世界情勢、世界的危機

オンライントレードで必ず必要な損切りとは何か!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




今の時代インターネットなくして、社会は成り立たない社会となっております

私の様に、インターネットを用いたビジネスで、収入を得ている方もかなり多くおります。

証券取引も当然インターネットを用いたオンライントレードの時代となっております。

その代表的であり、象徴的と言えるのが、ネット証券の存在とFXとなります。

何故オンライントレードで、損切りが、必要なのか!?この記事では、その事についてお伝えする形を取らせて頂きます。

お話しを本題に入る前に、この記事の作成した目的と対象となる方をお伝えさせて頂きます。

続きまして対象となる方をお伝え致します。

また今後インターネットで、証券取引を始める事を検討している方も対象とさせて頂きます。

予めご了承下さい。




オンライントレードで必ず必要な損切りとは何か!

さてオンライントレードを行うにあたって何故損切りが、必要なのか!?についてですよね。

この事は、私もかつてオンライントレードであり、FXを始めて間もない頃に、経験をしております。

当時の苦い経験を踏まえた上で、お伝えする形を取らせて頂きます

詳しい事につきましては、後程別の項目で、お伝えする形を取らせて頂きます。

今の段階でお伝え出来る事は、外国為替市場が、世界情勢その物なので、当然地球が、動いている限り24時間365日休む間もなくマーケットは、働いております。

分かりやすく言うと、欧米が、昼間の間日本時間は、真夜中と言う事になります。

この間に、ポジションを持っており、突然のイレギュラーが、起きたら一気に暴落すると言う事になります。

FXとCFDでは必ず必要。

この事は、FXとCFDの事をメインに、お伝えする形となります。

正直お伝えしますと、FXとCFDだけでなく、オンライントレードに関して言えば、確実に損切りの基準を定める事をお勧め致します

何故なら先程もお伝えしましたが、第一に欧米の相場は、主に日本時間の夜であり、真夜中の時間帯が、現地の昼間の時間帯となります。

アメリカの中央銀行のFOMCになって来ると、基本的に日本時間の真夜中の時間帯が、確実に議事公開されますので、外国為替市場問わず株式市場においても内容によっては、相場が、かなり動く事が、多いです。

そぅなって来ると、所持金によっては、一気に損失が、出る事もありますので、やはり損切りの基準とタイミングを定めるべきです。

CFDにおいても同じ事が、言えます

何故ならFXと違って、株価指数を扱う事になりますが、株式市場も外国為替市場と同じで、急激な変動も一年の内何度か、起こります。

その事を想定して、損切りの基準を定めるべきです

何故なら急なイレギュラーによる暴落の予防だから。

今もお伝えしましたが、一年の内何度か急なイレギュラーによる大きな変動が、起こる時期もあります。

主に上げるとすれば、地政学と言った問題や、マーケットが動いている国の情勢によって、市場が敏感に反応します。

やはり一番多いなって感じる事は、テロと言った紛争ですかね?

あとはその国々の社会問題ですかね?




バリュー株とグロース株については損切りは必要ない!

これはあくまで、私個人的な持論にしか過ぎませんので、正直申し上げますと、バリュー株とグロース株の両投資家の方につきましては、この項目は、スルーしても構いません。

どぅしてバリュー株とグロース株の投資について、損切りの必要が、ないのか!?

その事についてそれぞれの項目で、お伝えして参ります。

バリュー株投資は超長期的視野だから。

そもそもバリュー株って一体何なの?って思う方もいらっしゃる可能性が、ありますので、念の為お伝えしておきます。

バリュー株とは、一言で言えば、割安な銘柄であり、その割安な銘柄を放置された銘柄に、投資をすると言う事です。

特にPER指数が、20以下で、PBSが、大体1.5~2.0以下を基準に、判断すれば、割安で放置された銘柄だなって言う判断基準が、持てます。

あと配当利回り率が、3.0以上と言う判断基準も必要となって来ます。

ただ割安だからと言って、時価総額やROE、ROA両指数が、低い銘柄は、正直な所お勧め出来ません。

なので、バリュー株投資をするなら東証プライムに属する銘柄が、無難となります

グロース株は企業の成長と共に利益を確定する。

グロース株の投資は、主に新興市場と言った成長力が、高いと判断された企業に投資をすると言う事です。

バリュー株とは、また違いますが、基本的にバリュー株投資と同じ最低でも中長期的視野での投資が、基本となります。

何故なら企業の成長を見守ると共に、利益を確定すると言うのが、グロース株投資の基本となります。

時価総額が低く、ROE指数が、高い銘柄であり、東証グロース市場に属する銘柄が、主にグロース株の発掘場所となります。




まとめ。

ここまでオンライントレードの基本は、損切りが、基本と言う事をお伝えして参りました。

仰有る通りFXとCFDに関しては、確実に損切りの必要が、極めて高いです。

何せ急激なイレギュラーによって相場が、大きく変動する事が、あります

ただその一方で、バリュー株とグロース株に関しては、中長期的視野での投資が、基本となりますので、損切りのタイミングの見極めも大切と言う事に、なります。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。