イノベーション

世の中の歴史は弱肉強食によって存在している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




世の中の歴史は、まさに弱肉強食によって存在している。

この言葉を聞いて、私は常々そぅ感じています。

今でも(貧困問題、格差社会、人種差別、企業間の経営統合、吸収合併)。

(アフリカサバンナ、アマゾンジャングル、嵐が吹き荒れる島国、アラスカなどの極寒地)等の自然界における過酷な環境。

それは本当に「弱肉強食」である事。それがこの記事のキーワードであり、メインテーマとして上げます。

勿論の事、この記事の対象の方をお伝えしてから本題に入らせて頂きます。

予めご了承下さい。




弱肉強食の世界を示している事は。

(ゲーム、アニメ、ドラマ、映画、小説等の書物、舞台、音楽)等と言ったエンターテイメント作品内の世界観においても(弱肉強食)が、存在する作品もある。

私自身が(2019年)において強く印象に残ったのは、アリータ:バトル・エンジェルと移動都市/モータル・エンジンです。

勿論どちらも劇場で見ました。

どぅしてもこの二作品は、本当にインパクトがありましたからね。そのお陰でどちらもUltra HD Blu-Ray(UHD BD)で、リリースされた事で真っ先に購入しました!щ(゜▽゜щ)

あっ。気がついたらどちらの作品でも(島崎信長)さんが、吹き替え声優で出演されてますね。

おっと(^o^;)島崎さんが、出てるから見たと言う訳じゃありません。本当に作品事態が純粋に見たいから見に行きました。そこだけはご理解下さい。

二つの映画を観て感じた事。

さて映画内容と感想の事は、ここまでにして、この二つの作品でも自然界における弱肉強食による過酷な環境が、強調されてました。

異なる面もありましたが、私が仰いたいのは、人々が生まれた時からもぅ生きられる場所が、決まっていて限られている。

何かそぅ感じましたね。

この二つの作品でもそぅですが、太古の昔からもぅすでに過酷な現実で生きると言う事は、それは強くなければならないと言う事ですね。

弱肉強食は太古の昔から存在している。

それはもぅ大昔から存在しております。古代文明における奴隷社会が、まずそれを語ってますね。私的にはエジプトとローマが強いですね。

理由はエジプトでは、身分もなく地位や権力もない平民奴隷が(ピラミッド建造)の為に、過酷な労働を強いられてた事。

一方ローマでは、身分によって仕事が割り当てらた事、服装も自由の範囲も決められた事。

更には奴隷の反乱もしばしばありました。これは古代ローマ時代の書物と映画グラディエーター等と言った作品を見れば詳しく記されてます。

またインターネットで「古代ローマ 奴隷制度」で検索すれば、出て来ます。

弱肉強食体質は遥か昔から積み重ねっている。

その先祖代々の遠い教えが、後世に存在する子孫達に伝わり社会は成長したが、同時に弱肉強食による体質は今でも続いている。

それはかつて第二次世界対戦時における(植民地支配)がそれを物語ってます。

(移動都市/モータル・エンジン)でこの植民地支配に関して強調されてましたが、この現実でも(権力、支配力、資金力、軍事力、人脈力、経営力、実行力、決断力、指導力)がある(国、組織、団体)が、支配する体質は今でも尚続いております。




今の弱肉強食はM&Aが最もな象徴的ですね。

これも一種の弱肉強食が、強調されてますね。

言葉を変えれば、企業のM&Aが、最も印象的です。

表向きでは、企業同士の経営統合あるいは、合併と言われてますが、実際は強い企業が、生き残る為に、よる手段として見る事もあります。

強者こそ生きる社会。

適者生存と言う方もおります。それは生存社会において、環境に最も適し選ばれた者だけが生き残れる環境を意味すると。

今もそぅですが、太古の昔から時代の変化のスピードは、早いです。その変化の中においてどぅ生き残れる為に日々知恵を振り絞ってます。

そぅ。弱肉強食にしろ適者生存にしろもぅそれは、太古の昔から定められた運命の鎖によって支配されている事である。

過酷な環境で生き抜く為には。

確かに世の中は(権力、支配力、資金力、軍事力、人脈力、経営力、実行力、決断力、指導力)がありこの上において、その能力をいかんなく発揮する方が、生き残れる。

もぅ生まれ持った家系とか身分でなくそぅ言った人が生き残れる時代やもしれません

実際にアメリカがそぅですからね。自由と平等を求めて移民して来た人々が作った社会国家ですからね。

その上において資本主義による競争化社会ですから。

格差社会を象徴している。

ただそぅ言った力があるからと言って、必ずしも強者とは限らない。その強者が、力を失い奈落の底に叩き落とされた時に、本当にその人が強者かどぅか記される。

実際にトランプ大統領がそぅでしたからね。多額の借金を背負いそこからはい上がった例がありますから。

そして忘れてはならないのは、そぅ言う事から何かが生まれやがてイノベーションが、起きイノベーターと言う存在が、生まれる事もあると。

ジャンヌダルクと言うフランスの国民的であり歴史的な偉人がそぅでしたから。彼女がいたからこそ今のフランスがある訳ですから。




まとめ。

ここまでこの記事の中で、長く語り継がれている歴史の中において、常に世の中は、弱肉強食体質で、作られている事をお伝えして来ました。

世の中の歴史は、日々常に難攻不落との戦いが、続いていると言う事が、生きていてビシビシと伝わって来ます。

この記事でお伝えした事が、皆様の長所を見定めそれを伸ばす事に専念し、その中で、この過酷な社会を生き残る為のきっかけに繋がれる事を切実に願っております。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

その現実世界と言う過酷なサバイバルの試練を乗り越えたからこそ。

かつて100年くらい前に、起きた世界大恐慌のきっかけから始まった「第二次世界対戦」後の世界。


戦争の傷痕後の世界って、正直言って、かなり滅び去った後の世界となっているのは、事実です。築き上げ来た文明も崩壊された後となっております。

この先に待ち受ける現実は、まさに本当の意味での過酷なサバイバルと言う試練の始まりです。


しかしその滅び去った後の世界を建て直し、今の社会が、存在します。その過程において、新たな文明が誕生し、新たな会社が誕生し、そして新たなリーダーも誕生しました。

そぅ。試練を乗り越えた先に、その強さを象徴とする社会が誕生します。


そのパートナーとなる存在を皆様に、ご紹介したいと思います。


何しろ起業支援、新規事業計画、助成金等の相談も受け付けており、その道標となる存在です


その果てに新たな時代に必要となるイノベーターが、誕生します。それだけの存在を生み出す力が、あるパートナーのなる企業です。


過酷なサバイバルを乗り越えた方にとってのパートナーとなる存在です。

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。