつけです。

これから一仕事したい時。

ありますね。朝風呂入った後は。

まぁ。これ等が出て来ますね。勿論正しい入浴方法も存在します。(水風呂、サウナ風呂、微温浴、高温浴)と色々と上がって来ます。

この場で推奨するのは、凡そ40℃~42℃の半身浴をご紹介します




半身浴を推奨する理由とは?その効果とは?

まず我々日本人が、好む42℃以上の高温浴ですが、体の免疫力を高め、低体温症の改善、メタボ、不眠の解消に繋がると言う恩恵が、あります。

一方で、交感神経を緊張させる作用があり、10分以上浸かると血圧や心拍数を上昇させる事になります。

特に高血圧症と動脈硬化のある方は、避けて下さい。

と言う事です。では40℃~42℃の半身浴の推奨理由をお伝えして行きます。

まずは半身浴の特徴であり恩恵効果からお伝えして行きます。

身体の負担が軽く、足の疲れやむくみをほぐし、汗がよく出ると言う特徴があります。

身体の負担の軽減の理由をお伝えします。

入浴には水圧の効果と言う言葉が存在します。湯槽につかってない箇所に関しては、水圧がかからないので、肺や肝臓等に負担がかかりません。

更に心拍数や血圧の上昇の負担も軽いのも特徴です。43℃以上の場合は気を付けて下さい。理解して欲しいのは、お湯の温度が心拍数と血圧の上昇に左右されるか?です。

足の疲れとむくみの解消についてです。

元々入浴の効果は、血液の循環を高めます。

全身浴でも半身浴でも効果は変わらずです。

ただし入浴時間が短いと効果は全く得られませんので、理解の方お願いします。

ある程度の時間で半身浴をする事により足の疲れやむくみをほぐし、筋肉等の疲労回復効果が得られます。

汗がよく出るについても簡単にお伝えします。

全身浴よりも出ると勘違いしている方がいると思いますが、違います。いかに長く浸かるか?が大事です。

この半身浴が全身浴よりも負担が軽くいかに有効に効果的に利用するかが、一つのキーワードです。全身浴だとどうしても身体全体を覆いますので、ちょっと浸かるだけで熱くなります。

従って身体の負担が軽く半身だけ浸かるこの半身浴の方が、長く効率的な入浴が出来ます。こぅする事によってシャワーだけの入浴じゃ得られない疲労回復効果の恩恵を得られます。

また入浴剤を利用してリラックスする方法も存在します。

人によっては半身浴後に冷たいシャワーと熱いシャワーの交互で浴びてる方もいます。

色々とありますが、やはり疲労回復をするなら40℃~42℃の半身浴が、一番です。

入浴後に水分を摂りストレッチをする事が、とても大切です。




まとめ。

ここまで入浴の事とその入浴によってどの様な効果と恩恵を得られる事をお伝えして来ました。

改めて振り返ると、入浴をする事で、血液の流れを促進し、疲労回復効果にも役立ちます。

更に病気の対策にも役立つと言うのが、よく伝わって来ます。

そぅ考えるとやはり入浴は、健康な体を作り出すのに、必要な要素となります。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。