 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
健康

フィットネスクラブに通えないなら自宅トレーニングで鍛えるべし!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィットネスクラブ、トレーニングジム、スポーツセンター等と言ったトレーニング施設に通う事になれば、確かにそれだけの負荷をかける事になりますが、その見返りとして、それだけの筋肉の発達が、望めるのも事実です。

事実今私もその実感を味わい充実しております

ただ通い始めて間もない頃に関しては、トレーニングマシン、パワーラックと言った扱い方やシートの調整の仕方が、分からないので、トレーナーの先生に教わりながら覚えて行く形となります。

私自身も最初の頃は、本当にそぅでした

ただそのフィットネスクラブやらスポーツジムに通うのが、どぅしても困難な方が、いらっしゃる可能性が、あります

何故そぅなのか!?その事を踏まえて、その原因と対策法をお伝えして参ります。

お話しを進める前に、この記事の作成した目的と対象となる方をお伝え致します。

続きまして対象となる方をお伝え致します。

予めご了承下さい。

フィットネスクラブに通えないなら自宅トレーニングで鍛えるべし!

この多忙を極めプライベートの時間すらままならない現代社会。

いくら24時間オープンのジムが、存在するとは言え、当然ジム通いも困難となります

そぅなって来ると筋トレをするとなると、やはり自宅での限られた時間と場所で、やる事になって来ます。

その傍ら何故ジム通いが、困難なのか?当てはまる理由も兼ねてお伝え致します。

ジム通いだとお金がかかる。

まず真っ先に上げるべき理由は、当然毎月ジムに支払う会費となります。

一週間の間に、決まった日にちで通う事が、出来るならまだしも中々通えない中で、月会費を支払う事になれば、無駄遣いとなります。

ただ休会と退会の申請をすれば、翌月から支払いは、ストップ出来ますが、それでも月会費かかるとなると、それだけで負担になるなって感覚が、ありますね。

通う時間を作らないといけない。

月会費の支払い以上に、通う時間を作る事が、大前提となります。

最寄りであり、通っているジムが、24時間営業でも仕事で疲れて通えないとか、休日は私用があるとかで、どぅしてもそちらの方の用事を最優先しがちです。

そぅなって来ると、通いたくても通えないのが、現状となります。

ましてや土日祭日となると、普段会社の仕事で通えない方が、通うのでそれだけで、混みやすくなります。

ジムによってはトレーニング道具を揃える事もある。

これはあくまで本格的で熱心にトレーニングをしたい方が、対象となります。

分かりやすいのが、バーベルによる運動をする場合です。

重りとなるプレートの数が、多ければ多いほど、重量が増しその分体への負荷が、かかって来ます。

そぅなって来ると腰、手首への負担を軽減させる為のトレーニングギアが、必要となって来ます。

自宅トレーニングで可能なメニューをお伝え致します。

今からお伝えする事は、私自身の経験の中で、ジムに通えなくても自宅での限られた時間の中で、可能なトレーニングメニューです。

と言ってもほとんど基礎的なメニューの一覧となります

ストレッチ。

まず基本となるのが、体の柔軟運動による筋肉と靭帯のほぐしと伸ばす事です。

理想としては、風呂上がりが望ましいですが、運動をする前に体を伸ばしておくだけでも体への負担軽減が、出来ます。

あと血液循環の良好に伴い、筋肉を作り出す細胞が、行き届きやすくなります。

腹筋運動。

ストレッチ同様基本となる運動が、この腹筋運動となります。

理由として体幹は、スポーツの基本であり、体の軸となる部分でもありますので、この軸となる部分を鍛えておかないと、様々な部分において不利になります。

背筋運動。

こちらの背筋も鍛えておかないと、猫背になりやすくなり、結果として腰痛を引き起こす原因の一つとなります。

更に腹筋も弱いと二十三重となります

一方のメリットとしては、重い物を持つ時において、腕力だけでなく背筋の働きも作用して来ますので、力仕事に関わるのに重要な部分となります。

腕立て伏せ。

上腕二頭筋、上腕三頭筋、胸筋、肩の合計四ヶ所を鍛えるのに必要な運動となります。

腕を広げるか狭める事によって、上腕と胸筋の箇所を鍛える部分が、違って来ます。

更にプッシュアップバーと言うトレーニングアイテムを使用すれば、より効果が、高まります。

自重スクワット。

これはバーベル、ダンベルとかを使用せず自分の体重のみで、スクワットをすると言う事です。

お尻、太もも、ハムストリングス、ふくらはぎ等を鍛える効果が、あります。

また深く沈める事によって、更に太もも等に対する刺激が、高まります。

鉄アレイとダンベル。

こちらもやろうと思えば、出来ます。

トレーニングジムの様に、衝撃を吸収するマットが、あれば話しは別ですが、基本的には自宅でやるなら重くて5kgが、限度だと私は、考えております。

この二つで、様々な運動が、出来る様になり様々な部分を鍛えられます。

ゴムチューブトレーニング。

こちらもダンベル、鉄アレイと同じで、基本的に場所を選ばないのが、特徴的なトレーニングとなります。

ゴムチューブの強度も数種類存在しており、強ければ強いほど体にかかる負荷が、大きくなります。

何故ゴムチューブかって?一つ目は、場所を選ばない事です。

もぅ一つは、インナーマッスルをメインに鍛える事が、主体となっておりますので、インナーマッスルを鍛えると、怪我しにくくなるのも特徴となります。

ハンドグリップ。

握力も鍛えておく必要が、あります。

握る力はとにかく、前腕も鍛える事も出来る特徴があるのが、ハンドグリップの特徴です。

握力を鍛える事によって脳に刺激を与える事に繋がりますので、結果として脳の活性化にも繋がります。

まとめ。

ここまで本文で、ジムに通えない方の為に、自宅でトレーニングが、出来る事とそのメニューをお伝えして参りました。

確かにこれだけのトレーニングメニューが、あれば少なく限られた時間の中において、簡単にお手軽に出来ます。

最後はやるかやらないか!その決断が、鍵となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。