 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
社会

発達障害者の方にだってアルバイト等の仕事をする権利はあります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事とタイトルを見た時点で、正直申し上げますとかなり見た時点で、嫌悪感を覚える可能性が、あります

人によっては、障害者の方に対する誹謗中傷を覚える可能性も出て来ます

私自身もその事を覚悟の上で、この記事の作成をする事にしました。

例えどぅ思われようとも自分自身は、間違った事をしたつもりで作成した事は、一切御座いません!

予めご了承下さいm(_ _)m。

勿論の事今回の記事の対象となる方は、当然「発達障害者」の方です。

彼等も望んで発達障害を抱えてこの世に生を受けて来た訳では御座いません!当たり前の話しですが、障害を抱えているだけあって、彼等にだってちゃんとした立派な人権があります

それを証明しているのは、パラリンピックの選手であります

またスティーヴィ・ワンダー氏も目が見えないと言う難病を抱えております

発達障害と全くかけ離れておりますが、いずれにしろ障害を抱えているからと言って、そこで終わりじゃないと言う事は、彼等が証明しております。

少なくとも私はそぅ思っております。

発達障害者の方にだってアルバイト等の仕事をする権利はあります!

先程も冒頭でお伝えした通り、彼等発達障害者にだって働く以上に生きる権利は、御座います!障害者だからと言って差別してはなりません!

そもそも発達障害ってどぅ言う意味であり、どぅ言う事なのか?まずはそこからお話しをしなければなりませんね。正直誤解をしている方もいる可能性が、ありますので(–;)。

発達障害とは。

この発達障害は、正直申し上げますと、かなり複雑な意味である事を記されております。複数の意味での発達障害が、存在します。

主に取り上げられている発達障害は、次の様に上がっております

の三つが、上がっております。

一つ一つの事を簡単にお伝えして行きます。

その発達障害の内容とは。

まず高機能広汎性発達障害からですが、他社の感情が読み取りにくく、社会性とコミュニケーション能力が、乏しく困難な事を意味します

次に学習障害ですが、学習能力の偏りが大きく読み書き等が、困難になりやすい

最後の注意欠陥多動性障害ですが、集中力や注意力が乏しく困難な事を意味します

と言う三つの意味をお伝えしました。個人的には知的障害も上げておきたいです

こぅなって来ると確かに、社会的に就職出来る職種は、限られて来ます。

学校によっては、障害者の方だけのクラス教室も存在しております。中には障害者施設も存在しております。

目的としては、生まれつき障害を抱えている事もあって、社会的な立場が、普通の人と違って限られた環境でしか活動が、出来ないのが事実です。

その彼等に社会で自立し、活躍出来る為の育成の場として、存在していると思います。

発達障害者の関わり方も大切になって来ます。

勿論です!確かに障害を抱えている事は、事実ですし、社会的にも難しい立場に立たされております。

けど先程冒頭でもお伝えした通り、障害者だからと言って、何もかもそこで決めつけたらハッキリ言って、人権侵害です(`Δ´)!

理由としてパラリンピック選手や、スティーヴィ・ワンダー氏の様に、障害を抱えていても偉大なる功績を上げた方も現実に存在しているからです。

発達障害を差別して決めつけてはならない!

何を言いたいのか!障害を抱えているからと言って、差別的な扱いをしてはなりません!彼等発達障害者の方にしか出来ない事も間違いなくあると思います。

先程申し上げた偉人の方々も障害を抱えながら、歴史に名を残す偉人になれたのも恐らくそぅ言った周囲の方達の支えによる育みが、あったからだと思います。

障害を抱えているからと言って、障害者と決めつけるのではなく、むしろ彼等一人一人にしか出来ない何かを見つけ出し、それを引き伸ばす事こそが、最も最重要な事だと思います。

発達障害者の方の仕事の支援センターも存在します。

その事を示すかのごとく、発達障害者の方の為の支援センターが、存在しております。

私が知る範囲となりますが、ゼネラルパートナーズを始め複数の支援センターが、発達障害の方の為の支援を積極的に行っております。

何度も申し上げる様で大変恐縮ですが、障害を抱えているからと言って、差別してはなりません!

彼等一人一人にしか出来ない何かを見つけ出し、それを引き伸ばす事こそが、社会貢献と発展に繋がります。

まとめ。

ここまで本文で、発達障害者の方にも人権があり、それと同時にアルバイトをする権利もあると言う事をお伝えして参りました。

改めてお伝えしますと、確かに障害者と聞いただけでも職業は、限られ束縛されます。

ハローワークを始めとする職業紹介所へ言っても紹介される職業も限られて来ます。

そぅ言った彼等発達障害者の方が、スティービーワンダー氏、パラリンピック選手の様に、大きな功績を与えた人物が、活躍出来る場を提供する事も必要であると言う事です。

その為に、障害者支援団体が存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。