 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
健康

筋肉を本当につけたいならこの2種類のプロテインは覚えて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私自身も毎日プロテインは、摂取しております。

理由として一週間に一度、必ずジムに通っており、年齢的に筋肉が、付きづらい年齢に差し掛かって来ました

その関係で、少しでも筋肉が、付きやすい様に整えなくてはならない!と言う理由で、日頃からプロテインを摂取しております

お陰で今は、段々と筋肉が、付いているな。って言う手応えが、日に日に実感しております。

そのプロテインですが、私が通っているジムでは、最低2種類のタイプが、御座います

この記事では、その事をお伝えしようと思い、作成する事に試みました。

お話しを進める前に、この記事の作成目的と対象となる方をお伝えしてからお話しを進めさせて頂きます。

まずは作成する理由です。

続きまして対象となる方をお伝え致します。

予めご了承下さい。

一つはホエイプロテインです。

私が通っているジムでは、最低でもこの2種類のプロテインが、存在しております。

と言ってもすぐに目が、入ってしまう物ですがね(–;)。

この中のCFMプロテインに関しては、後程別の項目で、お伝え致します

まずは、ホエイプロテインの事からお伝え致します

一言で言えば、牛乳由来のたんぱく質の事をホエイプロテインと言います

分かりやすく言うと、牛乳に含まれているたんぱく質と言う事で、解釈すれば分かりやすいです

まず特徴的と言えるのが、体内での消化吸収の速度が、早い事です。

これが理由で、アスリートの方にも支持され、筋肉を作り上げるのに、最適と言えます。

また日頃からたんぱく質不足の方にもホエイプロテインは、効果的とも言えます

更に必須アミノ酸が、多く含まれており、粉末ではありますが、かなり溶けやすいのも特徴的とも言えます。

必須アミノ酸は、人の体では作られないアミノ酸として知られており、基本的に食べ物から摂取する形となります。

基本的には様々な味が存在する。

私の通っているジムの関連会社であり、グループ会社が、製造しているプロテインの事をメインに、なりますが・・・・・・(-_-;)。

基本的には、チョコレート、バニラ、トロピカルと言った複数の味のタイプが、存在しております。

ホエイとなると、独特の苦みが御座いますので、比較的ジュースの感覚で飲みやすい様に、味を組み合わせての製造目的として、開発されていると私は、見ております。

基本的にプロテインは、日本語に略すと(たんぱく質)ですからね(–;)。

その栄養素を取るとなると、正直言ってかなり抵抗が、ある方もいる可能性が、ありますからね(–;)。

それも味を含めている理由でしょ。

時にはBCAAの摂取も必要。

たんぱく質だけにこだわらず、本当にバルグアップを試みるトレーニングを拘るならBCAAの摂取も一つの提案としてお伝えさせて頂きます

因みにBCAAですが、バリン・ロイシン・イソロイシンの3種類のアミノ酸からの構造によって作られる分岐鎖アミノ酸、またはBCAA(Branched Chain Amino Acid の略)と呼ばれております。

このアミノ酸の特徴は、筋肉の分解を抑え、更に筋肉中のたんぱく質の分解も抑える効果が、期待出来ます

運動中は、どぅしても筋肉痛による損傷が、出ます。

その為運動中30分に一度のタイミングで、このBCAAを摂取すると、筋肉の分解を抑え、トレーニング効果も同時に高まるので、結果として筋力と筋持久力UPに繋がります

何を理由にお伝えしたいのか!?と仰いますと、プロテインと上手く併用して、筋肉を付ける必要性が、あると言う事をお伝えしたいのです。

もぅ一つはCFMプロテインです。

私が通っているジムの関連会社でも製造しているもぅ一つのプロテインが、CFMプロテインと言います。

このCFMプロテインの特徴は、先程お伝えしたホエイプロテインに、ホエイたんぱく質を分解した(ホエイペプチド)と呼ばれる成分と、(ビタミンB群)が、配合されており、筋肉を作るのに、必要な(ビタミンB群)の成分が、多く含まれております。

この成分が、多数含めているのが、CFMプロテインです。

こちらはアスリート向けです。

通常のプロテインと違い、このCFMプロテインの特徴とも言えるべき点は、ホエイ成分にこだわりを追い求めた高品質のプロテインです。

特に私が、目立つべき点に関して言えば、やはり品質と純度に対する徹底化です。

私が知るCFMプロテインは、乳糖、脂肪、変形たんぱく質を取り除き、その取り除いた事によって、高純度のたんぱく質の実現に成功しました。

更に筋肉作りに必要なアミノ酸、BCAA値が高いGMP等乳由来の栄養成分も多く取り入れております。

サプリメントに拘るならこちらがお勧めです。

私自身も通っているジムのトレーナーの先生からそぅ教えられました。

やはり不要な成分を取り除き、必要成分にこだわった高純度のたんぱく質とビタミンB群の双方を重ね備えております。

その上において繰り返しお伝えする形になりますが、筋肉作りに必要な成分である、アミノ酸とBCAA値が高いGMP等乳由来の栄養成分も多く含まれております。

こぅして考えるとやはりプロテインに拘るならやはりCFMプロテインの方が、宜しいですね。

まとめ。

ここまで2種類のプロテインの事をお伝えして来ました。

私自身は、完全にCFMプロテインの方をお勧めしたいのですが、どぅしてもその人の体に合う合わないが、出て来ますので、どちらが良いのか!?正直分かりません。

この場をお借りしてお伝え出来る事は、本格的なトレーニングをしたいならCFMプロテインの方が、効率的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。