イノベーション

自分の伝えたい事を楽しい場所で伝えて視野を広げよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今とは問わず、私が知る限りだと昭和時代の真っ只中「1926年の12月25日」に「浜松高等工業学校の高柳健次郎氏」が、(ブラウン管テレビ)の開発が、きっかけで日本に(テレビ)が、誕生しました。

後に戦後の「高度経済成長期」の頃から本格的に(テレビ)が、日本に普及し始めました。

この(テレビ)と言う一つの媒体の誕生によって、その(テレビ)を通して、メディアと言う形式を用いて「伝えたい事を伝える」と言う一種の「テレビ番組によるプロモーション」が、誕生する事となりました。

やがて1990年代半ばから後期にかけて、「インターネット」が、本格的に普及し始めました。

その後「ホームページ」と言う一つの媒体によって、メディアによる「プロモーション」の幅が、格段に広がりました。

その証拠に、今の(スマートフォン)による「インターネット」の身近さと、それに伴う「ホームページ、SNS、動画配信」による「プロモーション」が、その答えを示しております。

一つの媒体による「プロモーション」で、自分が楽しい事を伝えるのは、とても素晴らしい事です。

その一つの象徴と言うべきなのが、「エンターテイメント」と言う存在です。

どれがどぅって言うときりがないので、長々とは語れませんが、一つの世界観を作品としての形を具体化し、その作品を世に展開する事も楽しさを伝える事です。

予めご了承下さい。

自分の伝えたい事を楽しい場所で伝えて視野を広げよう。

その楽しい事を伝える為には、やはり一番確実な事は、先程も申し上げました通り、「メディア媒体によるプロモーション」で伝える事が、最も確実で現実的と言うべきです。

これは「ビジネス」にも同じ事が、言えます。自社の「ビジネス」を世に宣伝するにあたって、やはり「プロモーション」による伝え方をしないと、この宇宙のごとく広い(グローバル社会)で、効率良く伝える事は、とても難しく至難の技となります。

プロモーションの形は幅広く千差万別となる。

その証拠に「ホームページ、SNS、動画配信」による「プロモーション」が、その答えを示しております。

勿論従来の「ペーパー広告」による「プロモーション」も展開しております。(デジタルのアナログ)の使い分けによる宣伝も重要です。

こぅしたありとあらゆる手段を用いて、「プロモーション」を通じて、自分が伝えたい事を伝える。

この活動をしていると、自然と視野が広がって来ます。

と仰いますと、「ビジネス」を展開するにあたって、必ずと言って言い位(事業計画)による(事業企画)の作成が、必要になって来ます。

時には勝てる戦略も必要となる。

その企画段階から必ずその(企画する背景)を明確化にしないといけません。

その過程を通して、最終的に「戦いに勝つ為の戦略」を確率化しないといけません。

その戦略を立案し具体化するまでにおいて、やはり視野が狭いと、正直(グローバル社会)で、戦えず、その(グローバル社会)で負ける結果となります。

あえて言いますと、2020年の10月に、「大塚家具」の「大塚久美子」社長が、社長を辞任する形となりました

父親である先代社長と違う経営路線で、勝負に出ましたが、結果として赤字経営が、続き株式会社ヤマダホールディングスの傘下企業となり、最終的に社長辞任と言う結果になりました

忘れてはならない事は、伝える楽しさの背景に、社会の厳しさと残酷さが、裏にあると言う事です。

この事を同時にお伝えしたかったのです。

自分が楽しいことを伝えるのは素晴らしい事です。

それでも自分が楽しいと伝えたい事を伝えるのは、とても素晴らしい事であり、あるし一種の国際社会の象徴と言うべきです

(社会の厳しさと残酷さ)と隣り合わせしないといけない事は、生きている間の宿命となります。

ただそのプレッシャーに、押し潰されるだけでなく、常に楽しく前向きな気持ちで、望まないと、自分が本当に楽しい!と思った事は、伝えられないと言う事です。

楽しさは時に人の心の鏡を写し出す。

何を申し上げたいのか!?と言うと「作品は人の心の鏡を写し出す」と言う事です。これは「ビジネス」においても「エンターテイメント」においても同じ事が、言えます。

先程の話しに戻しますと、「大塚久美子」社長時代の経営方針が、それを物語っていると思います。

父である先代社長の経営に不満さが、鮮明に現れたと言う事が、その写し出された鏡であると思います

それでも原点は楽しさと言う心。

確かに楽しさは、時に思いもよらない流れに向かって行く事もあります。

ただこの記事でお伝えしたい事は、自分が楽しいと思った事を伝えて人々のお役に立つ事が、どれだけ大切な事なのか!

その事をお伝えしたかったのです。

まとめ。

ここまで本文で、自分の伝えたい事を楽しい場所で伝えて視野を広げましょうと言う事をお伝えして参りました。

今で言うyoutuberと呼ばれる方が、その事について分かりやすい例えと呼べる象徴的な存在とも言えます。

その楽しさを子供の頃から見つけ出し、その楽しいと言う思考を育てる事で、次なる世代へと受け継がれて行きます。

トラミー300×250

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。