 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
健康

私自身坐骨神経痛はこぅして直しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この坐骨神経痛は、見出しのイラストの通りだと、腰から始まりお尻から下半身にかけての神経痛となってます

今から3、4年くらい前に私自身、今回のキーワードでありテーマである「坐骨神経痛」にかかった事があります。

過去に一度でもその坐骨神経痛にかかった事が、ある方の為に、この上において今回この記事を作成した理由もお伝えして参ります。

故に対象となる方も同時にお伝えさせて頂きます。

予めご了承下さい。

私自身坐骨神経痛はこぅして直しました。

この写真のイラストだと腰の部分に神経痛を例えてますが、私がかつて痛めたヶ所と同じ右側は、共通しております。

それを例えてこの写真のイラストを載せました。

当時は、本当に痛くてたまらなかったです(>_<)。

何しろ立っているだけでも辛かったです。

ある日突然急に、イラストの写真とほぼ同じ箇所が、急に痛み出しましたからね(;´д`)。

痛みを感じたヶ所は右側の尻部分からです。

改めまして、一度坐骨神経痛になったらどぅなるのか?私の経験を踏まえてお伝えさせて頂きます。

この解説図の通り本当に痛いです。人によっては、激痛に感じる方もいる事は、お間違い御座いません。

坐骨神経痛は本当に痛い(>_<)!

そぅ。痛みを感じ始めた最初の頃は、右側のお尻が激痛を患いました

何の事だろぅと(いつも通り風呂上がりのストレッチさぇしてれば)何とかなるだろっなって、当時は軽い考えでした。

確かにストレッチ(特に股関節回り)をしてれば、その場では痛みが緩和されました

日によっては、痛みすら走らない事もありました。

けどストレッチをしてからある程度の時間が経つと、また痛みが走りました

もぅこれは駄目だと思った時に「当時お世話になっていた方の紹介で、その方がかつてお世話になってた接骨院」に通う様になりました。

坐骨神経痛の治療へ。

私の場合坐骨神経痛の治療はこぅして行いました。

この坐骨神経痛の治療としては、最初に身体の動作バランスチェックからスタートしました。

右側にバランスを傾けた時に、即座に「明らかに坐骨神経痛ですね」と言われました。

その後通院時には、最初にボディチェックをし、その後ストレッチで身体の間接運動を施しました。

後にローラーで痛み箇所をマッサージし、自宅では風呂上がりのストレッチと、睡眠時の特殊電子療法で体内の血液と酸素の促進を高め患部部分の循環を高めました

今でもたまに痛みが、来る時はありますが、以前の様に激痛の様な痛みが走る事はなくなりました。

と言う体験談を語りました。

では坐骨神経痛とはどの様な症状なのか?

分かりやすく説明すると、こぅ言う風になります。

人体の中で最も太く長い末梢神経の名称です。

腰から爪先まで伸びております。

この神経が圧迫されると腰やお尻、太もも、足先等に(ビリッと)電流が、走る痛みが、生じて来ます。

この坐骨神経痛の原因として上げられるのが、同じ姿勢特にしゃがむ姿勢や急に重い物を持つ事で発症しやすくなります

これにより神経が圧迫され急な痛みが走ります。

私の場合は恐らくこれだと思います。

長らく立ち仕事をしてましたし、自転車を乗り回すのが、大好きですから。乗り回す時は、行ける所まで行きます。

けど自転車のサドル自転車の椅子の名称は、非常に腰に負担がかかりやすいと言う欠点が御座います

その上立ち仕事の蓄積疲労が、二十三重でのし掛かってますから。

結論を申し上げますと、好きであり趣味の自転車が、理由であり原因で、腰に無理な負担をかけてた事が、原因となります。

当時治療にかかってた医師の先生から「今後自転車を乗り回すのは控え、なるべくは近所で留めて下さい」と。

坐骨神経痛の改善策は。

この事は、あくまで私が、坐骨神経痛を患った経験を元に、学んだ事です。

ただこの事は、腰痛の予防にも繋がる事になります。

なので、腰痛持ちの方にとってもお役に立てられる対策法でもあります。

その改善策として今からお伝えします。

これは一度でも腰痛を患った事が、ある方にとっても同じ事が、言えます。

最もこれは当たり前と言ったら当たり前です。

となります。最低限これだけ出て来ましたからね。これ以外でも職種による職業病による原因も考えられます。

最終的には若い頃からの生活習慣。

もっと言えば、若い頃と言うより幼少期の頃から身体を柔らかくする習慣をつなかった事も一つの原因と考えられます。

それがそのまま大人になって、そのままの習慣が、最終的にそぅ繋がる事になります。

この上において違和感が感じたらすぐに通院です。

まとめ。

ここまで坐骨神経痛の事と私自身の経験の事を踏まえてお伝えして来ました。

こぅして見ていると、やはり日常生活から来る事だと言うのが、改めて伝わって来ます。

例えば運動不足によって、体が硬くなる事で、血液の循環が、悪くなる事に、よって疲労が蓄積されやすくなるとか。

勿論治療も大切ですが、やはり一番の得策法は、やはり日常生活の改善となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。