 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
イノベーション

企業を育てたいならM&Aによる戦略で行くべきである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新聞(特に日本経済新聞)とかの一面の見出しを見ていると、時々「企業の買収」の事を耳にする時が、あります。この記事を作成した2020年11月の終わり頃に、「三井不動産」が、「東京ドーム買収」に向けての株式公開買い付け(TOB)を実施するニュースが、当時最も印象的で、記憶に新しいM&Aとなりました。

これはあくまで、2020年11月の終わり頃の段かでは、(TOB)をしているだけであって、実際に子会社化したかは、この記事を作成した当時では、分かりかねます。ただ人によってこの記事に目を通す時には、すでに「東京ドーム」が、「三井不動産」の子会社化している可能性もあるやもしれませんね?あくまで推測に過ぎませんが。ただこれが現実と化したら(東京読売巨人軍)が、つぃに本当の意味で、自前の本拠地を持つ事になります。とおっしゃいますと、「東京ドームの株式の20%は、すでに読売新聞社グループに譲渡しており、3社間で資本業務提携契約を結ぶ形で、話し合いを進めております

ただこの「東京ドーム買収」の話しは、あくまで一つの話題として出しているたげですので、(東京読売巨人軍)ファンの方を対象としている訳ではありません(–;)そこの所は、十分ご理解して頂くと助かります

更に独立起業をされた方には、是非とも今リンクを貼った記事と併用してご覧になって頂きたいです。

その上において予めご了承下さい。

企業を育てたいならM&Aによる戦略で行くべきである。

今の企業の成長戦略の一つの象徴として言えるM&Aによる企業買収それに伴う経営統合によるグループによる子会社化

今国際的知名度が高く、世界に勝負出来る名だたる企業を見ていると、本当にM&Aでの成長戦略をしている企業が、数多く目立ちます

私が好きな企業だと「三井住友フィナンシャルグループ、ウォルト・ディズニー・カンパニー、スクウェア・エニックス・ホールディングス、google、NTTグループ、バンダイナムコホールディングス、ソニー、Panasonic、サムスングループ」が、個人的にM&A戦略によって、会社の成長を印象付けてます。

あと「ソフトバンクグループと楽天」も積極的なM&Aによる成長戦略を行っている印象が、世間に強くアピールしている企業と言えます。

何故M&Aをして会社を大きくする必要性が、あるのか?これはあくまで私の個人的な考えに過ぎませんが、その理由と意味をお伝え致します。

となります。私から見てこれに該当している企業だと、「三井住友フィナンシャルグループとスクウェア・エニックス・ホールディングス」が、印象的です。

三井住友フィナンシャルグループ」からお伝え致します。2008年に、「日興コーディアル証券」の当時の親会社であった「シティグループ」が、金融危機以降の業績悪化の為に、「日興グループ」を売却し、その後当時の社名である「日興コーディアル証券」を「三井住友フィナンシャルグループ」が、株式を取得し、現在では(SMBC日興証券)として、社名が変わっております。

その(SMBC日興証券)と(三井住友銀行)との提携サービスを確率した事に、よって銀行と証券の一体化サービスが、実現しました。

一方の「スクウェア・エニックス・ホールディングス」の場合ですと、彼等の特徴は、何と言っても(ファイナルファンタジーシリーズとドラゴンクエストシリーズ)を軸としたRPGが、最大の特徴のゲーム製作会社です。

ただ昔(アーケード)分野に物凄い力を誇る「TAITO」を傘下企業にした事によって、(アーケード)事業に参入した事により、(ディシディアファイナルファンタジー)が、良い例で、歴代の(ファイナルファンタジー)のキャラが、アーケードで遊べる様になりました。

と言う主な事例を上げさせて頂きました。

ただM&Aの失敗事例も把握してからでないとリスキーな戦略となる。

と言う事業拡大を図り、組織の成長にも繋がるM&Aですが、一方で失敗した事例も存在します。主な企業ですと「東芝、丸紅、マイクロソフト、キリン、ウォルマート」が、上がって来ます。

では何故失敗するのか?その原因をお伝え致します。

これだとやはり一番の大元は、やはり3番目の「双方にメリットがなくデメリットが大きい」事が、発端となりますね。M&Aを実行し、試みると言う事は、やはりそれだけ双方の企業にとって、「成長戦略」に繋がるからこそ実行すると言う事になります。

ただすれば良いと言うのではなく、双方の企業が、明確な戦略の実現化が、確信しないと失敗に終わります。それこそ「経営破綻」のリスクに繋がります。

それでもM&Aによる戦略で勝負するなら彼等に頼るべきである。

光ある所に影ありし。その言葉通りにたどるなら失敗事例を学ぶ所からM&Aの成長戦略を立案し、企てるべきです。その為には、「仲介者会社」の力を借りる必要が、出て来ます。

株式会社ウィルゲート様が、それに値する会社となります。

彼等なら正しいM&Aのスキームを導いてくれます。

先程お伝えした失敗事例から始まり、M&Aの正しいスキームのノウハウを提供してくれます。その上において、双方にとって、現実的なM&Aによる成長戦略へと導いて下さるでしょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。