ビジネス

金融の知識を知りたいならまずはニュースを見る事からです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




タイトル「金融の知識を知りたいならまずはニュースを見る事からです」が、そぅ示している通り「金融の知識」を本当に知りたいのであるならやはりそぅ言った関連のニュースを見る習慣をつける事です。

まぁ最も「金融」問わずどの分野においてもこれは、完全に共通化しておりますがね。

今思えば、私も今から凡そ10年位前、つまり2011年辺りから一時的とは言え、「日経ヴェリタス」と言う「金融」に特化した情報タブロイド紙を読んでいた時期もありました。あの頃は、「金融」の事に関して、全くと言って言い位右も左も前も後ろも分からなかったです。

何せあの頃は、本当に投資が出来る様になりたい!そんな一新一途な気持ちで、いっぱいでした。それもあってか、私から見て重要な部分とその項目に関して、ペンで線を引いたりしたり、本当に重要な事に関しては、カッターで切り取ってノートに貼り付けてました。

それだけ覚えたい気持ちでいっぱいでした。今も「金融の知識」を覚えたい事に関しての気持ちは、変わりありません。何せ人々が、作り出した物だけあって、「金融」も同じ様に、とても奥深く無限大に広い物であり、分野ですからね。

特に象徴的と言えるのが、外国為替です。株式市場等において必ず関わって来ますからね。その理由を今からお伝えして行きます。

けどその前に対象となる方をお伝えしないといけませんね\(_ _)。

予めご了承下さい。




金融の知識を知りたいならまずはニュースを見る事からです。

先程冒頭でもお伝えしました通り、「金融の知識」の幅の広さは、本当に計り知れません。

故に人が作り出した物だけあって、その人々の動きにより、敏感に左右されやすいのも事実過言です。

そもそも「金融」って何なの?知らない方もいれば、その意味も分からない方も大勢いらっしゃる事は、間違いないと思いますので、まずそこからお伝えしたいと思います。

一言で言えば資金を融通する事を意味する。

言葉を言い換えれば、資金調達。つまりお金を借りる事を意味する。まぁ「金融=お金」と言う事ですね。

この資金調達となると、様々なルートで行われているのも事実です。最もこの記事では、その事も踏まえてお伝えしたいのも事実です。

その資金調達が、どの様な形で行われているのか?その事をお伝えしたいと思います。

最低でもこれだけの資金調達のルートが、出て来ます。ん?今株式投資が、出て来ましたね?実はこの事もお伝えしたくて、この記事の作成を決めました。

先程お伝えした金融商品による主なルートをお伝え致します。

となります。よくニュースで、(赤字国債)とか耳にしますが、実はこれ債権なんです。債権と言う名義を用いて、お金を出資する仕組みなんです。

一方の株式投資は、証券取引所に上場した企業が、株式と言うのを発券して、お金を出資してもらう仕組みです。まぁ。株式投資をご覧頂くと分かります。

それは外国為替が世界情勢とリンクしているからです。

率直にお伝えしますと、外国為替の事を併せてご覧頂くと、「外国為替=世界情勢」の意味が、分かって来ると思います。

そして先程冒頭でもお伝えした通り、何故外国為替が、株式市場に大きく関わって来る意味もより分かって来ると思います。

この場でお伝え出来る事は、為替レートによって、輸出入の額が大きく左右され、その企業の収益も大きく左右される事です。

その為各企業も為替レートに敏感なのは、その為だと思います。

言い方を変えれば、為替レートに左右されやすい企業に、株投資しても株価の変動が、激しいので、そぅ言う企業に投資をするのは、相当なリスクを負う事になるからです。

これが外国為替が、大きく関わって来る理由の一部分と言う事になります




これぞあらゆる面において幅広いジャンルのニュースサイトです。

もぅご存じの方が大勢なので、おぃ!あれか!って思う方が、大勢だと思います。

かの有名なニュース配信アプリである「SmartNews」です。

このサイトなら金融経済の事は、勿論の事政治、世界情勢の情報も入手できますので、外国為替にも強い味方になってくれます。

やはり日頃からニュースを見る習慣をつける事です。

まぁそぅ言う事になりますね。営業の仕事をしている方なら分かるかと思いますが、日常会話の話題になって来ると、どぅしても政治と経済の話しが、出て来ますので、そぅ言った方面の知識と理解力が、ないと馬鹿にされる可能性も出て来ます

だからこそ日頃からニュースを見る習慣をつける事が、大切だと言う事です

その一方で多分野のニュースも見る事も可能。

金融経済、世界情勢だけでなく、社会、芸能、スポーツと言った幅広い分野にも及んで配信しております。

勿論ビジネス面においても様々な世間話が、出来るないと、大恥かく事も時には、御座います。

なので人間性の幅を広げ、豊かさを高める事にも繋がれます。




まとめ。

金融経済の知識を高める為には、やはり日々勉強と言う事になります。

何故なら世界情勢その物が、日々大きく動いているからこそ経済は、発展し成長するからです。

その大きく変化する世界情勢を日頃から見る習慣こそ、金融経済の知識を高める秘訣です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。