 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
イノベーション

スマートシティの構想と事例は。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近々このスマートシティと言う言葉をよく聞きます。

この言葉を知ったきっかけは、たまたま日経事日本経済新聞の記事で、何か面白そぅな記事だなぁって言う理由で、興味を持ちました。

故に機会があれば、スマートシティの事を記事にしようとも決めてました

スマートシティって、正直言って世界最先端の都市だなって言う印象が、あります。実際何かそんな感じが、します。

そもそもスマートシティってどぅ言う事なの?正直言ってこの記事を見て、知る人がいる可能性が、ある事も考えられますので、その概要をお伝えしてから話を進めさせて頂きます。

そのスマートシティとは何なのか?

IoT(Internet of Things)の頭文字の略式名称で、日本語に略すと(モノのインターネット)の先端技術を駆使した最先端技術の都市の事を指します。

もっと詳しく言うと基礎インフラと生活インフラ・サービスを効率的に運営管理し、人々の生活環境を整えた中での人々の生活の質を高めた上での継続的な経済発達を目的とした都市の事を意味する。

このスマートシティプロジェクトは、世界各地で進められているプロジェクトであります。

経済発展国。言葉を変えれば、新興国では「次世代都市プロジェクト」と呼ばれ、一方先進国では「再開発都市プロジェクト」と呼ばれています。

理由として、インフラ等の老朽化に伴い最新技術で、再開発を試みると言う事になります。

つまり先進国と新興国の共通点は、最新テクノロジーで、最新技術による都市開発が、進められていると言う事です。

この上において、先進国では「高齢化社会、基礎インフラの老朽化、エネルギー不足」等課題問題が、山積している事も事実です。故に人手不足も課題となっております。

事例をあげるとAI機能を使った無人店舗化も試みている所も具体化が、進められてます

つまり人には、出来ない事を可能にする新たな街作りの一貫としてもとらえられます

そろそろターゲット層をお伝えしたいと思います。

予めご了承下さい。

スマートシティの構想と事例は。

様々なスマートシティのサイトを見て、感じた事は、いくつか当てはまりました。

やはり感じた事は、一極による都市部の人口集中によって、環境問題に対するエネルギー問題が、真っ先に上がって来ます。

地域によっては、地域活性化を図り、その地域と環境を活かした都市開発が、進められている事も上がって来ます。

都市部ですと、やはり5Gを駆使した次世代型の通信システムによるスマートシティの構造となります。

スマートシティの一つ柏の葉。

インターネットで、検索して調べたら検索に引っ掛かりました。

この柏の葉のスマートシティの特徴は、公式サイトを見て真っ先に感じた事は、環境への取り組み方が、伝わって来ました。

何より環境問題を第一に考え、再生可能エネルギーを効率的に、取り組む姿勢が、今の環境問題に対する象徴だなって伝わって来ました。

その上において、電力を分散電源によって電力を地域で融通しあえると言うスマートグリッドを国内初に取り組んでいます。

恐らくこれが、スマートシティ柏の葉が、真っ先に検索エンジンに上がる理由の一つやもしれません。

スマートシティの実現拡大の可能性。

今後スマートシティの実現拡大の可能性は?今世界中が、取り組んでおりますので、今後ますますテクノロジーの発展と共に実現拡大の可能性は極めて現実化する事は、間違い御座いません。

例えばですが、ユニセフが、活動しているアフリカなどの貧困な地域だと場所によっては、水道はおろか(井戸)でさぇもない所ってあるじゃないですか?

けどそぅ言った支援団体の方々により、井戸を作ってくれた事で、水のインフラの問題が、解決しました。

これに比例して、今後ミャンマーなど民主化が、進んだ国の場合、新たなビジネスチャンスとなります。

またカンボジアなどもビジネスチャンスが、あると聞いた事があります。

そぅ言った発展途上国にとっては、新たなイノベーションとなり得る訳ですよね?

と言う事は、世界中の国と地域が、(今こそビジネス拡大のチャンス)だ!となります。

言いたい事。今後成長が、見込める国の為に、インターネット環境とインフラ整備の急速化も進んで来ます。

今後一つの社会モデルとなる。

間違いなくなって来ますね。地球環境問題だけでなく、インターネットを駆使したシステム。自然環境を活かしたインフラ。

昔SFをテーマにした作品の都市が、今や現実化となりつつありますからね。

まさに新世代の都市開発プロジェクトですよ。

次世代都市となると、確かに最新技術による都市開発となりますが、同時にセキュリティ設備の万全化も必要となって来ます。

何しろ無人店舗が、存在する時代になりつつありますからね((( ;゚Д゚)))。

セキュリティ対策を施してこそ次世代都市の完成型。

完全に完成型とは、言い切れませんが、スマートシティとなりますと、AIを活用した無人型店舗と言った未来型システムが、大きく実用化されて来ます。

ただそぅなって来ると、セキュリティの問題も出て来ます。

やはりそぅなって来ると、AI技術を活用した機械警備、あるいはロボットを使用したセキュリティ対策が、スマートシティ構造の象徴的になり得るでしょう。

まとめ。

ここまで本文で、スマートシティの構造とその事例についてお伝えして参りました。

スマートシティの構造となると、私は環境問題に対する取り組みと最新テクノロジーによる融合型の都市開発の印象が、強く伝わって来ました。

やはり時代の成長と進歩によって、都市開発計画も社会の象徴とも言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。