 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
イノベーション

自然エネルギー発電こそスマートシティの形。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自然エネルギーと再生可能エネルギー。

今と言うより、もぅだいぶ前からですかね?筆頭を上げれば、「太陽光、風力、地熱、中小水力、バイオマス」が、最低でも上がって来ます。

この自然エネルギーと再生可能エネルギーが、世に注目され始めたのは、東日本大震災が、きっかけです。

福島第一原発事故が、きっかけで、原発に頼らない自然エネルギーによるエネルギー発電社会実現に向けて言う事となりました

ただその後安倍政権になってからは、続原発にシフトにしましたがね。

けど住宅メーカーによっては、リフォームとかで、自然エネルギー発電による住宅販売している所もチラホラ目立ちます

やはり自然環境に対する取り組みだと考えられます。

そろそろお話しを本格的に進めると同時にターゲット層をお伝えして参ります。

予めご了承下さい。

自然エネルギー発電こそスマートシティの形。

私個人的な意見であり見方に過ぎませんが、大きな理由として上げるとすれば、やはり東日本大震災による原発事故と見てます

あの事故がきっかけで、「このまま原発に頼ってたらいつどぅなるか分からない」。何しろ当時計画停電を実施した位ですからね。

関東地方は、地震の巣とも言われてますから、もし大震災が、起きたら国内大パニックになりかねませんからね

東日本大震災以後は、エネルギー供給が、低下しているのも事実上ですから今後の対策の一貫として、脱原発社会を実現しつつ自然エネルギーと再生可能エネルギー供給社会にシフトすべき時代が、来ております。

その一方で、今スマートシティの実現化も進行しております。

やはり原発事故も一種の環境問題として、取り上げられているのも事実ですから今後スマートシティ実現に伴い自然エネルギーと再生可能エネルギーを取り入れた上での実現の可能性もあり得る事です。

それは環境問題に対する取り組みでもある。

まさにその通りだと思います。個人的に一番関心があるある環境問題は、南極の氷が溶け始め崩れている事です

元々氷って暑さや熱に弱いので、冬から春にかけて北海道や東北地方辺りだと分かりますが、暖かくなるにつれて、雪と氷が溶け始めるじゃないですか。そぅなると水に変わりますよね?

更に分かりやすく言えば水位が上昇する。

お伝えしたい事は、南極と北極の氷が、溶け始めると水位が上がるので、このままだとサモアの様に、国が沈む事も生じてきます。

更に地球温暖化が、進行すると他の国も水位が上がるにつれて、沈む恐れが出て来る事は、有り得ます

今までの化石燃料等による温室効果ガスの排出によって、オゾン層が破壊され、紫外線の強さが年々増加しつつあります。

その為に地球温暖化が、今も進行しております。

そぅ言った地球温暖化対策の一貫として、自然エネルギーと再生可能エネルギーの実現が、具体化されつつあります。

自然エネルギーを実現するとは。

まず真っ先に上がる事は、間違いなく地球環境問題解決に向けての現れだと見ております。

今でも水力発電によるエネルギー発電も存在しますが、日本においては、原発メインとなりますので、今後自然エネルギーと再生可能エネルギー実現による環境が整えば、そりゃ環境問題対応に繋がります

何しろ福島県大熊町の方々の事を考えたらね。

あの事故がきっかけで、帰宅困難地域となりましたからね。原発から自然エネルギーと再生可能エネルギー社会にシフトすれば、間違いなく地球環境問題に対する取り組む姿勢が、理解されて来ると思います

自然エネルギーと再生可能エネルギーにもデメリットが、存在する。

人が作った物ですから当然デメリットも存在します。

分かりやすいのだと、太陽光と風力です。

太陽光だと基本的に太陽光による蓄電池となりますので、「曇、雨、雪、夜」の様に、太陽が沈み出てない時になると太陽光発電が、出来なくなると言うデメリットも存在します

特に梅雨の時期と大雪の日は、尚更です

風力だと年中強風の地域でないと、活かせませんので、風が弱い地域だと当然風力発電が、活きません。

今後スマートシティ実現に向けて、自然エネルギーと再生可能エネルギー社会実現に向けてどぅ上手く活用して行くか?それが課題となります。

それは新たなエネルギーの到来。

間違い御座いません。自然エネルギー投資によるファンドも存在しているのも事実ですからね。

中には自然エネルギーと再生可能エネルギー事実投資も現実に起きてますからね。

勿論地域の環境に適したエネルギー発電でないと活きませんし、それに伴う調査も必要となります。

けど今後本格的に、原発に頼らず自然エネルギーと再生可能エネルギー社会が、本当に実現すれば、そりゃ新たなエネルギー事業社会の到来となります。

中でも太陽光が、一番適していると思います。今もお伝えした通り、「曇、雨、雪、夜」の日と時間帯だと無意味になります。

やはり一番汎用性が高く現実的な自然エネルギーは、太陽光が、環境に優しい自然エネルギーだと私は、考えております。

まとめ。

ここまで自然エネルギーこそが、スマートシティの形となり得る象徴的である事をお伝えして参りました。

仰る通り地球環境問題や、原発事故の事を考えたら原発、火力発電依存に頼ってたら環境問題の解決には、ほど遠くなります。

完全な脱原発社会から脱却は、難しいですが、ある程度自然エネルギーとのハイブリッドによるスマートシティ構造こそが、最も現実的な実現化だと考えております。

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。