 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
サブカルチャー

年代物=ヴィンテージが優れている魅力。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年代物=ヴィンテージが優れている魅力とは何なのか!?その事をお伝えすべくこの記事のテーマとキーワードとなります。

因みに「年代物」を英語で略すと「ヴィンテージ」です。

今の時代の技術で作られた物は、確かに時代の最先端で作られただけあって、本当に魅力が感じます

人々であり(先人)の方々が、積み重ね築き上げて来た伝統が、伝わり今の形として象徴されてます。私個人的には(ゲーム、音楽、映画)辺りが分かりやすいと思います。

お話を進める前に、この記事の対象となる方をお伝えした後、お話しを進めさせて頂きます。

と言う様に、主に「年代物=ヴィンテージ」物全般的に、好きな方を対象となります。その上において、現代的の技術の話題も織り交ぜます。

予めご了承下さい。

ゲームと映画の年代物の魅力は。

ゲームなら4Kに対応したPlaystation4が発売され、その画像に適したハイクオリティなグラフィックをメインにした作品が、次々と展開しております。

まるで映画との一体感を体験出来る様に。

一方のswitchなら任天堂独自のやり方で、時代の流れに沿った形で展開しております

更にDeNAを始めとしたモバゲーでも彼等なりの時代の流れに沿った形で、展開しております。

映画だとIMAX技術を駆使した時代の最先端を行く、大迫力な映像とより自然で、臨場感溢れる音質で、映画を楽しめます。

一方のホームシアターでも4K対応のUltra HD Blu-Rayの台頭により従来の画質と音源より優れたクオリティで、楽しめる様になってます。

年代物と当代を同時に楽しむのも魅力的です。

音楽だとHi-Resと言う音源と、SHM-CDと言う規格で展開しており、従来の音源より遥かに高音質で、音楽が楽しめます。

その最先端の技術を駆使し、過去の作品も最新の技術で、リリースされてます。一方ゲームでは、主にダウンロード上で販売されてます。

確かにファイナルファンタジーⅤⅡリメイク、聖剣伝説3TRIALS of MANA辺りが丁度分かりやすい例です。

今の技術によってリメイクした事で、現代的な仕上がりとなってます。これもこれで魅力があります。大きな違いは、やはり声優を取り入れた事です。

オリジナルにもオリジナルの魅力がある。

しかし!私を含め当時のオリジナルを知る方にとっては、やはり昔さながらの方が、魅力を感じる方もいる事は、間違いなくいるはずです。

これはゲームだけでなく、「音楽、アニメ、映画、特撮ドラマ」辺りがそぅ感じる方が、いる事は間違い御座いません。それを今回お伝え出来ればなって思います。

年代物=ヴィンテージはまさに新鮮市場です。

これは本当にそぅ思います。時々ニュースで耳にしますが、中古物のゲームソフトとレコードを購入して行く方が、おります

あとアニマックスとTOKYOMX辺りをご覧になられれば分かりますが、昔のアニメをOAされてます。それも当時の映像で。

お伝えしたいのは、今の技術で作られた作品と比べると、確かに映像面を駆使したクオリティと比べると本当に見劣りします。

でも当時の作品を見ると「最先端の技術でなく本当に自分達の職人技術で作るぞ!」と言う気持ちが現れてます。

上手くは言えませんが、やはり70年代と80年代の作品を見ると本当に、その現れが出てます。個人的にはブレードランナーですね。

これぞ職人の成せる結晶体。

80年代初期の作品ではあるものの、今から見ても全く現在までの作品に、勝るとも劣らず見劣りしません。

更に4KUltra HD Blu-Rayなどでリマスターこそされてますが、それでも現代の作品に全くひけを取らないオーラがあります

まさに後世に語り継がれる名作です。

年代物=ヴィンテージは今でもそれだけのオーラがある。

今もお伝えしましたが、本当にそれだけのオーラはあります。

本当の意味でそれも70年代から80年代初頭の頃の「レッド・ツェッペリン、AC/DC、クイーン、ビートルズ、ストーンズ、スコーピオンズ、ブラックサバス、エアロスミス、Kiss、ディープ・パープル」辺りを聞くと、本当に今のバンドやアーティストに勝るとも劣らず見劣りしないだけのオーラが、漂ってます

言い方を変えれば(今とは違う新鮮さと魅力)が伝わって来ます。我々日本だと「BOOWY、LOUDNESS、DEAD END、X JAPAN」辺りですね。中には今でも活動をしている存在もありますが。

80年代当時の頃を今聞いても本当にオーラが漂ってます。

現代の様に最先端の技術こそありませんが、自分達で作品のクオリティーを追求し続けた結果、それだけ後世に語り継がれるだけの存在として現在も君臨し続けてます。

個人的にはヴィンテージジーンズですね。

そぅですね。私の場合ですとヴィンテージジーンズですかね( ´~`)。特にLevi´sのが大好きです。

当時の頃を再現してますので、洗濯時において洗い縮みする事もあり、更に乾燥機で乾燥すると一気に縮むと言うデメリットが御座いますが、履いてると当時の頃の新鮮さが、伝わります。

何だろぅ。ヴィンテージジーンズが好きと言う事は、本当にジーンズ好き何だなって思いますね

当時のボタンフライ、ベルトループでなくサスペンダーのもありますからね。昔の人ってこぅ言うジーンズ履いてたんだなって。

まさに歴史と時代を作り上げた象徴なり!

まさにその通りです。70年代から80年代の頃と今の東映特撮作品を見比べれば、もぅ一目瞭然です

伝統こそ引き継いでますが、今のはCGを駆使したクオリティとなってますが、昔のは本当に体当たり演技であり、本当に爆弾シーンなどによる体当たり演技でしたね。

ただその伝統と経験があるからこそ、今のトレンドと違う魅力が伝わります。

まとめ。

ここまで年代物=ヴィンテージの事をお伝えして参りました。

改めましてかつての年代物に触れると、本当に当時の魅力とその心意気が、伝わって来ます。

その積み重ねが、あったからこそ今の時代の最先端によるクオリティーが、あります。

まさに歴史の歩みの象徴です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。