 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
健康

ウイルス対策に必要なのは?ズバリ室内の換気の徹底化です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正直に申し上げます。タイトルのウイルスを見て、こぅ思う方が、いらっしゃるんじゃないでしょうか?

おぃ(`Δ´)白井テメェよぉ(°o°C=(_ _;ウイルスの話題は、いい加減にしろよなぁ(`Δ´)!分かってんのか(゚Д゚#)ァ!

って言う風に(胸ぐらをつかまれて殴られそぅ)な感じに、なりそぅですね((( ;゚Д゚)))。いや(-o-;)もぅその根拠は、皆様もご承知の通り「新型コロナウイルスCOVID-19」の話題が、この記事を作成した2020年11月下旬から12月初頭の頃の時期に、かけて未だに解決の道が続いている最中ですからね(–;)。

当面と言うよりも完全確実に、解決をするならやはり(ワクチン)の普及が、最も現実的な解決法となります。もぅ国によっては、(ワクチン)が、出来上がっている国も存在しますからね。その(ワクチン)の普及を待つよりも少しでも自分自身で、対策を練る事も大切だと思います。

最も身近で簡単な対策法をお伝え致します。

ごく当たり前の事ですが、2020年11月終わりから12月初頭にかけて、未だ(ワクチン)の普及が、不透明の中ですので、当面はこの方法での対策となります。

予めご了承下さい。

ウイルス対策に必要なのは?ズバリ室内の換気の徹底化です。

今もお伝えしましたが、最も身近で簡単で現実的な(ウイルス)対策は、「石鹸で手洗い、うがい薬でうがい、携帯電話はアルコールペーパーで拭く、外出時にマスクを着用」の対策法をお伝えさせて頂きましたが、この方法もとても大切であります。しかし!肝心な事をお忘れております。

特に冬場であり、雨雪の天候の日だと、どぅしても窓を開けるのは、困難です。雨雪の天候ならまだしも冬場の寒さだと、開けるだけでも正直辛いです。特に「北風」が、強く冷たい日だと尚更窓を開けるのが、嫌で嫌でたまりません。極端な話し「ロシア、北欧、アラスカ」等と言った高緯度オーロラ地域だと本当に、冬場窓を開けるだけでも死にそぅな位です(;_;)。

ただそんな冬場ですが、窓を閉めっぱなしにしてしまうと、部屋中の悪く乾燥した空気が、たまる一方です。

ではその「換気」をどぅすれば出来るのか?

最も現実的なのは、やはり「窓を開けて空気を入れ替える」のが、一番堅実ですね。

室内の換気時間も一つの対策法です。

まぁ。これは冬場だけに限らず(春夏秋冬どの時期)でも共通している事です。時期によっては、窓を開けやすい時期もありますが、冬場だとどぅしても開けづらいですよね(;´д`)。

そこで室内の換気を窓を開けずに、上手く調節する方法が、存在します。それも冬場ならではの方法です。

それは鍋料理です。

ただでさえ冬場は、空気が乾燥するのに、ずっと窓を閉めっぱなしでいると、室内の空気が、余計に乾燥している状態が、続きます。外だとマスクを着用する事になりますが、室内だと逆にマスクを着用しない方が、大勢だと思いますので、「家庭内感染」に繋がる事もまれにあります。

では何故鍋料理を上げたのか?それは鍋の熱気によって、部屋中の湿気によって湿度を上げる事に繋がりますので、結果部屋中の空気の汚れを浄化する事に、繋がります。

ただその一方で、あまり湿度を上げすぎると、今後は逆に(カビ)が、生えて来る恐れにも繋がりますので、湿度を上げすぎるのも逆効果となりますので、適度に窓を開けて、換気を交える事も大切だと思います。

これぞ室内の換気に伴うウイルス対策です!

それは株式会社Wiz様の「NEWスーパーM」と言う室内の空気をこの「NEWスーパーM」に搭載された(空気の殺菌効果)による対策が、期待出来るので、結果として、無理に窓を開けて空気を入れ替える事にも心配は、御座いません。

特に店舗ビル経営のオーナーの方にとっては、うってつけのアイテムじゃないでしょうか?

それは新たなウイルス対策にも繋がる可能性もある。

まさにその通りであります。元々ウイルス対策を目的を前提として開発されておりますので、今後新たな未確認の新型ウイルス対策にも強みが、あると思います。

ただしくれぐれも日頃からの「石鹸で手洗い、うがい薬でうがい」を習慣化を徹底的に行う事です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。