 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
サブカルチャー

家族全員の夏休みこそキャンプ場と温泉で楽しむべき!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

予めお伝えしておきます。この記事は、あくまで本当の意味で新型コロナウイルスによる感染が、なくなった時の事を想像して作成した記事となります。

そのコロナ前の頃の社会に戻れた時の事を想定して、作成しました。

俗に言う「家族旅行」と言う奴ですね。ただ本年2020年に至っては、「新型コロナウイルス」の世界的大感染による「パンデミック」の影響で、家族旅行に行く予定だったのが、断念した一家も中には、存在している可能性が、あります。

ただ本来この時期世間が、お盆休みに入る関係で、一般企業も夏休みに入る企業が、数多く存在している事もあってか、この期間を利用して、家族旅行に出掛ける一家が、中には存在します。

やはり家族が全員でゆっくりと過ごす一時って、恐らくこの時じゃないかなって思います

なので、真夏の炎天下の時期でしか楽しめない事も御座います。

花火大会」が、その象徴的と言う大イベントです。他に上げるとすれば、(FUJIROCKやサマーソニック)と言った音楽フェスですね。

これだと花火大会は、確かに家族で楽しめます。

ただ音楽フェスだと、個人の趣味と言う事になりますので、家族全員での参戦は、難しいと思います。

そこで家族と過ごすのに、最も適しているのは、やはり家族旅行と言う事です。

その理由は、家族との過ごせる時間が、あるからです

行くとなると、やはり自然いっぱいに溢れる地方ですね。

やっぱ(北海道、東北地方、北陸地方)となりますかね?いや(-д- 三 -д-)この今上げた三地方ですよ!

何しろ空気が、大都会と違って、夜空は綺麗で、晴天の夜ですと星空が、いっぱい満喫ですからね。それに温泉も楽しむのも一つの醍醐味ですからね。

この上において、タイトル通り「キャンプ場と温泉」で楽しむ方に絞り込みます。

家族全員の夏休みこそキャンプ場と温泉で楽しむべき!

夏の楽しみの一つとして、上げる事。それは、キャンプ場でアウトドアを楽しむ事です。

基本的にアウトドアと言ったキャンプだと、野外で宿泊となりますので、テントを張って野宿するケースと、コテージを利用しての宿泊となります。

コテージで宿泊ならまだしもテントでのキャンプになると、しっかり張らないと、風で飛ばされる可能性が、出て来ます。

山中は天気の急変があります。

東京など都心部の様な場所ならともかく、山の上のキャンプ場となると、「天気の急変」による突然のスコールによる遭遇が、あり得ます。

詳しくは(NHKBSプレミアム)の(にっぽん百名山)辺りをご覧なられると、分かります。

数日かけての登山による宿泊のシーンを見ているとその光景が、リアルに写し出されます。

テントを張ってのキャンプは慣れないとキツイ。

この様に、(コテージや山小屋)を利用してのキャンプでなく、テントを張ってキャンプする事は、正直慣れていない方にとって、かなり酷じゃないかと思います。

まぁそぅなります。正直言って最低でも、今上げた3つの事に、抵抗がある方に関しては、テントを張って寝袋で寝る事が、キャンプを楽しむのには、困難です

けどこのテントを張ってのキャンプこそキャンプの醍醐味です。

その上において、アウトドアグッズで、バーベキューを楽しむ事も夏のキャンプの醍醐味です。

更なる楽しむ方法は、キャンプ場のコテージ宿泊。

けどキャンプの楽しみ方は、今の時代だと「コテージ」による宿泊が、むしろ快適じゃないでしょうか?

テントの様に、野外で野宿するのでなく、コテージを予約して、室内で料理などを楽しむ事も一つの家族で楽しむキャンプでもあります。

全てのコテージとは言えませんが、コテージだとテントを張る事なく、完全に家と同じ室内であり、ベッドで寝る事も出来ますし、バスなどに浸かる事も出来ます。

更にキャンプ場によっては、温泉もある所もありますので、日頃の疲れ果てた体を癒すのには、丁度良いやも知れませんね。

そのキャンプ場のコテージの予約方法は。

 勿論御座います。コテージがあるキャンプ場予約にコテージの予約をして、コテージ等によるキャンプを楽しめます。

先程もお伝えしましたが、かなり神経質な方になりますと、テントでの野外が、どぅしても大の苦手となります

そぅなって来るとキャンピングカーが、所有しているならともかく、やはりコテージ、それも風呂、トイレ、寝室がかさね備えているコテージでのキャンプが、望ましいです。

キャンプは夏場の楽しみです。

キャンプの醍醐味は、何と言っても野外でテントを張ってやる事です。

でもコテージで楽しむ事もキャンプを楽しむ方法でもあります。

さぁ。一度予約をご検討下さい。この機会に家族旅行を兼ねてキャンプを楽しむのも一つの家族サービスですよ!

まとめ。

ここまで本文で、キャンプの事とコテージによる宿泊によるキャンプの事をお伝えして参りました。

夏場のアウトドアは、気持ちいい事は、お間違い御座いません。

ただどぅしても野外のテントが、大の苦手意識をお持ち方が、おりますので、そぅ言った方の為にコテージによるキャンプが、お勧めである事をこの記事でお伝えして参りました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。