 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
健康

肺が息苦しいって事は、呼吸困難の可能性が?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この様に「肺が痛苦しい」と言う事は、やはりそぅ言う可能性があると言う事ですね?後息苦しさを感じた時もその可能性があります

まだありますよね?例えば(ランニング)をしている時も時には、息苦しさを感じる方もいると思いますし、階段や坂道を上る時もありますし、自転車をこぐ時もありますし、とにかく色々なケースが考えられます。

けどこれ等が必ずしも(呼吸困難)の原因とは言い切れませんし、言ってしまえば偏った偏見的な意見となってしまいます。

ではそもそも「呼吸困難」とは一体どの様な病気なのか?またどぅ言う原因でなるのか?その事をこの記事を作成した理由と兼ねてお伝えして行きます。

記事の作成した理由と対象となる方を兼ねてお伝えさせて頂きます。

と言う方を対象にこの記事を作成しました。

予めご了承下さい。

呼吸困難とは?またその原因とは?

どぅして肺が息苦しくなると、呼吸困難の可能性が、あるのか?その原因となる呼吸困難の事をお伝えして行きます。

呼吸困難とは、先程お伝えした通り何かしらの事で「呼吸がしずらい」「息苦しい」「空気が吸うことすら困難になる」「肺が痛く重々しい」などによる症状を感じやすくなります。

これ等の事が理由で客観的に呼吸困難とは言い難いし、決めつけられません。勿論人によって物の見方や考え方が、それぞれ異なりますのでそぅ立った場合(決めつける)事もあります。

呼吸困難はかなり重度な病気の可能性があり。

呼吸困難やこぅ言った症状が軽度な場合何とも思わない方もいる事は間違いありません

けど違和感を感じたらあるいは、健康診断や人間ドックでそぅ言った事が出たら(即座に専門医)に行くべきです

より専門的な環境なら確実な診断が出る可能性があります。

またを動悸・息切れ・胸部圧迫感胸が締めつけられるような感じ)・胸部痛・不快感・倦怠けんたい)感を感じた場合、診断された場合でも同じです。

そろそろ呼吸困難の原因に入ります。

そろそろ呼吸困難が、どぅ言う理由であり、どぅ言うで呼吸困難になる原因が、あるのか?

その事をお伝えして参ります。

まず真っ先に考えられるのは「肺や気管、気管支の機能に何かしらの病状」がある事です。

感染症が原因で、なるとは一概に言えませんが、肺を患う点に関しては、言える事になります。

呼吸困難の可能性の一覧。

一覧が多いので、3つに分けてお伝えして行きます。

二つ目です。

三つ目です。

とまぁこれ等が出て来ます。正直他の病気や怪我でも共通してますが、この呼吸困難も同じ事が言えます。特にストレス、生活習慣、高齢化は。

我々生きる者は、どぅしても加齢による高齢化は、避けて通れません。

その蓄積された何かが、原因で、こぅ言った呼吸困難に繋がる病気に陥る事が、上げられます。

ましてや今は、公害社会によって、喘息になりやすい環境でもあります。

そぅ考えるとこの世の中避けて通れぬ事ですが、やはりここでも同じ事が言えます。

さて対策法と解決法を一気にお伝えして行きます。

呼吸困難の治療と解決法は?

その呼吸困難の対策法と解決法ですよね。

この場をお借りしてお伝え致します。

まず真っ先にあがるのは(呼吸困難の病状を緩和や軽減させる)治療です。

一度なってしまった病気は完治する物もあれば(治らぬ物)もあります。恐らくこの呼吸困難に関しては、完治しない部類に入ると思います?

それでも呼吸困難の治療法は存在します。

まずは原因に関する治療法です。大きく上げるとそれ等の病気の原因となる治療法です。

例えば(肺炎に対する抗生物質の投与、胸水貯留に対する胸水の穿刺排液、貧血に対する赤血球輸血)などが上がって来ます。

次は呼吸困難の緩和策です。

大きく上がって来るのは(酸素吸入と薬物投与)による方法です。

酸素の場合はその名の通り酸素吸入器や酸素カプセルによる方法です酸素カプセルは流石にあの大きさですから自宅療法は無理です

けど酸素吸入器なら自宅療法タイプなら可能です

一方薬物の方は(モルヒネ、ステロイド、抗不安薬)が効果的と言われます。特にステロイドは喘息の治療にも使用されます。

最後に日常生活による呼吸困難軽減対策法です。

ここでも対策法が多いので、二つに分けてお伝えして行きます。

環境面の調整。

楽な姿勢。姿勢改善。

痰を出す工夫。または痰を出しやすい環境。

食生活の改善。

排便の調整。

衛生面の徹底。

十分な睡眠。

ストレス発散。

コミュニケーションの充実。

有酸素運動による呼吸機能の向上。

喫煙の減少。もしくは禁煙。

これ等全てやれ!って言われても正直難しいのが、実情です。

何しろ今の世の中かなりストレス社会だけあって、かなりストレスが、溜まりやすい環境となっております。

そぅなって来ると、望ましいのは、自分に適したストレス発散法を見つける事です。

まとめ。

ここまで呼吸困難の事をお伝えして来ました。

仰る通り何かしらの理由で、少しでも歩くだけで、呼吸困難になると、日常生活上かなり厳しいです。

少しでも呼吸困難になったら直ぐ様病院に駆けつける事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。